昨年の年末から今年に入ってやたらと聞く「平成最後」というフレーズ。
大晦日の夜7時,紅白歌合戦前のNHKニュースは特に酷かった。何回,15分のニュース時間の間に聞いたか。うっかりすると「平成最後」が「人生最後」に聞こえて,何か陰鬱な気持ちにさせられた。

まだ昨年末までなら「平成最後」のフレーズは許せたが,今年に入っての「平成最後」は,事実ではあるが違和感を感じる。
天皇陛下が「譲位」の考えを示してから2年間。もともとは2019年元旦から新元号となるはずだったのが,宮内庁と政府の,国民の利便性そっちのけの議論で,双方妥協案で5月1日改元という何とも中途半端な時期になってしまった。
日本国憲法の精神を尊重し,国民のことを第一に考えているであろう天皇陛下であれば,恐らく元旦からの譲位を考えていたに違いないし,あるいは年度替わりのタイミングが次善案と考えていただろう。が,宮内庁の怠慢と,統一地方選の時期を外したい現政権の思惑で,上記の日程になってしまった。しかも,10連休という大型連休にしてしまって,この間金融市場は閉鎖し,医療機関その他も大混乱状態になることが見込まれている。

このことに抗議し,今年以降は「平成最後」という単語は私は絶対に使用しない。「2010年代最後」に言い換えたい。
・・・と考えている,「平成最後」=「自分自身の四十代最後」という事実に気づき呆然自失になっている私であった。