矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

カテゴリ: 科学

今日は二十四節気の「啓蟄」。暖かくなって,土の中に隠れていた虫がうごめき出す季節になった。日差しも強くなってきている。2010年代最後の春がいよいよこれから本格化していくのか。
そしてまた,今日は「灰の水曜日」でもある。復活祭・イースターの46日前。主イエス・キリストの受難に思いをはせつつ過ごす受難節の始まりを告げる日だ。
調べてみると,啓蟄と灰の水曜日が重なるのは,1957年3月6日以来,62年ぶりの事象だ。その意味では非常に珍しい。ちなみに次回は比較的早く,6年後の2025年3月5日になる。
灰の水曜日は,年によって変わる。復活祭の日は,春分の日の後の最初の満月の次の日曜日であり,その46日前の水曜日であるから,2月4日から3月10日の間のいずれかの日になる。今年は,比較的遅い灰の水曜日・復活祭となる。
一方,啓蟄は,3月5日か6日。
なかなか啓蟄と灰の水曜日両方の日が重なることは難しい。
このようにしてみると,何気ない日が実は非常に貴重な日だったりすることがある。ひとつひとつの属性は特に特徴はなくとも,いろいろな属性を同時にもつことで,それが非常に貴重で価値あることになることがある。それは日も人間も同じことだ。
2010年代最後の春,一日一日をかみしめて生きていきたいものだ。

今日は二十四節気で「雨水」。私の頭の髪の毛も「うすい」。
・・・
私のおやじギャグと同様,外も寒い日々続く。暦の上では春なのだが。

さて,今日でちょうど平成時代11,000日目である。そして,何事もなければ平成時代も残り70日。つまりちょうど10週間ということだ。
これから各曜日10回ずつ迎えると,平成が終わる。

各時代の11,000日目がいつだったか調べてみた。
が,日本がグレゴリオ暦を採用したのが1873年,明治6年からなので,明治時代は省略。
そして,大正時代は15年,5262日間しかなかったため,大正時代はなし。
となると,昭和しかない。
その昭和というと,11000日目は
1957年(昭和32年)2月4日 月曜日
となる。節分で鬼退治が終わった翌日,まかれた豆が散らばっている立春の日だ。
高度成長期目前の,戦後12年,まだまだ日本が素朴だった時代。

時代は変わる。テレビが超高級品で,コンピュータなどというものは一般家庭にはなく,紙と鉛筆で勉強していた時代。
いまや,テレビは飽きられ,スマートフォンを一人一台もち,勉強もインターネット経由でできる時代。
・・・そういえば,次の元号,もう決まっているならば早く発表してほしいものだ。

年齢は生きている限り増える一方だが、体重は、ある一定年齢までは上昇するが、それ以降は個人差が激しい。増える一方の人もいれば、落ち着く人、増減の激しい人様々だ。祖してこの世を去る前には減ることが多い。
思えば、赤ん坊は生まれるときは、未熟児でない限りは2〜4kg、その後は急激に増え、成人までには多くの健康な人は、女性から40kg以上、男性なら50kg以上になる。従って、生まれてからはしばらくは、年齢が体重を上回る状態が長く続く。
年齢(年単位)と体重(kg単位)が逆転するというのは、年齢が相当重なった状態ということであり、多くの人にとっては、自分自身が年を取ったという事実に気付かされることでもある。その意味では、あまり喜ばしいことでもないのか。若干の、肥満に悩む人にとっては、嬉しいことかもしれない。いや、そもそもそのような人の中には、体重と年齢が逆転する経験をすることなく、生涯を終える人も少なくない。

この間誕生日を迎えたばかりの妻に、「年齢と体重が逆転するとしたら、どんな気分なのだろう?」と聞いてみたら、「そんなこと考えたこともない!」と言われてみたので、このことについて考えてみた。確かに、特に女性にとってはあまり嬉しいことではないのかもしれない。最初の逆転は、年を取ったという意味であるし、そのあとまた逆転するとしたら、太ったという意味である。

「年齢と体重が逆転したときの気持ち」は、女性には特に聞いてはいけない。ヤブヘビにカエルを与える行為に等しい。バレンタインデーに心のこもったチョコレートを欲しいと思う男性は、女性にこの質問をしては絶対にいけない。

開幕前は3戦全敗必至と思われていた日本代表が快進撃。
神風の吹いたコロンビア戦勝利に続き,セネガルに対しても粘って引き分け。
グループHで現時点で勝ち点4の想像だにしていなかった首位。
残りはグループリーグ敗退の決まった明日のポーランド戦のみ。
現時点で決勝トーナメント進出の確率を計算してみた。

まず現時点で,決勝トーナメント進出の可能性のあるチームの勝ち点,得失点差,総得点を見てみる。

日本   4 1 4
セネガル 4 1 4
コロンビア3 2 5

日本は,ポーランドに勝つか引き分けで決勝トーナメント進出決定。勝てば勝ち点7でコロンビアは日本を勝ち点で上回れないし,引き分けであれば勝ち点5で,セネガル・コロンビアが同時に勝ち点5を上回ることはできないためである。
日本がポーランドに負けると勝ち点4となりちょっと複雑になる。
(1)まず,セネガルが勝てばコロンビアは勝ち点3のままで,日本はコロンビアの勝ち点を上回り,決勝トーナメント進出決定。
(2)セネガルとコロンビアが引き分けると,セネガルが勝ち点5,コロンビアが勝ち点4。日本はコロンビアとの得失点差の比較になるが,日本の得失点差は0以下になり,コロンビアの得失点差は2のままで,日本はグループリーグ敗退となる。
(3)コロンビアが勝てば,コロンビアが勝ち点6,セネガルが勝ち点4。日本はセネガルとの得失点差,総得点等の比較になる。とにかくセネガルより無様な負け方をしない,あるいはなるべくたくさん点を取った上で負けること。

