我が家は朝日新聞をとっているが、朝日新聞では年始から環境元年と称し、地球温暖化の問題について論述を張っている。
この特集の内容自体は特に反論するところは私はないように思う。
ただ、世間の風潮として、二酸化炭素の増加に関心が集中しすぎているようにも思える。
もちろん、二酸化炭素増加による地球温暖化が問題になっていることに疑問をはさむ余地はないと思っている。ただ、二酸化炭素増加を防止さえすればすべて解決するという意見にはどうしても賛成できかねる。
よく、原子力発電所が二酸化炭素増加防止の切り札として言われているが、原子力発電所は二酸化炭素以上に有害な、放射能物質を生成してしまうことを忘れてはいけない。
二酸化炭素のみならず、人類をはじめとするあらゆる生物に有害な物質を極力ださない方法を考えるべきである。優先順位を間違えてはいけないと思う。