矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:バレンタイン

年齢は生きている限り増える一方だが、体重は、ある一定年齢までは上昇するが、それ以降は個人差が激しい。増える一方の人もいれば、落ち着く人、増減の激しい人様々だ。祖してこの世を去る前には減ることが多い。
思えば、赤ん坊は生まれるときは、未熟児でない限りは2〜4kg、その後は急激に増え、成人までには多くの健康な人は、女性から40kg以上、男性なら50kg以上になる。従って、生まれてからはしばらくは、年齢が体重を上回る状態が長く続く。
年齢(年単位)と体重(kg単位)が逆転するというのは、年齢が相当重なった状態ということであり、多くの人にとっては、自分自身が年を取ったという事実に気付かされることでもある。その意味では、あまり喜ばしいことでもないのか。若干の、肥満に悩む人にとっては、嬉しいことかもしれない。いや、そもそもそのような人の中には、体重と年齢が逆転する経験をすることなく、生涯を終える人も少なくない。

この間誕生日を迎えたばかりの妻に、「年齢と体重が逆転するとしたら、どんな気分なのだろう?」と聞いてみたら、「そんなこと考えたこともない!」と言われてみたので、このことについて考えてみた。確かに、特に女性にとってはあまり嬉しいことではないのかもしれない。最初の逆転は、年を取ったという意味であるし、そのあとまた逆転するとしたら、太ったという意味である。

「年齢と体重が逆転したときの気持ち」は、女性には特に聞いてはいけない。ヤブヘビにカエルを与える行為に等しい。バレンタインデーに心のこもったチョコレートを欲しいと思う男性は、女性にこの質問をしては絶対にいけない。

5
ブログネタ
「バレンタインデー」にチョコあげる?もらえそう? に参加中!
今日はバレンタインデー。
既に結婚し,かわいい盛りの1歳9ヶ月になろうとする娘がいる現在,(家族以外から)チョコレートがもらえるもらえないというのは,私にとって,もうどうでもよい事柄になっている。
今の自分にとって,異性に人気のある「男性」になることより,妻にとっての良き「夫」であること,娘にとっての良き「父」となることの方がはるかに関心がある。
既婚者の私が欲張って未婚の女性にもてようとして,実際万が一そのようになってしまったら,その分未婚の男性があぶれてしまい,彼らの不満がたまり,社会の秩序が脅かされてしまう。そのような社会で娘を育てたくはない。

チョコレートは数ではない。質であり,その裏に込められた心がいちばん大切だ。
いや,チョコレートでさえ本当はどうでもいい。
私にとっては,妻と娘の存在だけで充分だ。

・・・・といいながらもらった今日のバレンタインチョコレート,
妻よ,
娘用の貴重なうどんを間違えて食べてしまったり,
職場の差し入れ用のカフェオレの箱を誤って開けてしまう,
使えない夫に対して,こんなに心のこもったチョコレートを本当にありがとう!



5
本日はバレンタイン。学生時代は楽しみでもあり恐怖でもあったが、既婚者となってもう何年にもなった今は、特別な感情はなくなってしまった。でも、若い男性諸君の揺れる気持ちを思うと懐かしさをも感じる。

チョコレートも最近は、本命チョコ、義理チョコの他にも、女性同士でやり取りする「友チョコ」やら、自分自身にプレゼントする「自分チョコ」なるものが流行しているらしい。チョコレートの業者も、一年の売り上げのうち四分の一がバレンタインデー前後に集中するらしいから、あの手この手で消費を盛り上げようと大変そうだ。

私の勤める職場では虚礼廃止のため、義理チョコもなく、もらったのは妻からのみであった。でも、これでいいのだ。本当に愛する人からもらえるのであれば、数や値段は大したことではない。

本当に重要なのは、人を愛おしく思う気持ちであり、その気持ちに感謝することだと思う。意中の人に贈り物ができた人は、その気持ちを終生忘れないでいて欲しいし、意中の人から贈り物をいただいた人は、感謝の気持ちを相手に心をこめてして欲しい。他人を大切に思い、感謝することの積み重ねが、人間を成長させ、豊かにしていくのだと思う。

・・・と妻からいただいたチョコ片手にブログを打つ私であった。


VALENTINE CHOCOLATE

このページのトップヘ