矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:サッカー

先日,アジアカップサッカーUAE大会が閉幕。決勝まで進出した日本,2大会ぶり5回目の優勝を狙うもカタールに予想外の完敗,準優勝に終わってしまった。
・・・が,30年ぐらい前は,日本がアジアの中で上位進出が当たり前となるくらいにサッカーが強くなるとは想像することができなかった。ましてやワールドカップに出たり,決勝トーナメントに進出するなどは夢のまた夢の世界である。

思えば,この「平成」という時代は,日本の社会におけるサッカーのプレゼンスが飛躍的に向上した時代であったといっても良い。スポーツといえば野球と相撲ぐらいで,他の競技は新聞の片隅に結果が簡単に載るくらい。4年に一度のオリンピックのときだけ大騒ぎするという繰り返しであった。それが,いまやサッカーを筆頭に,あらゆる競技が割と事細かに報道されるようになった。隔世の感だ。

とともに,日本の社会において「アジア」の占めるプレゼンスも急激に拡大してきた。これは,中国を筆頭にしたアジア各国の経済力の増大が一番の要因だろう。昭和の時代は,アジアでは日本一強だったのが,いまやGDPは中国が世界2位かつアジア1位,日本が相対的な地位を落とす反面,韓国,シンガポール,そしてインドネシア,ベトナム,タイなどの最近の経済成長力は著しい。
かつては日本から海外へ大挙して旅行者が出かけて行ったものだが,昨今は逆に,アジアの各国が日本に大挙して旅行に来る時代になっている。

そういえば,明日は春節,旧正月。中華圏では1月1日以上に大切に祝われる祝日で,この時期に日本にも大勢の中華系の人々が訪れる。
ぜひ,日本で過ごす時間を楽しんでほしいものである。あ

