矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:イチロー

【平成六年(1994年)】
昨年から一転,酷暑と水不足に悩む夏。
自社連立政権発足。広島アジア大会。大江健三郎ノーベル文学賞受賞。
イチロー選手がプロ野球シーズン初の200安打越え,最多安打記録214達成。
リレハンメル冬季五輪 複合団体日本連覇。
関西国際空港開業。
松本サリン事件発生。
【平成七年(1995年)】
阪神淡路大震災発生。地下鉄サリン事件発生。オウム真理教幹部逮捕
野茂英雄投手メジャーリーグデビュー。
Windows95発売。
超円高1ドル80円台切る。
東京と大阪で無党派知事誕生。
【平成八年(1996年)】
O−157食中毒猛威。
在ペルー日本大使館籠城事件
欧州で狂牛病騒動。
アトランタ五輪 日本不振。
【平成九年(1997年)】
香港 イギリスから中国へ返還。
ダイアナ元皇太子妃 交通事故死
山一証券倒産
神戸連続幼児殺人 酒鬼薔薇事件
サッカー日本代表 アジア予選初の勝ち抜け
秋田新幹線 長野新幹線開業
【平成十年(1998年)】
長野冬季オリンピック開催
サッカー日本代表 ワールドカップ初出場
和歌山毒カレー事件
明石大橋開通
映画監督黒澤明氏死去

・・・いろいろありました。

リオデジャネイロオリンピック真っ最中,夏の甲子園も始まり,アメリカ合衆国はイチロー選手がメジャーリーグ通算3000本安打を達成とスポーツで賑やかな昨今。その中,昨日の天皇陛下のビデオメッセージは,いろいろ考えさせられた。

日中は仕事のため,録画機をセットし,帰宅後改めて見た。
平成の時代の「玉音放送」,いや「玉画放送」というべきか,あるいは「人間宣言」というべきか。
昭和末期の社会の混乱,自粛の連続や,元号や葬儀などのあり方が密室で決められる非民主性を記憶する世代にとって,「生前退位」というのは現代に即した合理的である意味親切な方法だと感じる。
いきなり天皇が崩御してしまった時の混乱を避けるために,前もっていろいろ計画的に物事を,オープンな形で進めるべきだ。

確かにいろいろ新たな法整備が必要だったり,諸々の条件を考慮して慎重に決断しなければならないことはあるだろう。が,無駄な時間をかけているヒマはない。
「象徴天皇制」の役目を,現行の日本国憲法やその精神と照らし合わせつつ検証し直し,改革すべきところは改革し,守るべきところは守って,速やかに今上天皇の「生前退位」が可能となる環境を作っていかねればならない。
時間を浪費していると「生前退位」も出来ず,後に「国賊」内閣と言われる可能性があることを,現内閣には肝に銘じてほしいものだ。

メジャーリーグベースボール(MLB) オールスターゲームが,ミズーリ州カンザスシティで現地時間の今日開催される。(日本時間だと明日朝になる。)
今年は,ダルビッシュ投手がファン投票により選ばれ,もしかしたら登板の機会があるかもしれないが。

それにしても,時代は変わったものである。私が高校生時代ぐらいまでは,MLBで日本人が,そもそもマウンドに立てるかどうか,あるいはベンチに入れるか,などといわれていたものである。レギュラーとして年間通じてコンスタントに活躍するなんて夢のまた夢,オールスター出場選手に選出されるとか,ワールドシリーズに出場するとか,MVP取るとか,ノーヒットノーランを達成するとか,MLBの記録を更新するなどというのは,まずあり得ない話といわれていたものである。

しかし,今ではいずれも実現済みのものである。オールスターゲームで現時点で史上唯一のランニング本塁打をイチロー選手が打ったのは,5年前のちょうど今日だった。
アメリカ人に比べ体格の大きさで劣るという事実だけで,昔の日本人は勝手に自分の限界という壁を作ってしまい,それを乗り越えようという努力や工夫が足りなかったのかもしれない。しかし,体格の大きさで劣る部分を他の部分で工夫して補えば,互角以上に渡り合えることは,1995年の野茂投手以来の実績が証明している。

これは野球だけの話ではないだろう。国土が狭くても,資源が乏しくても,戦争に負けても,様々な制約があっても,日本は(諸々の問題を抱えつつ,また幸運な部分があったにしろ)経済的な成功を実現し,今の世界の中の相応の名誉ある地位を得ることができた。「できやしない」と勝手にあきらめ,必要のない壁や枠を作り,その中で安住していては将来の展開はおぼつかない。過去の日本,そしてMLBでの日本選手の過去17年間の活躍の足取りから,学ぶべき点は多い。

(見方を変えれば,個人の属性に関係なく,能力が素直に認められる時代になってきているのかもしれない。「アメリカ人だから」「日本人だから」ではなく,その人の能力が高ければどの国のどの身分・階級の人であっても,能力に応じて丁重に扱われるようになってきているのだろう。それは幸せで素晴らしいことである反面,能力一本でのみ判断される厳しい面がある点も覚えたい。)

ブログネタ
イチロー に参加中!
イチロー選手が三千本安打を達成したことがメディア上を賑わしている。
悲しい事件やイライラする政治,経済状況が続く日本において,数少ない誰もが共感できる明るい話題として重宝されるニュースであるのは理解できる。
私も,彼の活躍には喝采を送る日本人の野球ファンの一人である。

しかし,一方でこの三千本安打というのは,あくまで日米通算で三千本安打ということに注意したい。
米国ではイチローのこの記録がどれだけ賞賛されているのかは,日本に住んでいる限りよく分からない。もしかしたら日本のスポーツメディアだけが騒いでいるのかもしれない。
逆に,もしも台湾や韓国などの国・地域のプロ野球選手が,祖国での大記録を引っさげて日本の球界にやってきて,継続して好成績を積み重ねて,通算での大記録を打ち立てた場合,日本のメディアはどれだけの扱いで取り上げるだろうか。また,彼らの祖国がその選手の記録で大騒ぎしている風景を見て,日本の人たちはどのような感想を持つだろうか。

確かにイチローが安打を打ち続けることは素晴らしいことだし,その活躍をニュースで知るのは楽しい。でも,メディアのイチロー選手報道には,やや違和感を感じるところもあるのが私の正直な感想でもある。

それにしても,イチロー選手が今まで打ち立てた記録の数があまりに多く,一つ一つの記録の重みがさっぱり分からなくなってきている。それだけの記録を作り続けるイチロー選手が並外れた才能の選手であることだけは確かなことだが。

このページのトップヘ