矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

女子テニスの大坂なおみ選手が,昨年の全米オープンに続いて全豪オープンも制した。そしてとうとう世界ランキング1位に輝いた。
日本人選手としては初の快挙で,連日メディアも大騒ぎ。
私も決勝の試合をTV生中継で見た。この試合がまた,白熱した好試合で,ラリーが長く続いたり,ブレークの応酬があったりと見応え十分で,テニスというスポーツを観戦する面白さを再認識したものだった。

ただ,一部報道には,彼女が果たして日本人選手なのか?という論調もあったりする。もともとはハイチ系米国人の父と,日本人の母の間のこどもであり,血筋だけで言えば100%の日本人ではないかもしれない。現在は日本国籍と米国の国籍の両方を持つ二重国籍者ということになる。

しかし,日本人を母親に持つ,日本人の血を引いていることは紛れもない事実であり,彼女自身も日本国籍を持っていることにプライドを持っているように感じられる。もっとも将来,もしも国籍を選択する場面に直面した場合,果たして彼女がどちらを選ぶのかは分からないが。

ただ,どちらを選ぶにしても,彼女の意思を尊重し,テニスに集中してもらいたいと思う。そして,「日本人だから応援する」とか「日本人しか応援しない」などという了見の狭いことをいわず,純粋に,一人の有能で魅力的なテニスプレーヤーを応援するという姿勢を持ちたいものである。
彼女は日本にルーツを持つだけでなく,ハイチにもルーツを持っている。彼女を通じて日本とハイチが一つになって彼女を応援するというのも美しい姿であろう。

また,彼女の存在がこれからの新しい日本の一つの姿を現しているのかもしれない。多様性を重んじる国に日本がこれから変わっていくのであれば,もしかしたら今までにないような時代が日本にやってくるかもしれない。それを楽しめるか,怖がるかは今の日本に生きる我々一人一人にかかっている。

そうこう言う間に,2010年代最後の1月も終わりを迎えようとしている。

先日の日露首脳会談で,北方領土問題に動きがあったとかなかったとかとの報道。

・・・冷静に,第三者の目から見たら,北方領土を実効支配中のロシアが,簡単に日本に返還することはないはず。いくら違法だ云々言われたからといって,現にその地に住んでいる住民を強制移住させてまで日本に返すということが,果たしてありうるのか。

日本の都合・主張を述べた論調ばかり報道され,ロシアの立場を考慮した論調が見当たらないのが不思議だ。もっとも,メディアも客商売で,日本国民に受けのいい主張の方が売れるから,こうなっているのだろうが。

しかし,交渉事は,自分の都合ばかり押し付けていては相手は納得しない。結果的に自分の要望するものとは遠い成果しか得られないものである。
双方が,完璧とはいかないまでも,ある程度納得できる落としどころを見つけてそこで妥協するしか方法はないだろう。
では,その妥協案とはどういうものとなるのが望ましいのか。

日本としては,もう北方領土が返還されることを諦めるしかないのではないか。ただし,主権は本来日本になったことはロシアには認めさせる必要はある。だから,1945年8月15日以降はロシアに実質的に北方四島の主権をリースあるいはレンタルさせていることにする。
平和条約を締結後は,北方領土をロシアに売却する形にし,リース・レンタル料と売却代金をロシアから支払ってもらう。その費用で日本の財政を立て直せば,消費税増税は回避できるかもしれないし,日本の経済成長率も伸び,現政権の支持率も回復できるかもしれない。

領土をたくさん持っているからといってそれが国冨につながるとは必ずしもいえない。確かに昔はそうだったが,少なくとも今の時代はそうではない。もしも領土の広さが国富に完全比例するのであれば,ロシアが世界一の金持ち国になっていなければおかしい。が現実はそうでもない。
国家やリーダーの些細なメンツにこだわって,国益を損なってはいけない。時代に即した柔軟な発想で,最適な判断をしてほしいものである。