今年もすでに今日で十日が経とうとしている。果たして今年はどのような年になるのか。いろいろな分野について考えて予想してみたい。
1.日本政治
今年は統一地方選挙と参議院選挙がある。統一地方選挙だが,与党の苦戦は必至だろう。一方,参議院選挙も,与党は苦戦が続くとは思うが,統一地方選挙程ではないか。ただ,苦戦具合によっては,安倍首相の退陣もあるかもしれない。
野党同士でしっかり連携を組んで選挙を戦えば互角以上の結果は得られるはずなのだが,野党間の調整がうまくいかないと,何ともさえない結果が続いてしまう気がするが・・・
2.日経平均株価
厳しい声が多いが,意外と堅調かもしれない。乱高下はするだろうが,振り返ればレンジ内の取引に終始した形になるだろう。18000円から23000円の間のレンジと予想。
3.為替相場
円高予想が巷では多いが,果たしてどうか。一つだけ言えるのは,ここ2年間よりは変動率は高くなるだろうということ。それが円高方向か円安方向かはわからない。
4.仮想通貨その他
ビットコインの爆下げが昨年話題だったが,今年も低迷は続くと思う。再度の爆上げは来年か再来年まで待つ必要があるか。
5.アジア情勢
予想外に平和の方向に動いた昨年の朝鮮半島情勢だが,ここにきて膠着状態。でも,基本的には平和の方向に動くのではないか。戦争状態になっても誰も得はしない。
6.芸能関係
大物歌手の死去・引退が相次いだ昨年。今年は一転静かな一年になるか。・・・いや,引退はともかく,死去のニュースは高齢の方が増えている以上,昨年以上に増えそうだが。
7.皇室
最大の関心事は元号が何になるか。予測しても時間と労力の無駄なので,静かに発表を待つだけだ。それより,眞子さまの婚約問題はどうなるか・・・このままずるずる時間だけ経過して今年は終わりそうだ。意外に,佳子さまの婚約が発表となったりするかもしれない。
8.気象・地象
 起こってほしくはないが,今年も日本のどこかで水害は発生するのだろう。地震も,今年も昨年に引き続きそれなりの規模の地震が,日本のどこかで起こってしまう気がする。場所はわからないが。願わくは,最大震度は6弱以下で,被害が最小限におさまるものであってほしいものだが・・・
9.ノーベル賞
 昨年は本庶氏の受賞に沸いた。今年はどうか。・・・ない可能性が高いように思えるが。
10.大相撲
 初場所の3横綱のうち,2横綱は今年で引退必至。新横綱か新大関のいずれかは1,2名合計で誕生しそうではあるが。・・・それ以上に,日本相撲協会の存続が更に危なっかしいが。
11.ラグビーワールドカップ
 日本代表がどれだけ勝てるか。ベスト8にギリギリ進めそうか。優勝はニュージーランドかオーストラリアかのいずれかだろう。
12.プロ野球
 パ・リーグは福岡ソフトバンクホークスが,2年ぶりの制覇濃厚。昨年制覇の埼玉西武ライオンズは戦力低下が著しく,連覇は非常に厳しいか。日本ハムと楽天が代わりに健闘すると思うが,優勝はやや厳しいか。
 セ・リーグは予想が難しい。3連覇中の広島カープだが,戦力ダウンで4連覇は黄信号。戦力では巨人が圧倒的だが,果たして。ヤクルト,横浜,阪神がどこまで食い込めるかが鍵。中日は苦しい。
 日本シリーズは,恐らく福岡ソフトバンクホークスが制する。少なくともパ・リーグの代表チームが制する。セ・リーグはどこのチームが出てきても厳しい。シリーズで1勝がせいぜい。2勝できれば御の字。
 昨年ドラフトで騒がれた高校生の新戦力は,いきなり今年1軍での活躍は厳しいか。二度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭出身ルーキーのうち2人はそこそこ活躍するかもしれないが。 
13.高校野球
 昨年は区切りの大会となり大盛り上がりとなった甲子園だが,今年はそこまではいかないだろう。 春のセンバツ,大阪桐蔭がそもそも出場できるかどうか怪しいが,出場となったら3連覇・・・はさすがに今回は厳しいだろう。優勝確率39%といったところか。順調にいけばベスト8ぐらいは行けるだろうが,準決勝以上への勝ち上がりは厳しい。かといって,他チームで群を抜く実力のチームも見当たらず混戦状態。
 101回目となる夏の選手権だが,なおさら読めない。
ただ,気候にもよるが,今年は全般的に寒冷地のチームが相対的に強そうな印象がある。東北,北信越から,県勢初優勝のチームが出てくる可能性がそれなりに高いように思う。
14.その他
 ・・・そもそも,このブログがいつまで続くか。それはもう,神のみぞ知る。

FIFAワールドカップロシア大会、グループリーグの戦いは終わり、既に決勝トーナメントに入っている。
開幕前は決勝トーナメント進出を絶望視されていた日本代表だが、下馬評をひっくり返す活躍で、16強入り。現地時間の今夜、日本時間なら明日未明に、初の準々決勝進出を賭けて、ベルギーと対戦する。

決勝トーナメント進出を決めた対ポーランド戦の戦い方でいろいろ物議を醸している。最後の10分間、ボール回しをして、勝ち点を取りに行かず無気力な試合運びをしたことへの批判だ。
16強入りわ争っていたコロンビアとセネガルの試合が、もしも引き分けに終わったらば日本は敗退、セネガルが勝てば無条件に日本が16強入り、コロンビアが勝った場合は得失点差、総得点、そして警告数の比較で16強入りが決まるという状況だった。

日本ポーランド戦のあのゲームだけを考えるならば、無気力試合と非難されるのは理解できる、が、決勝トーナメント進出を考えた場合、より確率の高い方法を選択するのは理にかなっている。まだあの試合が引き分け狙いだったり、勝っている状態でボール回しをしはじめたなら、ここまで物議を呼んではいなかっただろう。たまたま、一点差の劣勢だったから、余計に目立ってしまったのだとも考えられる。
また、決勝トーナメント進出後のこともあるいは考えていたのかもしれない。ポーランド戦で全力で勝ちにいけば、16強は確実でも、その先、準々決勝以上への進出に必要な気力体力が持たない、と考えていたならば、この戦略の選択もより納得がいく。

