ブログネタ
サラリーマン日記 に参加中!
「報告・連絡・相談」。略して「報連相(ホウレンソウ)」
社会人成り立ての人は,職場の先輩からよく言われる言葉であろう。
「何事も報告し,事前に連絡し,分からないこと・判断に迷ったときは相談しろ」という意味である。
至極,当たり前といえば当たり前ではある。

しかし,このことが繰り返し言われるということは,この当たり前のことができない人が多いという意味もある。
報告せず,事前に連絡せず,分からないこと・判断に迷ったときも相談せず自分勝手な判断で行動し,結果,おぞましい結末を迎えてしまったという事例が世間には事欠かない。(というと表現が大袈裟すぎか?)

往々にして,「報連相(ホウレンソウ)」をするように言われるのは部下・後輩など,立場が下の人であり,この言葉を好んでいうのは目上・先輩など,立場が上の人である。
「報連相(ホウレンソウ)」がうまくいかないと,責められるのは立場が下の人の場合が圧倒的に多いような気がするが,その原因の半分、あるいはそれ以上に、立場が上の人にあるような気がする。

せっかく上司や先輩に報告や,事前連絡しても,その報告・連絡に見合ったリターンが得られず,困ったときに相談しても,明確な指針や忠告を得られない。(場合によっては、「こんなことも分からないのか。」などと、怒られたり侮辱されたりなど、不快な思いしかしない。)この繰り返しでは,「報連相(ホウレンソウ)」を真面目にするのがばからしくなり,上司と部下の間のコミュニケーションが悪くなり,仕事に悪影響が出てくるのは火を見るより明らかである。

私が思うに,立場が下の人に「報連相(ホウレンソウ)」を言っているだけの上司は,上司としての資格が欠けている。彼らは、立場が下の人が自分に必要な情報を持ってきてくれるのが当たり前で、自分はその内容を批評だけしていればよいと勘違いし、上司としての本来の役目を怠っている。

私であれば「報連相(ホウレンソウ)」の代わりとして「ホウソウシ」と言いたい。それも立場が上の人も下の人も共通で使える言葉として。

つまり,
「報(ホウ),報告。必要なことを報告すること/報告を受けること。」
「相(ソウ),相談。判断に迷う時,分からないとき,確認したいとき相談すること/相談を受けること。」
「指(シ),指示。上司は責任を持って部下に明確に指示をする。部下は指示を理解した上で行動する。」
「指示」がないことには,行動の起点・責任があいまいで,仕事は回らず組織も動かない。
「指示」がなく,「報連相(ホウレンソウ)」しか言わない上司は無責任・無能な人間と判断して間違いない。

実は、この「報相指(ホウソウシ)」にはもうひとつメッセージが込められている。ホウソウシ,つまり包装紙のように,上司は部下を愛情を持って包み込み守る責任ある存在であれ,という意味である。
これは職場のみならず,あらゆる組織の中の上下の立場にいえることと考える。

「報連相」以上に「報相指」が徹底している職場は,間違いなく良い職場である。そこにはパワハラ,いじめなど存在せず,皆が生き生き働いている職場であるはずだ。そのような職場が増えれば,社会はもっと明るくなるはずなのだが。