日本がポーランドに負ける確率を仮にpとし,コロンビアが対セネガル戦で勝つ確率をc,引き分ける確率をdとすると,日本が決勝トーナメント進出を逃す確率は,
 p×(d+c×v)
となる。なお,vは上記(3)の,セネガルと日本との得失点差,総得点等を考慮した変数である。
得失点差,総得点などの変数を計算するのは条件が多岐にわたり複雑な上に,全体への確率にそれほど大きな影響を与えるものではないと考えられるので,おおざっぱに半々の確率,0.5とする。

すると,日本が現時点での,16強進出の確率は,
 1−p×(d+0.5×c)
となる。

勝敗は半々で,今大会の各グループリーグ第2戦までの引き分けの発生頻度を考慮すると,
勝ち=42% 引き分け=16% 負け=42%
となるので,

 1−0.42×(0.16+0.5×0.42)= 84.5%

となる。

4年前の第2戦終了時点の16強進出確率は,ラクダが針の穴を通るほどのものだったが,今大会はミジンコが針の穴を通るか,ラクダがトンネルを通るくらいの確率はありそうだ。

今日は2018年6月10日。
年,月,日がすべて,互いに異なる無平方偶数半素数となる今年最初の日である。
・・・といっても混乱するので,順番に説明すると,
無平方・・・素因数分解すると,平方数が含まれない数(2,3,5,6,7,8,10,11,・・)
偶数・・・・2で割ると余りが0となる数
半素数・・・素因数分解すると,二つの素数となる数

そして,今日は私の誕生日である。そして,実は私は今年,半素数の年齢となる。
もっとも,偶数半素数か,無平方半素数か,そこまではここでは明らかにしない。
(ついでに言うと生まれ年も,実は半素数だったりする。)

この年齢の間の目標は,
「同年齢の中で世界一カッコいい男性を目指す」
と言ったら妻に腹筋崩壊されるほどの大爆笑をされたので,急遽目標を変え
「同年齢の中で日本一楽しい男性を目指す」
としたら,笑いを引きずりながらも納得してくれた。よし,この一年は私はこれを目指そう。

------------------------------------------------------------------------------------------------------


いったんは中止かと思われた米朝首脳会談,いよいよ2日後に,シンガポールで開催される。
セントーサ島は,実は昨夏,こどもを連れて遊びにいったところでもある。
あそこで世界の注目を集める会談が開かれるとは,一年前は誰も想像だにしなかったことだろう。
劇薬テイストのキャラクターを持つ両者が,対面して一体何を話し合い,何に合意するのか。
楽しみ半分,恐怖半分である。
うまく中和されてくれることを切に願う。変な化学反応をして,有毒を世界中にまき散らすことのないように強く祈るものである。

一昨日は私の両親の金婚式だった。夜に新宿の某ホテルで,ビュッフェ方式のレストランで親族一同で会食し,結婚五十周年を祝った。
両親とも,さすがに年齢相応になってはきたものの,彼らの同世代の中では心身とも健康に恵まれておりまだまだ元気だ。それどころか私の方が彼らにいろいろ助けてもらっていることが多い。恐れ多い。

考えてみると,既に亡くなってはいるが,彼らの両親,つまり私にとっての父方の祖父母,母方の祖父母とも生前金婚式を迎えている。金婚式は,結婚後夫婦とも長寿に恵まれていないとなかなか迎えられないため,非常に珍しく,だからこそ盛大に祝われるものだったはずだが,人間の長寿化に伴い,金婚式を迎えることができた夫婦の数も確率も増えているように思う。もっとも,最近は離婚の数が増えたり,そもそも結婚しない人も増えている。果たして,1人の人間が金婚式を迎えることのできる確率はどれくらいなものなのか,おおざっぱに計算してみた。

まず,1人の人間が結婚する確率だが,昨今は生涯未婚率が上がって20%に迫ろうかと言われているが,ここではとりあえず未婚率は15%としてみる。すると,結婚する確率は85%。
次に,離婚する確率だが,三組に一組が離婚すると言われている。結婚後離婚しない確率は66%と考えられる。
後は,結婚後,夫婦とも50年生きる確率だ。これが結婚難しい。
平均結婚年齢で結婚した夫婦が,二人とも50年後に生存している確率を考えればいいのだろうか。
おおざっぱに,30歳で結婚した夫婦が80歳の時に生存している確率とすると,
このサイトベースで考えると,
80歳生存確率÷30歳生存確率を計算すると,おおよそ60〜70%といったところのようだ。
夫婦二人とも生きている確率は35%〜50%といったところか。中間の値をとって,42%としよう。

そうすると,結婚する確率×離婚しない確率×夫婦二人50年生きる確率=23.56%
約4人に1人となる。

この数字が高いか低いか。私の感想としては,思ったより高い確率だという印象である。

実際に結婚した夫婦が,離婚の確率を排除して,金婚式を迎えられる可能性となると,純粋に夫婦二人が共に50年生きる確率だから,35%〜50%となる。しかも最近は衛生水準の向上,医療体制の充実から,50年生存確率は上がっているため,結婚した夫婦が金婚式を迎えられる確率はもっと高いと考えられる。
今は病気などで配偶者と死別することよりも,夫婦間の諸トラブルで離別するリスクの方が大きいのかもしれない。金婚式を迎えられるかどうかは,物理的な面よりも精神的な面の方が影響が大きいように感じる。




このページのトップヘ