矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

カテゴリ: その他

今日は二十四節気の「啓蟄」。暖かくなって,土の中に隠れていた虫がうごめき出す季節になった。日差しも強くなってきている。2010年代最後の春がいよいよこれから本格化していくのか。
そしてまた,今日は「灰の水曜日」でもある。復活祭・イースターの46日前。主イエス・キリストの受難に思いをはせつつ過ごす受難節の始まりを告げる日だ。
調べてみると,啓蟄と灰の水曜日が重なるのは,1957年3月6日以来,62年ぶりの事象だ。その意味では非常に珍しい。ちなみに次回は比較的早く,6年後の2025年3月5日になる。
灰の水曜日は,年によって変わる。復活祭の日は,春分の日の後の最初の満月の次の日曜日であり,その46日前の水曜日であるから,2月4日から3月10日の間のいずれかの日になる。今年は,比較的遅い灰の水曜日・復活祭となる。
一方,啓蟄は,3月5日か6日。
なかなか啓蟄と灰の水曜日両方の日が重なることは難しい。
このようにしてみると,何気ない日が実は非常に貴重な日だったりすることがある。ひとつひとつの属性は特に特徴はなくとも,いろいろな属性を同時にもつことで,それが非常に貴重で価値あることになることがある。それは日も人間も同じことだ。
2010年代最後の春,一日一日をかみしめて生きていきたいものだ。

高校野球ネタが続くがご容赦を。
今年の高校野球全国大会は,大阪桐蔭の春夏連覇で終わったが,世間の注目は優勝チームより,準優勝チームの金足農に集中しているようだ。普通は優勝チームが注目されるものだが。
その理由は,金足農が近年では異色のチームだったからだ。下馬評ではほとんど注目されず(投手は良いとの評判ではあったが,打力・守備力は並みレベル),全員が地元出身の公立チーム。昨今の私立優位,打撃優位の傾向からすると,せいぜい2勝どまりかと思われていたら,3回戦では8回裏の逆転3点本塁打,準々決勝ではサヨナラ逆転2ランスクイズ,準決勝は2−1で競り勝っての決勝進出。しかも1回戦からの対戦相手はすべて私立で,春か夏の甲子園で決勝進出経験のあるチームばかり。その中を予想外の劇的な展開で勝ち進めば,地元秋田だけでなく,全国的にも人気が出るのはよくわかる。1970年代から80年代の徳島・池田高校を思わせるフィーバーだった。

このように,高校野球の夏の甲子園大会では往々にして優勝チームよりも準優勝チームの方が注目を浴びることがよくある。戦前であれば台湾の嘉義農林(1931年),戦後であれば青森の三沢(1969年),福島の磐城(1971年),愛知の東邦(1977年),大輔フィーバーの早稲田実(1980年),最近では最終回2死からの驚異の追い上げを見せた新潟の日本文理(2009年)などである。このような注目を浴びやすい準優勝チームの特徴は,以下の3点が含まれいるケースが多い。
1.下馬評はさほど高くない。2.勝ち上がり方が予想外,あるいはインパクトのある劇的な勝ち方。3.負け方が印象的(悲劇的な負け方)

優勝チームは,全部の試合を勝ち切って終わるが,準優勝チームは,最後の最後で負けてしまう分,悲劇性が強い。思えば人間誰しも完全ではないし,それ故に最後に負けてしまった準優勝チームについつい感情移入したり肩入れしたくなる人が多いのだろうか。

220014964

歌手の西城秀樹が亡くなって今日で10日。今日が葬儀。
2度の脳梗塞で,体調が良くないことは知っていたが,今回の急逝は驚きであり,また悲しい。
長身で端正な顔立ち,ハスキーで力強く,伸びのあるつややかな歌声,明るく親しみやすいキャラクター。すべてを兼ね備えたスターであった。彼はまた,既存の枠にとらわれず,いろいろ新しいことにチャレンジした先駆者でもあった。それまでの日本の歌謡界にロックの要素を取り入れ,洋楽を積極的に日本に紹介した。日本国内の枠にとらわれず,アジア,そして世界に果敢に打って出た。
外見のみならず,彼の冒険心あふれる姿勢があったからこそ,世の女性が彼に夢中になるのも十分納得だった。彼こそが,日本を代表する本当の,真のスターであった。
惜しむらくは,若い時にもう少し健康管理に気を付けていれば,あるいは脳梗塞他の病気を避けられ,もっと健康な状態で,その歌声・パフォーマンスで私たちを長く楽しませることができたことだ。だが,喫煙が大人の男性のたしなみとして当たり前で,酒に強いことが良しとされていた昭和の時代,あれほどのスターであれば人付き合いもあり,酒たばこをセーブするというのは厳しい部分もあっただろう。
日本の歌謡界に一時代を築いた彼の存在は,永遠に忘れ去られることはない。彼の歌声は,今を生きる我々の心の中に響き続けている。





メリークリスマス!
昨日はクリスマスイブ。クリスマスイブが日曜日となるのは2006年以来で「11」年ぶり。
そして次の日曜日は大晦日、今年「53」回目の日曜日だ。
今年は素数の年。「2017」年で、平成「29」年、ついでに言えば、皇紀で表しても「2677」年、いずれも素数だ。
素数にこだわり素数を探し続けたこの一年も、今日を含めあと「7」日で終わる。
今年のブログは、実は年初からの日数が素数の日に記事を投稿してきた。今日は年初から「359」日目。
今日を以て年内のブログ更新は終了。
今年も一年間、駄文にお付き合いいただき感謝です。

来年のブログの予定・方針は今のところ未定。この年末年始休暇の間にゆっくり考えます。頻度は減らすかもしれないけれど、何らかの形で継続はしたいと思ってます。

では、良きお年を!IMG_20171223_165614

気づけば,このブログを続けて約10年。更新間隔を変えながらも,ここまでよく続いてきたものだ。
ただ,10年も続けていると,いろいろ自分自身の中でもマンネリ感を抱えたり,方針がぶれてきたり信念が揺れてきたりするものである。
facebookやinstagramなどのSNSも発展発達してきているし,それらも実は私も使用しており,このブログとの連携・両立も模索している。
21世紀に入って18年目に入ろうとするこの時期。人間で18歳ならば大人扱いされる年齢である。
平成時代も最長でも1年4か月で終わろうとしているこの頃。何らかの大きな変化を考えるにはそろそろいい機会でもある。

このブログも考えれば,ほぼ平成二十年代とともに歩んできていることになる。年内はあと一回は更新をするが,その後どうするかは,年明けに改めて考え,告知したい。


今日現地を出発し、日本に帰国。IMG_20170818_102341IMG_20170818_222029IMG_20170819_105829IMG_20170819_214843IMG_20170820_104607IMG_20170821_130315IMG_20170821_180829

このページのトップヘ