もっとも、無気力試合を目の前で見せられた観客の立場からすると、せっかく時間をかけ、安くないチケット代、旅費を払ってこのゲームは、と怒る心情も十分理解できる。見に来た試合は、手に汗握るハラハラドキドキの好ゲームであってほしいものである。

物事の選択・決断は難しい。万人が納得する選択肢はない。ある人は称賛する決断も、別の人はその決断に厳しい批判をする。それでもその場その場で、最も大切にするものが何で、そのための最適解を見つけ実行していかねばならない、それが人生というものなのだろう。

さて、日本とベルギーの試合は果たしてどうなるか。

開幕前は3戦全敗必至と思われていた日本代表が快進撃。
神風の吹いたコロンビア戦勝利に続き,セネガルに対しても粘って引き分け。
グループHで現時点で勝ち点4の想像だにしていなかった首位。
残りはグループリーグ敗退の決まった明日のポーランド戦のみ。
現時点で決勝トーナメント進出の確率を計算してみた。

まず現時点で,決勝トーナメント進出の可能性のあるチームの勝ち点,得失点差,総得点を見てみる。

日本   4 1 4
セネガル 4 1 4
コロンビア3 2 5

日本は,ポーランドに勝つか引き分けで決勝トーナメント進出決定。勝てば勝ち点7でコロンビアは日本を勝ち点で上回れないし,引き分けであれば勝ち点5で,セネガル・コロンビアが同時に勝ち点5を上回ることはできないためである。
日本がポーランドに負けると勝ち点4となりちょっと複雑になる。
(1)まず,セネガルが勝てばコロンビアは勝ち点3のままで,日本はコロンビアの勝ち点を上回り,決勝トーナメント進出決定。
(2)セネガルとコロンビアが引き分けると,セネガルが勝ち点5,コロンビアが勝ち点4。日本はコロンビアとの得失点差の比較になるが,日本の得失点差は0以下になり,コロンビアの得失点差は2のままで,日本はグループリーグ敗退となる。
(3)コロンビアが勝てば,コロンビアが勝ち点6,セネガルが勝ち点4。日本はセネガルとの得失点差,総得点等の比較になる。とにかくセネガルより無様な負け方をしない,あるいはなるべくたくさん点を取った上で負けること。

日本がポーランドに負ける確率を仮にpとし,コロンビアが対セネガル戦で勝つ確率をc,引き分ける確率をdとすると,日本が決勝トーナメント進出を逃す確率は,
 p×(d+c×v)
となる。なお,vは上記(3)の,セネガルと日本との得失点差,総得点等を考慮した変数である。
得失点差,総得点などの変数を計算するのは条件が多岐にわたり複雑な上に,全体への確率にそれほど大きな影響を与えるものではないと考えられるので,おおざっぱに半々の確率,0.5とする。

すると,日本が現時点での,16強進出の確率は,
 1−p×(d+0.5×c)
となる。

勝敗は半々で,今大会の各グループリーグ第2戦までの引き分けの発生頻度を考慮すると,
勝ち=42% 引き分け=16% 負け=42%
となるので,

 1−0.42×(0.16+0.5×0.42)= 84.5%

となる。

4年前の第2戦終了時点の16強進出確率は,ラクダが針の穴を通るほどのものだったが,今大会はミジンコが針の穴を通るか,ラクダがトンネルを通るくらいの確率はありそうだ。



米朝首脳会談などに気を取られ、気付けばFIFAワールドカップロシア大会が開幕していた。既に開幕ゲームは終わってしまったが、今回もグループリーグの予想の詳細を書いておこう。

グループA(ロシア,サウジアラビア,ウルグアイ, エジプト)
混戦も、ウルグアイは実績、戦力ともやや他チームよりは優位か。エジプトと地元ロシアが二位争い。サウジアラビアは苦しいか。