横綱稀勢の里が引退してしまった。
横綱昇進後,最初の場所で二連覇を達成して以降,その場所での無理がたたり,あとは,休場を繰り返して,横綱としての力強い相撲を披露することができず,現在に至ってしまった。
横綱としての連敗記録や,直近の連続休場を見て批判する人もいるが,本人を責めるのはちょっとかわいそうだろう。
そもそも,横綱昇進時の経緯も,今思えばやや強引だったかもしれない。そして,久々の日本出身横綱として,本人に過剰な期待とプレッシャーをかけた周囲や一般ファンの姿勢も問われるべきかもしれない。偏狭なナショナリズムや外国人への差別意識の裏返しによる,日本出身力士に対する過剰なひいきの感情が,稀勢の里を追い詰め,力士生命を縮めてしまったような気がしてならない。それが私は非常に悔しく哀しい。
残る2横綱も,鶴竜は今場所再び休場してしまい,白鵬も全盛期に比べるとかなり力が落ちてきた。今年中に彼らも,少なくとも一人は引退してしまうような気がしてならない。そうしたら,その後を継ぐ看板力士はいったい誰になるのか。
長く隆盛を誇ったモンゴル出身力士だが,一時期に比べると勢いがなくなってきている。そもそも,外国から幕内力士を目指して入門する力士も減ってきているように思う。有力な外国出身力士の減少で,相撲の質が低下し,相撲そのものが日本から消えてしまう事態が現実味を帯びる日が近々来てしまうかもしれない。
何だか,今の相撲界を見ていると,日本社会の縮図を見ているような気がしてならない。日本を支えているのは日本人だけではなく,外国の人々のおかげでもあることを自覚し,彼らにもっと感謝すべきなのだ。

最近、休日の空き時間に天気がいいとき、わが子とバドミントンをよくする。
交互に打ち合い、そのラリーが何回続くか記録を取っている。
最初はわが子がなかなか打ち返すことができず、5回と続くことがほとんどなかったが、このところわが子も打ち返しがかなり上手にできるようになり、ここのところは10回以上続くことも難しくなくなってきた。昨年には最高記録50回を達成。そして昨日、立て続けに64回、75回と新記録を出すことができた。
バドミントンセットの準備にはそれほど費用はかからない。100円ショップでラケット2本,シャトル一セットで計200円で手に入る。
狭い場所,車の通りの少ない裏路地でもラリーは楽しめる。しかも、ラリーは相手を打ち負かすのではなく、お互いを見ながら協力しあおうとするので、オープンな意思疎通も楽しめる。程よい運動効果も得られる。親子のみならず、夫婦、恋人同士,友人などの組み合わせでも,老若男女,性別,年齢関係なく楽しめる。
バドミントンラリー、おすすめである。

