矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

日本併合下の朝鮮半島で「三・一独立運動」が行われたのがちょうど100年前。韓国では祝日。
…昨今いろいろあって、日本と韓国の関係がねじれてしまっているのが残念だ。歴史を冷静に直視し、互いを理解し合い、歪んだ感情を乗り越えて真の友好関係を築きたいものだ。それがなかなかできないのはなぜか。
…そして、北朝鮮。昨日までの二回目の米朝首脳会談、どうもよく分からない結果に終わってしまった。表面上は失敗のようだが、本当は…やっぱり失敗か?お互いの準備不足が原因か?なら、なぜこのタイミングで首脳会談を行ったのか??

今日,沖縄県で県民投票が行われる。辺野古埋め立ての是非を問うものだ。
冷静に考えれば,どう見ても「反対」が強いのが目に見えているが,それでもあえてやる理由は何なのか。
もっとも,投票方法などを見ると,どうしても「賛成」を増やしたい,「反対」を少しでも少なく見せたいような姑息で卑怯な細工がいろいろされているのが何とも不快ではあるが・・・

東アジアの平和を守るため,軍事バランスをとるために沖縄の基地を維持したいという考えがあり,そのためにどうしても沖縄から基地を動かす選択肢は取れないらしいが,そもそも,その発想ではどうやっても基地問題は未来永劫解決できないだろう。
戦争の勝利が国益につながっていた前世紀の考えからはいい加減卒業すべきだろう。現に,今の先進国で表立って戦争をしている国は一つもない。戦争をすることがハイリスクであり,そのリスクに見合うリターンは得られないことが分かっているからだ。
そして,平和を維持するための軍事費も,果たして本当に意味あるコストなのか吟味する必要がある。
莫大な軍事費を費やすよりも,未来の人材を育てる教育費に回し,その人材から得られる納税費を期待した方がよっぽど国益につながると思う。また,敵対する国・勢力のために軍事費をつかうくらいであれば,その国を理解し,友好的な関係を構築できるような人材を育成した方が,よっぽど生産的だろうし,どちらの方がコストが安上がりか,正常な頭脳と精神を持っている人であれば自ずと正解はわかるだろう。
それが分からない人ばかりがなぜ組織の指導者としてのさばっているのかが,本当に理解不能・意味不明なのだが・・・

今日は二十四節気で「雨水」。私の頭の髪の毛も「うすい」。
・・・
私のおやじギャグと同様,外も寒い日々続く。暦の上では春なのだが。

さて,今日でちょうど平成時代11,000日目である。そして,何事もなければ平成時代も残り70日。つまりちょうど10週間ということだ。
これから各曜日10回ずつ迎えると,平成が終わる。

各時代の11,000日目がいつだったか調べてみた。
が,日本がグレゴリオ暦を採用したのが1873年,明治6年からなので,明治時代は省略。
そして,大正時代は15年,5262日間しかなかったため,大正時代はなし。
となると,昭和しかない。
その昭和というと,11000日目は
1957年(昭和32年)2月4日 月曜日
となる。節分で鬼退治が終わった翌日,まかれた豆が散らばっている立春の日だ。
高度成長期目前の,戦後12年,まだまだ日本が素朴だった時代。

時代は変わる。テレビが超高級品で,コンピュータなどというものは一般家庭にはなく,紙と鉛筆で勉強していた時代。
いまや,テレビは飽きられ,スマートフォンを一人一台もち,勉強もインターネット経由でできる時代。
・・・そういえば,次の元号,もう決まっているならば早く発表してほしいものだ。