グループB(スペイン,ポルトガル,モロッコ,イラン)
スペインとポルトガルが他の2チームより数段上か。どちらかというとポルトガルの方が安定感がありそう。モロッコとイランは、近年の実績からいうとイランが上かとも思うが、この組み合わせを勝ち抜くのは厳しい。くじ運か悪かった。

グループC(フランス,ペルー,デンマーク,オーストラリア)
フランスが優位。他の三チームが二位争いにしのぎを削る展開だが、二位にどこが来るか、非常に予想が難しい。もしかしたら、グループリーグ白星ゼロでも勝ち抜けてしまうかも。

グループD(アルゼンチン,クロアチア,アイスランド,ナイジェリア)
実績、戦力からすればアルゼンチン優位も、最近は不安定。意外に足をすくわれる可能性も。ナイジェリアも力はあるが、ここも不安定。クロアチアは爆発力はないが、しぶとい。初出場のアイスランドだが、意外と活躍するかも。アイスランドが勝ち抜ける可能性も十分ある。

グループE(ブラジル,スイス,コスタリカ,セルビア)
グループCと同じような展開か。ブラジルの優位は動かない。二位の座を残りの三チームで争う構図。強いて言えばスイスがほんのわずかに優位か。でもコスタリカ、セルビアにもチャンスは十二分にある。

グループF(ドイツ,メキシコ,スウェーデン,韓国)
ここに来てやや精彩を欠くドイツだが、実績・安定度は抜群。グループリーグ敗退は考えにくい。残りの座をメキシコとスウェーデンで争う形か。安定度、しぶとさでほんのわずかにメキシコ優位と見る。韓国は厳しい。

グループG(ベルギー,イングランド,チュニジア,パナマ)
グループBと似た構図。ベルギーとイングランドが優位。久々のチュニジア、初出場のパナマが波乱を起こすのは想像しにくいが、スキがあるとすればイングランドか。

グループH(ポーランド,セネガル,コロンビア,日本)
名前だけで見ると、直近で四強以上の顕著な実績を残したチームはなく、ある意味最激戦のリーグ。だが、正直日本は厳しいだろう。コロンビアが若干優位。二位をポーランドとセネガルが争うか。

決勝トーナメントの予想は後日する予定。

一週間後にはW杯サッカーロシア大会が開幕する。
6大会連続6回目の出場となる日本代表。しかし今回は何だかずいぶんと日本国民のチームに対する期待値が低い。
開幕数か月前の監督解任・交代,親善試合は連戦連敗で一向に調子の上がらぬ代表チームの状況では,致し方ないか。

さて,果たして今回,日本代表チームの成績はどうなるか。
実は,初出場の1998年大会以来,
「その年の冬季オリンピックで金メダルを取ると,グループリーグ敗退,金メダルが取れないとグループリーグ突破・決勝トーナメント進出」というジンクスがある。
        冬季五輪金メダル数        W杯サッカー
1998年(長野)     5    (フランス) Gリーグ敗退(3敗)
2002年(ソルトレイク)  0 (日韓)   16強(2勝1分)
2006年(トリノ)    1    (ドイツ)  Gリーグ敗退(1分2敗)
2010年(バンクーバー) 0    (南アフリカ)16強(2勝1敗)
2014年(ソチ)     1    (ブラジル) Gリーグ敗退(1分2敗)

さて,今年の冬季オリンピック,平昌では日本は4つの金メダルを獲得している。もしジンクスどおりならば,Gリーグ敗退になる。
しかも,複数の金メダルとなると,最悪のグループリーグ3戦全敗となる。(何だか現段階ではもっともありえそうなシナリオではあるが・・・)
一方,偶数個の金メダルという視点で考えると(0も4も偶数),もしかしたら16強進出ということもありえる。

・・・もっとも,まだ過去5大会の成績だけで,この法則が成り立っているのは偶然なのだとは思うが,ちょっと気になる法則ではある。
もしもW杯サッカーで日本代表の勝ち上がりを期待する人は,冬季オリンピックはひたすら日本代表の選手が金メダルを取らないように祈らなければならない?!? 
 

このページのトップヘ