今年もすでに今日で十日が経とうとしている。果たして今年はどのような年になるのか。いろいろな分野について考えて予想してみたい。
1.日本政治
今年は統一地方選挙と参議院選挙がある。統一地方選挙だが,与党の苦戦は必至だろう。一方,参議院選挙も,与党は苦戦が続くとは思うが,統一地方選挙程ではないか。ただ,苦戦具合によっては,安倍首相の退陣もあるかもしれない。
野党同士でしっかり連携を組んで選挙を戦えば互角以上の結果は得られるはずなのだが,野党間の調整がうまくいかないと,何ともさえない結果が続いてしまう気がするが・・・
2.日経平均株価
厳しい声が多いが,意外と堅調かもしれない。乱高下はするだろうが,振り返ればレンジ内の取引に終始した形になるだろう。18000円から23000円の間のレンジと予想。
3.為替相場
円高予想が巷では多いが,果たしてどうか。一つだけ言えるのは,ここ2年間よりは変動率は高くなるだろうということ。それが円高方向か円安方向かはわからない。
4.仮想通貨その他
ビットコインの爆下げが昨年話題だったが,今年も低迷は続くと思う。再度の爆上げは来年か再来年まで待つ必要があるか。
5.アジア情勢
予想外に平和の方向に動いた昨年の朝鮮半島情勢だが,ここにきて膠着状態。でも,基本的には平和の方向に動くのではないか。戦争状態になっても誰も得はしない。
6.芸能関係
大物歌手の死去・引退が相次いだ昨年。今年は一転静かな一年になるか。・・・いや,引退はともかく,死去のニュースは高齢の方が増えている以上,昨年以上に増えそうだが。
7.皇室
最大の関心事は元号が何になるか。予測しても時間と労力の無駄なので,静かに発表を待つだけだ。それより,眞子さまの婚約問題はどうなるか・・・このままずるずる時間だけ経過して今年は終わりそうだ。意外に,佳子さまの婚約が発表となったりするかもしれない。
8.気象・地象
 起こってほしくはないが,今年も日本のどこかで水害は発生するのだろう。地震も,今年も昨年に引き続きそれなりの規模の地震が,日本のどこかで起こってしまう気がする。場所はわからないが。願わくは,最大震度は6弱以下で,被害が最小限におさまるものであってほしいものだが・・・
9.ノーベル賞
 昨年は本庶氏の受賞に沸いた。今年はどうか。・・・ない可能性が高いように思えるが。
10.大相撲
 初場所の3横綱のうち,2横綱は今年で引退必至。新横綱か新大関のいずれかは1,2名合計で誕生しそうではあるが。・・・それ以上に,日本相撲協会の存続が更に危なっかしいが。
11.ラグビーワールドカップ
 日本代表がどれだけ勝てるか。ベスト8にギリギリ進めそうか。優勝はニュージーランドかオーストラリアかのいずれかだろう。
12.プロ野球
 パ・リーグは福岡ソフトバンクホークスが,2年ぶりの制覇濃厚。昨年制覇の埼玉西武ライオンズは戦力低下が著しく,連覇は非常に厳しいか。日本ハムと楽天が代わりに健闘すると思うが,優勝はやや厳しいか。
 セ・リーグは予想が難しい。3連覇中の広島カープだが,戦力ダウンで4連覇は黄信号。戦力では巨人が圧倒的だが,果たして。ヤクルト,横浜,阪神がどこまで食い込めるかが鍵。中日は苦しい。
 日本シリーズは,恐らく福岡ソフトバンクホークスが制する。少なくともパ・リーグの代表チームが制する。セ・リーグはどこのチームが出てきても厳しい。シリーズで1勝がせいぜい。2勝できれば御の字。
 昨年ドラフトで騒がれた高校生の新戦力は,いきなり今年1軍での活躍は厳しいか。二度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭出身ルーキーのうち2人はそこそこ活躍するかもしれないが。 
13.高校野球
 昨年は区切りの大会となり大盛り上がりとなった甲子園だが,今年はそこまではいかないだろう。 春のセンバツ,大阪桐蔭がそもそも出場できるかどうか怪しいが,出場となったら3連覇・・・はさすがに今回は厳しいだろう。優勝確率39%といったところか。順調にいけばベスト8ぐらいは行けるだろうが,準決勝以上への勝ち上がりは厳しい。かといって,他チームで群を抜く実力のチームも見当たらず混戦状態。
 101回目となる夏の選手権だが,なおさら読めない。
ただ,気候にもよるが,今年は全般的に寒冷地のチームが相対的に強そうな印象がある。東北,北信越から,県勢初優勝のチームが出てくる可能性がそれなりに高いように思う。
14.その他
 ・・・そもそも,このブログがいつまで続くか。それはもう,神のみぞ知る。

昨年の年末から今年に入ってやたらと聞く「平成最後」というフレーズ。
大晦日の夜7時,紅白歌合戦前のNHKニュースは特に酷かった。何回,15分のニュース時間の間に聞いたか。うっかりすると「平成最後」が「人生最後」に聞こえて,何か陰鬱な気持ちにさせられた。

まだ昨年末までなら「平成最後」のフレーズは許せたが,今年に入っての「平成最後」は,事実ではあるが違和感を感じる。
天皇陛下が「譲位」の考えを示してから2年間。もともとは2019年元旦から新元号となるはずだったのが,宮内庁と政府の,国民の利便性そっちのけの議論で,双方妥協案で5月1日改元という何とも中途半端な時期になってしまった。
日本国憲法の精神を尊重し,国民のことを第一に考えているであろう天皇陛下であれば,恐らく元旦からの譲位を考えていたに違いないし,あるいは年度替わりのタイミングが次善案と考えていただろう。が,宮内庁の怠慢と,統一地方選の時期を外したい現政権の思惑で,上記の日程になってしまった。しかも,10連休という大型連休にしてしまって,この間金融市場は閉鎖し,医療機関その他も大混乱状態になることが見込まれている。

このことに抗議し,今年以降は「平成最後」という単語は私は絶対に使用しない。「2010年代最後」に言い換えたい。
・・・と考えている,「平成最後」=「自分自身の四十代最後」という事実に気づき呆然自失になっている私であった。

このページのトップヘ