年齢は生きている限り増える一方だが、体重は、ある一定年齢までは上昇するが、それ以降は個人差が激しい。増える一方の人もいれば、落ち着く人、増減の激しい人様々だ。祖してこの世を去る前には減ることが多い。
思えば、赤ん坊は生まれるときは、未熟児でない限りは2〜4kg、その後は急激に増え、成人までには多くの健康な人は、女性から40kg以上、男性なら50kg以上になる。従って、生まれてからはしばらくは、年齢が体重を上回る状態が長く続く。
年齢(年単位)と体重(kg単位)が逆転するというのは、年齢が相当重なった状態ということであり、多くの人にとっては、自分自身が年を取ったという事実に気付かされることでもある。その意味では、あまり喜ばしいことでもないのか。若干の、肥満に悩む人にとっては、嬉しいことかもしれない。いや、そもそもそのような人の中には、体重と年齢が逆転する経験をすることなく、生涯を終える人も少なくない。

この間誕生日を迎えたばかりの妻に、「年齢と体重が逆転するとしたら、どんな気分なのだろう?」と聞いてみたら、「そんなこと考えたこともない!」と言われてみたので、このことについて考えてみた。確かに、特に女性にとってはあまり嬉しいことではないのかもしれない。最初の逆転は、年を取ったという意味であるし、そのあとまた逆転するとしたら、太ったという意味である。

「年齢と体重が逆転したときの気持ち」は、女性には特に聞いてはいけない。ヤブヘビにカエルを与える行為に等しい。バレンタインデーに心のこもったチョコレートを欲しいと思う男性は、女性にこの質問をしては絶対にいけない。

今日、私の住む町の図書館に行くと、こども向けの本棚に、この「日本の歴史」平成の30年という漫画本があった。
私が成人してからの時代は、まさに平成時代と重なる。こどものため、というよりも、自分自身の興味先行の形で、思わず借りて、早速読む。

日本では「平成時代」ではあるが、世界全体でみれば、「ポスト冷戦時代」。また、ほぼ1990年代、2000年代、2010年代と重なる。
この30年間、果たして日本にとってどのような時代だったのか、世界にとってどのような時代だったのか。

いろいろ辛く苦しいことはあったものの、こうして明日の生命の危険を感じずに生きていけるのは幸せと感じるべきだと思う反面、何かと急かされ、焦らされ、心休まること少なく常に苛立たされ、未来への希望を持ちにくい現況にもどかしく思う部分も大きい。

そんなこんなで、平成時代も残り最長80日ちょい。それにしても、次の元号は何なんだ。DSC_0354

先日,アジアカップサッカーUAE大会が閉幕。決勝まで進出した日本,2大会ぶり5回目の優勝を狙うもカタールに予想外の完敗,準優勝に終わってしまった。
・・・が,30年ぐらい前は,日本がアジアの中で上位進出が当たり前となるくらいにサッカーが強くなるとは想像することができなかった。ましてやワールドカップに出たり,決勝トーナメントに進出するなどは夢のまた夢の世界である。

思えば,この「平成」という時代は,日本の社会におけるサッカーのプレゼンスが飛躍的に向上した時代であったといっても良い。スポーツといえば野球と相撲ぐらいで,他の競技は新聞の片隅に結果が簡単に載るくらい。4年に一度のオリンピックのときだけ大騒ぎするという繰り返しであった。それが,いまやサッカーを筆頭に,あらゆる競技が割と事細かに報道されるようになった。隔世の感だ。

とともに,日本の社会において「アジア」の占めるプレゼンスも急激に拡大してきた。これは,中国を筆頭にしたアジア各国の経済力の増大が一番の要因だろう。昭和の時代は,アジアでは日本一強だったのが,いまやGDPは中国が世界2位かつアジア1位,日本が相対的な地位を落とす反面,韓国,シンガポール,そしてインドネシア,ベトナム,タイなどの最近の経済成長力は著しい。
かつては日本から海外へ大挙して旅行者が出かけて行ったものだが,昨今は逆に,アジアの各国が日本に大挙して旅行に来る時代になっている。

そういえば,明日は春節,旧正月。中華圏では1月1日以上に大切に祝われる祝日で,この時期に日本にも大勢の中華系の人々が訪れる。
ぜひ,日本で過ごす時間を楽しんでほしいものである。あ

このページのトップヘ