矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:グローバル化

大関稀勢の里がやっと初めての幕内優勝を飾った。
ここのところの安定した成績に加え、千秋楽に横綱白鵬を破ったことで、横綱になるのは間違いないだろう。今場所に限ってはライバル力士の休場やケガによる不調という幸運があったものの、私も横綱昇進については問題ないと思う。昨年に続き、日本出身の優勝力士が誕生し、年初の私の予想が当たり嬉しい。 

20年前に比べると本当に相撲の世界はグローバル化が進んだ。外国人力士、外国出身力士の割合が増えた。10年間は外国人力士、外国出身力士が優勝し続け、日本出身の横綱も10年以上不在だった。外国人力士、外国出身力士の活躍は色彩豊かで見ていて楽しい反面、自国出身力士の目覚ましい活躍が長い間あまり見られなかったのは寂しい気持ちもあった。

今後は、せめて横綱・大関陣の一角はimage
日本出身力士が占め、常に外国出身力士と日本出身力士が激しい優勝争いを繰り広げていって欲しいものだ。そのことにより、相撲界が国内外から更に注目や関心を集めていってほしい。それが,相撲を通じての日本のソフトパワーの貴重でかつ力強い発信になると思うからだ。

ブログネタ
サラリーマン日記 に参加中!
社会人の友人と会話するとき,公務員や学校の教員,あるいは非営利団体の人が,例えば仕事にいくことを「カイシャに行く」,自分の仕事場で起こったことを「うちのカイシャでは云々」という言い方をするのを耳にする。いや,ほとんど全員がこういう言い方をする,といった方が正しいか。
労働者の内多くの人が,いわゆる「会社勤め」としているからなのだろうが,中には「会社勤め」とは明らかに違う人もいる。前述の,例えば役所であったり,学校であったり,病院であったり,などなど。でもそういう人も,「仕事」や「職場」という意味で「カイシャ」という言葉を使うのは,個人的には違和感を感じる。(別にこういう言い方をする人に対して違和感を感じてるわけではなく,より正しくいえば,そういう言い方を強いる風潮に対してだが。)

仕事をすることは,「カイシャ」という組織に所属していることとイコールではない。より大事なのは,どんな組織に属していることよりも,どのような仕事をしているかだろうと思う。しかし,仕事のことを詳細に語るのも,守秘義務があったり,仕事の内容や処遇の違いで,友人たちとの会話に波風を立たせたくないという思いがあったり,あるいは様々な事情で公に話したくないこともあるだろうから,「カイシャ」という便利で表現でカモフラージュしているという部分もあろう。そこは理解はしているのだが。

仕事をするのは「カイシャ」という組織自体ではなく,「カイシャ」という組織を構成するひとりひとり,個人個人の人間なのだと思う。そこは常に覚えていたい。だから,私は極力,「カイシャ」という言葉は使わず,「職場」「仕事」という言葉に置き換えて表現するよう努めている。それはまた,「カイシャ」という組織に属さずとも元気に生き生きと仕事をしている人,生きている人もいるという事実を覚えるため,自分と異なる境遇の人もいるという想像力を保つためでもある。

英語では,あくまでもcompanyというのは企業体組織を表現するだけであり,仕事はJobやWork,職場はoffice等という単語で個別に表現していることも覚えていたい。「カイシャ」という表現をやめることが,日本の社会人の真の意味のグローバル化を進めることになるのではないかと内心思っている。

ブログネタ
ニュースひとりごと に参加中!
先週,東京大学が数年後に秋入学制度の全面導入を視野に本格検討を始めるというニュースが流れた。
国外の留学生への配慮と,学内学生の留学を後押しするためらしい。

東京大学だけのことを考えれば秋入学制度は利点が大きいと思う。国外の有力大学との交換留学はやりやすくなるだろうし,その結果,国外から優秀な学生や教授が集まり,大学のブランドをある程度向上させる効果はあるだろう。というよりは,低下に歯止めをかける効果といった方が表現は適切なのか。

日本国内の他の大学にとっては,有利不利の度合いは不明だ。既に独自に秋入学制度を部分的に導入している一部の私立大学には,ほとんど影響はないと思うが,東京大以外の国公立大学が,どれだけ東京大学に追随して秋入学制度に踏み切るのだろうか。

より大きな影響を受けるのは大学の入口と出口の外側,高校以下の学校と,官財界であろう。今の学校年度は,4月始まり,3月終わりで固定されているし,会計年度も同様に法律で4月始まり,3月終わりである。秋入学制度となったらどうしても6ヶ月のギャップが生じてしまう。このギャップをどうするかは検討が必要であろう。どこの学校・企業・団体にも所属せず宙ぶらりんの状態にしてしまうのであろうか。もしそうだとしたらその間の健康保険・年金などの扱いはどうなるのか。・・・その他にも考えなければならないことは山積みである。

むしろこれを契機に,日本の会計年度,学校年度を秋始まり,例えば10月始まりにするという手もある。そうすれば6ヶ月のギャップは解消する。いつか意図的に限定的に会計年度を18ヶ月制にしてしまえばよい。過去,明治期の財政混乱時や太平洋戦争時には,会計年度を12ヶ月にこだわらずに設定していたこともあるらしいから,できない話ではない。国の財政が苦しいことになっている今こそ,どこかで年度始まりを変えてしまうチャンスなのではないかと思うが・・・・。



このページのトップヘ