矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

カテゴリ: 社会

今日で東日本大震災から8年。
この8年が長いか短いかは,その人の年齢や,8年前のあの時,どのような体験をしたかで人によって異なってくる。
現在の年齢が30代半ば以上の人で,あの時大きな揺れに見舞われた人にとっては,ついこの間の出来事のようで,まだその記憶が鮮明に残っているはずだ。ましてや,実際に津波や建物崩壊の被害にあったり,原発事故の影響をもろに受けた人にとっては,これから何年経とうが決して忘れることのできない深い深い傷跡として心の中に残り続ける。
しかし,そうでない場合,特に今日現在で中学生以下のこどもの場合,あまりに当時小さすぎて記憶は不確かであったり,あるいはもっと小さなこどもであれば,そもそもその時まだ生まれてなかったりで,既に単なる歴史の一ページとしてしか感じられなくなっている。
東日本大震災以降も,日本各地で大地震が頻発している。九州では熊本地震,北海道では胆振東部地震が起こり,東日本大震災の記憶が上書きされている人もいる。
ある意味,過去の記憶が薄れていくのは人間の性でやむを得ない。むしろ,そのお陰で忌まわしい,つらく苦しい記憶を失うことで精神の健康が保たれる部分もある。が,将来,同じような苦しく辛い経験を無駄に繰り返さないために,しっかりと伝えるべき記憶は伝えていく努力は必要であろう。どうもその,過去の記憶の継承について,日本は弱い部分があるように感じられる。

日本併合下の朝鮮半島で「三・一独立運動」が行われたのがちょうど100年前。韓国では祝日。
…昨今いろいろあって、日本と韓国の関係がねじれてしまっているのが残念だ。歴史を冷静に直視し、互いを理解し合い、歪んだ感情を乗り越えて真の友好関係を築きたいものだ。それがなかなかできないのはなぜか。
…そして、北朝鮮。昨日までの二回目の米朝首脳会談、どうもよく分からない結果に終わってしまった。表面上は失敗のようだが、本当は…やっぱり失敗か?お互いの準備不足が原因か?なら、なぜこのタイミングで首脳会談を行ったのか??

先日,アジアカップサッカーUAE大会が閉幕。決勝まで進出した日本,2大会ぶり5回目の優勝を狙うもカタールに予想外の完敗,準優勝に終わってしまった。
・・・が,30年ぐらい前は,日本がアジアの中で上位進出が当たり前となるくらいにサッカーが強くなるとは想像することができなかった。ましてやワールドカップに出たり,決勝トーナメントに進出するなどは夢のまた夢の世界である。

思えば,この「平成」という時代は,日本の社会におけるサッカーのプレゼンスが飛躍的に向上した時代であったといっても良い。スポーツといえば野球と相撲ぐらいで,他の競技は新聞の片隅に結果が簡単に載るくらい。4年に一度のオリンピックのときだけ大騒ぎするという繰り返しであった。それが,いまやサッカーを筆頭に,あらゆる競技が割と事細かに報道されるようになった。隔世の感だ。

とともに,日本の社会において「アジア」の占めるプレゼンスも急激に拡大してきた。これは,中国を筆頭にしたアジア各国の経済力の増大が一番の要因だろう。昭和の時代は,アジアでは日本一強だったのが,いまやGDPは中国が世界2位かつアジア1位,日本が相対的な地位を落とす反面,韓国,シンガポール,そしてインドネシア,ベトナム,タイなどの最近の経済成長力は著しい。
かつては日本から海外へ大挙して旅行者が出かけて行ったものだが,昨今は逆に,アジアの各国が日本に大挙して旅行に来る時代になっている。

そういえば,明日は春節,旧正月。中華圏では1月1日以上に大切に祝われる祝日で,この時期に日本にも大勢の中華系の人々が訪れる。
ぜひ,日本で過ごす時間を楽しんでほしいものである。あ

