矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:コスト

今日,沖縄県で県民投票が行われる。辺野古埋め立ての是非を問うものだ。
冷静に考えれば,どう見ても「反対」が強いのが目に見えているが,それでもあえてやる理由は何なのか。
もっとも,投票方法などを見ると,どうしても「賛成」を増やしたい,「反対」を少しでも少なく見せたいような姑息で卑怯な細工がいろいろされているのが何とも不快ではあるが・・・

東アジアの平和を守るため,軍事バランスをとるために沖縄の基地を維持したいという考えがあり,そのためにどうしても沖縄から基地を動かす選択肢は取れないらしいが,そもそも,その発想ではどうやっても基地問題は未来永劫解決できないだろう。
戦争の勝利が国益につながっていた前世紀の考えからはいい加減卒業すべきだろう。現に,今の先進国で表立って戦争をしている国は一つもない。戦争をすることがハイリスクであり,そのリスクに見合うリターンは得られないことが分かっているからだ。
そして,平和を維持するための軍事費も,果たして本当に意味あるコストなのか吟味する必要がある。
莫大な軍事費を費やすよりも,未来の人材を育てる教育費に回し,その人材から得られる納税費を期待した方がよっぽど国益につながると思う。また,敵対する国・勢力のために軍事費をつかうくらいであれば,その国を理解し,友好的な関係を構築できるような人材を育成した方が,よっぽど生産的だろうし,どちらの方がコストが安上がりか,正常な頭脳と精神を持っている人であれば自ずと正解はわかるだろう。
それが分からない人ばかりがなぜ組織の指導者としてのさばっているのかが,本当に理解不能・意味不明なのだが・・・

IMG_20170127_154832昨今は何事も効率が求められる。最小のコストで最大のパフォーマンスを得ることがもてはやされる時代だ。
仕事でも教育でも,あらゆる方面で,少しでも無理・無駄・ムラがあると,いろいろ批判・非難されてしまう。
無理・無駄・ムラを生じる最大の敵は失敗である。だから,失敗を避けるために,人々は安全志向を高め,少しでも実績のある,リスクの少ない選択肢を選ぼうとする。

しかし,効率ばかりを求める社会が果たして本当に幸福なのかどうかは議論の余地があるように思う。
何でもかんでも,ちょっとした利益を確保するために,失敗を恐れて窮屈な生き方をしていても,楽しいとは感じられない。
人生の目的は何か。うまく生きることなのか。投資効果を最大化することが最も価値あることなのだろうか。

大きな果実を得るためには,一時期は無駄に見られること,思い切り非効率なことをしないといけない時もあるのではないか。
医者や弁護士になるためには,やはりそれなりの勉強を時間をかけてしないと高度な知識を得ることは出来ない。一流のスポーツ選手や音楽家になるためには,普通の人の何倍もの時間と労力をかけて練習・稽古に励む必要はある。もちろん,勉強法・練習方法の中には,より効率的に行う方法論はあることはあるだろうが,本物の人物,本物の仕事をするためには,一定以上のコストはかけなければいけないはず。そもそも,勉強や練習・稽古自体の中に好きなことを見つけて,進んで努力する気持ちを持てる人だけが,そのような道を歩んでいけるものなのではないか。

どのような人にも,自分の好きなこと,夢中になれるものはある。そのために,他のことは効率的に済ませ,好きなことのために効率を度外視して集中することこそが,人生をより良く生きる秘訣なのかもしれない。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

なぜこのようなことを書いたかというと,今年最初の四半期のスポーツシーンを見てそのことをまざまざと感じたからだ。大相撲の稀勢の里,WBCの日本代表,そして選抜高校野球。
今年の選抜高校野球大会で,八強に残ったのは,複数チームが出場している府県のチームばかりである。そして,まさかの延長再試合が二試合連続で発生している。
巧くやろうという気持ちよりも,とにかく全身全霊を懸けて勝つためにひたすら頑張ろうという姿勢が,結果的に実を結ぶことが多いようだ。

かくして,2016年度は幕を閉じていく。来る素数年度,2017年度は果たしてどんな年度になるだろうか。

このページのトップヘ