矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

カテゴリ: 時事ニュース(日本)

【平成六年(1994年)】
昨年から一転,酷暑と水不足に悩む夏。
自社連立政権発足。広島アジア大会。大江健三郎ノーベル文学賞受賞。
イチロー選手がプロ野球シーズン初の200安打越え,最多安打記録214達成。
リレハンメル冬季五輪 複合団体日本連覇。
関西国際空港開業。
松本サリン事件発生。
【平成七年(1995年)】
阪神淡路大震災発生。地下鉄サリン事件発生。オウム真理教幹部逮捕
野茂英雄投手メジャーリーグデビュー。
Windows95発売。
超円高1ドル80円台切る。
東京と大阪で無党派知事誕生。
【平成八年(1996年)】
O−157食中毒猛威。
在ペルー日本大使館籠城事件
欧州で狂牛病騒動。
アトランタ五輪 日本不振。
【平成九年(1997年)】
香港 イギリスから中国へ返還。
ダイアナ元皇太子妃 交通事故死
山一証券倒産
神戸連続幼児殺人 酒鬼薔薇事件
サッカー日本代表 アジア予選初の勝ち抜け
秋田新幹線 長野新幹線開業
【平成十年(1998年)】
長野冬季オリンピック開催
サッカー日本代表 ワールドカップ初出場
和歌山毒カレー事件
明石大橋開通
映画監督黒澤明氏死去

・・・いろいろありました。

あと一か月でいよいよ平成時代も終わり。この一か月は,5年毎に平成時代を振り返っていきたい。
【平成元年(1989年)】
昭和天皇が崩御し,元号が「平成」になった。4月にはじめて消費税が導入され3%の税率がかかるように。中国では天安門事件が起こり,ベルリンの壁が崩壊,ルーマニアのチャウシェスク独裁政権が崩壊し,共産主義体制がドミノ倒しのように崩壊し始める。
漫画家手塚治虫氏死去,歌手美空ひばり死去,実業家松下幸之助氏死去。
【平成二年(1990年)】
バブル崩壊が始まる。イラクがクウェートにいきなり侵攻。国際的緊張高まる。ドイツが再統一。
礼宮・紀子さまご結婚,秋篠宮家創設。
【平成三年(1991年)】
湾岸戦争勃発。バルト三国がソビエト連邦から脱退・独立。そのままこの年の末にソビエト連邦が崩壊。
雲仙普賢岳噴火。
【平成四年(1992年)】
アルベールビル冬季五輪で,日本選手が札幌大会以来初の金メダル。バルセロナオリンピック開催。
新幹線のぞみデビュー。山形新幹線開通。米国大統領選でクリントン氏勝利,12年ぶり民主党政権,ブッシュ再選ならず。
毛利衛氏,日本人初のスペースシャトル搭乗。
【平成五年(1993年)】
皇太子夫妻ご結婚。
日本でプロサッカーリーグJリーグ発足。自民党下野,非自民連立政権発足。
冷夏でコメ大凶作,タイ等からコメ緊急輸入。

・・・いろいろありました。


元号とは,もともとはその時代の権力者が,時をも支配するという意味で制定した制度であり,文字通りに捉えるならば,「その時の天皇の治世何年目か」という意味である。
しかし,明治時代以降,大正,昭和,平成の3代については,その時代の前の天皇が崩御,つまり亡くなった時点からの年を表すものとなっている。
つまり,大正10年ということは,「明治天皇崩御後10年目」
昭和20年ということは,「大正天皇崩御後20年目」
平成30年ということは,「昭和天皇崩御後30年目」
という意味でもある。
元号は,その点で,現時点の天皇と同時に,前の天皇によって支配されている時間ということも言える。
そう考えると,国歌とされている「君が代」,あの,よく言えば荘厳,あえて厳しい言い方をすれば重々しい雰囲気の音楽は,亡くなった天皇を偲ぶ葬送歌,といってもあながち間違いではないようにも感じる。
「君が代」は,世界各国の国歌と比較すると,その独特さに特別な美を感じる一方,決して気分が高揚する曲調ではないので,オリンピックの表彰式など,華々しく明るい場において「君が代」が流れると,何とも微妙な感じもするというのも正直なところである。

今回,平成の次の年号は,天皇の死を契機に代わるものではないので,大正以降初めて,「前の天皇の死によって支配される」ものではなくなる。日本が他国と戦争することもなく「平成」という時代が終わろうとしているのは本当に幸いなことである。「平成最後」という言葉が無邪気に使われるこの時,やや平和ボケの傾向も感じるものの,「平和ボケ」が許される時代であることの幸せもかみしめたいものである。

次回からは,平成時代を5年毎に振り返っていきたいものである。




3月は年度末。何かと忙しい時期である。学校ではそろそろ春休みに入る頃でもある。
学校の入試も終わり。寒く厳しい冬から,桜のつぼみがほころび始める春へ。日本でいちばん美しい季節でもある。この時期に行われる卒業式・入学式の風景もまた絵になる。