横綱稀勢の里が引退してしまった。
横綱昇進後,最初の場所で二連覇を達成して以降,その場所での無理がたたり,あとは,休場を繰り返して,横綱としての力強い相撲を披露することができず,現在に至ってしまった。
横綱としての連敗記録や,直近の連続休場を見て批判する人もいるが,本人を責めるのはちょっとかわいそうだろう。
そもそも,横綱昇進時の経緯も,今思えばやや強引だったかもしれない。そして,久々の日本出身横綱として,本人に過剰な期待とプレッシャーをかけた周囲や一般ファンの姿勢も問われるべきかもしれない。偏狭なナショナリズムや外国人への差別意識の裏返しによる,日本出身力士に対する過剰なひいきの感情が,稀勢の里を追い詰め,力士生命を縮めてしまったような気がしてならない。それが私は非常に悔しく哀しい。
残る2横綱も,鶴竜は今場所再び休場してしまい,白鵬も全盛期に比べるとかなり力が落ちてきた。今年中に彼らも,少なくとも一人は引退してしまうような気がしてならない。そうしたら,その後を継ぐ看板力士はいったい誰になるのか。
長く隆盛を誇ったモンゴル出身力士だが,一時期に比べると勢いがなくなってきている。そもそも,外国から幕内力士を目指して入門する力士も減ってきているように思う。有力な外国出身力士の減少で,相撲の質が低下し,相撲そのものが日本から消えてしまう事態が現実味を帯びる日が近々来てしまうかもしれない。
何だか,今の相撲界を見ていると,日本社会の縮図を見ているような気がしてならない。日本を支えているのは日本人だけではなく,外国の人々のおかげでもあることを自覚し,彼らにもっと感謝すべきなのだ。

昨年の年末から今年に入ってやたらと聞く「平成最後」というフレーズ。
大晦日の夜7時,紅白歌合戦前のNHKニュースは特に酷かった。何回,15分のニュース時間の間に聞いたか。うっかりすると「平成最後」が「人生最後」に聞こえて,何か陰鬱な気持ちにさせられた。

まだ昨年末までなら「平成最後」のフレーズは許せたが,今年に入っての「平成最後」は,事実ではあるが違和感を感じる。
天皇陛下が「譲位」の考えを示してから2年間。もともとは2019年元旦から新元号となるはずだったのが,宮内庁と政府の,国民の利便性そっちのけの議論で,双方妥協案で5月1日改元という何とも中途半端な時期になってしまった。
日本国憲法の精神を尊重し,国民のことを第一に考えているであろう天皇陛下であれば,恐らく元旦からの譲位を考えていたに違いないし,あるいは年度替わりのタイミングが次善案と考えていただろう。が,宮内庁の怠慢と,統一地方選の時期を外したい現政権の思惑で,上記の日程になってしまった。しかも,10連休という大型連休にしてしまって,この間金融市場は閉鎖し,医療機関その他も大混乱状態になることが見込まれている。

このことに抗議し,今年以降は「平成最後」という単語は私は絶対に使用しない。「2010年代最後」に言い換えたい。
・・・と考えている,「平成最後」=「自分自身の四十代最後」という事実に気づき呆然自失になっている私であった。

今日はクリスマスイブ。平成最後のクリスマスイブは,天皇誕生日の振替休日で日本も休み。
今年を最後に,クリスマスが土日に重ならない限りは,日本ではのんびりとクリスマスを祝うことは当分できないのだろうか。

そもそもクリスマスとは,救世主イエス・キリストの誕生を祝う日。
救世主というと,いきなり力強い大人がどこからか登場してくるイメージがあるが,イエス・キリストは,普通のこどもと同じように,母親マリアの胎内から,赤ちゃんとして生まれた。
そして,普通のこどもと同じように成長し,大人になった。
決して自分のこどもだからといってえこひいきすることなく,むしろ馬小屋という衛生環境劣悪な中で誕生したということ。
そこに,一人ひとりの人と共に歩もうとする救世主と,神の我々に対する思いが表れているように感じる。


世の中いろいろ不安定である。世界政治の状況もきな臭く,金融市場も株価が暴落し,行く末に暗雲が立ち込めている。しかし,そこにまた救いも込められているのかもしれない。
クリスマスが北半球ではいちばん夜の長い時期,闇深き季節に行われることにも,意味があるのだろう。
闇に負けず,クリスマス本来の意味をかみしめながら我が子にやってくるであろうサンタクロースを待ちつつ聖夜を穏和な気持ちで過ごしたものである。


このページのトップヘ