しかし,4月に入って1ヶ月も経たないうちに,大型連休の季節に入る。特に今年は,天皇譲位・新天皇即位という例年にない行事がある影響で,まるまる10連休となる。
今年の新入学生や新社会人の「五月病」は,例年以上に深刻になるのではと今から危惧される。

そもそも,なぜ年度始まりが4月なのか。どうせ大型連休が4月末〜5月初旬にあるのであれば,これを機に一か月繰り下げて,年度始まりを5月にした方がよいのではないか。
3月は,昨今重症化する杉花粉症で苦しむ人も多い時期であり,このときに年度末というのは,社会人にとって心身厳しいものがある。

明治,大正,昭和,平成と4時代かけて,年度始まりは4月固定だった。この時代の代わり目を機会に,年度始まりを5月に変えるというのも良いのではと思うのだが。今年からというのは,もう法制化が間に合わないので,来年,2020年代からの実施を考えてもいいと思うのだが。

・・といっても,結局こんなアイディア,誰も見向きも検討もしないだろうが・・・・
平成時代も最長であと残り40日。

平成も残り最長で一か月半。そして遅くともあと半月でいよいよ新元号が発表される。
・・・しかし,今回の譲位,今までの即位に伴う混乱を避けるために,今上天皇が国民のことを配慮して決断したはずなのに,新元号が判明するのがこの時期までずれ込んでしまうというのが納得できない。
また,今は日本国憲法,国民主権の時代である。ごく一部の人の密議で決めるのではなく,予め公募するなり,せめて有識者が前もって3〜5つの元号候補案を用意し,国民投票などで国民の意志を確認した上で,多くの国民が納得した元号を決める,という方法もあったと思う。一方的に,ごく一部の人の偏った考えで制定された元号など,ただでさえいろいろ使用に不便が言われているのに,これから国民が好き好んで使うのか,甚だ疑問だ。このままでは今後元号を使う日本人は激減していくのは間違いない。

さて,不毛ではあるが,新元号,いろいろ考えてみた。ちまたでは「平和」「和平」「安久」などと噂されているらしいが,個人的には,既に単語としてあるものは元号に採用すべきではないと思う。そして,多くの人が使いやすいよう,それぞれ10画未満で,小学生の間に習う漢字にすべきだろうと思う。
更に,もちろん漢字には前向きな意味,そしてできれば積極的な意味の込められた字を採用すべきだろう。
中国の古典を基にするのが基本らしいが,中国の古典文学に疎い私は,あえてそのルールは無視して,純粋に漢字の意味や響きだけで色々考えてみた。
「宇永」(うえい)世界が永く平和であるように。
「協歩」(きょうほ)ともに力を合わせて進んでいこう。
「立和」(りつわ)平和を作り出していこう
「合保」(ごうほ)心を合わせて世界を守ろう。
なんてどうだろうか。上記の漢字はいずれも画数10画未満で,前向きな,少なくとも悪い意味は含まれない漢字であるし,かつ,ローマ字にすると頭文字が「明治(M)」「大正(T)」「昭和(S)」「平成(H)」のいずれとも重ならない。そして、私の調べた限り、俗用されていないものた。
・・・個人的には,このローマ字は結構重要なポイントだとも思う。もっとも,もう明治生まれの人はかなり少数派になっており,ましてや明治一桁生まれの人はこの世に今存在していないので,マ行でも問題はないかとも思うが。
少なくとも,今回の改元に限っては,「安」の字が含まれた元号は採用されてほしくはない。理由はここではあえて述べない。




今日で東日本大震災から8年。
この8年が長いか短いかは,その人の年齢や,8年前のあの時,どのような体験をしたかで人によって異なってくる。
現在の年齢が30代半ば以上の人で,あの時大きな揺れに見舞われた人にとっては,ついこの間の出来事のようで,まだその記憶が鮮明に残っているはずだ。ましてや,実際に津波や建物崩壊の被害にあったり,原発事故の影響をもろに受けた人にとっては,これから何年経とうが決して忘れることのできない深い深い傷跡として心の中に残り続ける。
しかし,そうでない場合,特に今日現在で中学生以下のこどもの場合,あまりに当時小さすぎて記憶は不確かであったり,あるいはもっと小さなこどもであれば,そもそもその時まだ生まれてなかったりで,既に単なる歴史の一ページとしてしか感じられなくなっている。
東日本大震災以降も,日本各地で大地震が頻発している。九州では熊本地震,北海道では胆振東部地震が起こり,東日本大震災の記憶が上書きされている人もいる。
ある意味,過去の記憶が薄れていくのは人間の性でやむを得ない。むしろ,そのお陰で忌まわしい,つらく苦しい記憶を失うことで精神の健康が保たれる部分もある。が,将来,同じような苦しく辛い経験を無駄に繰り返さないために,しっかりと伝えるべき記憶は伝えていく努力は必要であろう。どうもその,過去の記憶の継承について,日本は弱い部分があるように感じられる。

このページのトップヘ