矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:事故

ニュースというのは,往々にして悪い内容が多いものである。それは百も承知なのだが,昨今のニュースはその悪さの度合いが以前にも増してひどくなっていると感じるのは私だけだろうか。
悲しい事故・犯罪,一向になくならない戦争・テロ,国内外政治家の聞くに堪えない暴言・失言,不祥事,・・・
それらのニュースを見聞きするだけで病気になってしまいそうだ。
もっとも,これだけそのような報道が多いということは,裏を返せば,世界に起きている事実が誠実に報道されているという証拠ともいえる。本当に現実に起きている出来事が,何らかの見えない力が働いて何も報道されなかったり,あるいは歪められて真実とは異なる形で報道されるようになると,これはこれでもっと問題になるが。

それにしても,病気・事故・戦争・犯罪,・・・これらを,完璧に防ぐことは無理にしても,減らすことはできないものなのか。
物事には原因と結果が必ずある。原因を把握し,病気・事故・戦争・犯罪の原因となるものを根本からなくす(あるいは減らすようにする)ことと,発生した病気・事故・戦争・犯罪に対して,その刑罰を厳しくしたり発生した事象を軽減・緩和させることの2通りの対処方法がある。
最近の世界や国・社会の動きを見ていると,後者の対処療法的な行動の方が多く,前者の,そもそもの原因を追究し,根本原因をなくす動きが少ないように感じる。
これは,対処療法的な行動の方が即効性があり,また,経済理論から考えるに,その方が,いやな言い方をすれば「儲かる」からだろう。対処療法は,いくらでも考えることは出来,また人々の目前の欲求に対して即座に回答を提示しやすい。
一方,根本原因は,おおよそ元をたどれば一つであり,それを変えるのは人間が人間である限り,難しいのかもしれない。満たされることのない欲望,ゆがんだ感情,孤独,・・・・。それらを解消・軽減するためには何をしたらいいのか。人間の目に見えるものを用いても,限界があるのだろう。

・・・・果てることのない,満点の回答のない問いに対し,人間は考え続けていかねばならない。当座の暮らしを守りつつも。そうして春分後最初の満月の夜は更けていく。

あけましておめでとうございます。
今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて,今年,2017年は素数の年。
素数は,1とその数自身では割り切ることができない数。
数学の世界での素数は,いわば化学でいう原子のような存在といえる。
素数は2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31,・・・・と延々と不規則に現れる。
2017は,306番目の素数である。

素数の年となるのは2011年以来,6年ぶり。
21世紀に入ってからは3回目となる(2003,2011,2017)。

また,今年は平成29年でもある。そして,29も素数となる。
西暦,和暦とも素数となるのも,2011年(平成23年)以来,6年ぶり。
平成に入ってから,西暦,和暦とも素数となるのは4回目である。
(1993(平成5),1999(平成11),2011(平成23),2017(平成29))。
※ 西暦と和暦がともに素数となる年は,日本にとっては大きな出来事が起こりやすい年になっているのが若干気になるが。
1993年 非自民政権発足
1999年 東海村臨界事故
2011年 東日本大震災・福島第一原発事故

素数の年の干支は必ず,ウシ,ウサギ,ヒツジ,トリのいずれかである。
2の倍数か3の倍数となる他の干支では,素数となることはあり得ないからだ。
だから,素数の年生まれなのにネズミ年生まれとか,イヌ年生まれと言っている人は,嘘つきかアホかと考えて間違いない。
(ただし,ウシ,ウサギ,ヒツジ,トリ年生まれだからといって,素数の年の生まれとは限らないことは留意したい。)

そして,実は私もトリ年生まれの年男。そのことに気づき,複雑な気持ちで正月三が日を過ごしている真っ最中の一オジサンなのであった・・・・。

image

ブログネタ
福島第一原発 放射能 に参加中!
今日はあの「タイタニック号」が沈没してちょうど100年。
当時の最先端の技術を結集して製造された超大型客船が,処女航海で沈没し,約1500人もの犠牲者を出すとはそのとき,誰も想像だにしなかっただろう。
これだけの犠牲者が出た背景には,技術への過信と,そこからくる油断による救命設備の不備があったといわれている。この悲劇を教訓に,更なる造船技術の発展や安全思想の進化があり,同様の規模の船舶事故は起きてない。

一方,現代の日本。福島第一原子力発電所事故から400日あまり。
40年あまり前の時点での最先端の技術を結集して設立された発電所が,地震と津波で崩壊し,未だに無数の人間に不安を与え続けている。
これだけの影響を与えてしまった背景には,技術への過信と,そこからくる油断による安全装置の不備があったことは間違いない。この事故を教訓に,更なる原子力技術の発展や安全思想の進化・・・?同様の規模の原子力発電所事故は起こらない・・・?

「タイタニック号」は様々なストーリーがあり,八十余年後には大ヒット映画まで生ませた。
「福島第一原子力事故」は果たしてどのようなストーリーがあり,数十年後に大ヒット映画をもたらすことがあるのだろうか・・・?

昨日までのクリスマスモードの街の装いが,今日になると年末年始モードに一新。
一日違いでこうも変わるものだろうか。
同じ土地にいながら欧米から日本へ瞬間移動したような錯覚さえ覚える。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今週が終わればいよいよ今年も終わり。新年が明ける。
今年は世界も日本も本当に色々なことがあった。
今年の初め,「今年は全世界的・全国的大イベントというのが数少ない」などと言っていたが,とんでもない戯言であった。予定されていたイベントは確かに少なかったが,想定していない出来事が頻発した。
その一つ一つについては既に当ブログでその都度述べてきたので,ここでは敢えて述べない。
今年が終わったとしても,今年の出来事は来年以降へ大きく影響する物事ばかりである。
今年の重大ニュースのうち,今年の出来事として片づけられるものがほとんどない。
(地震・津波・原発事故・他天災・中東情勢・経済危機・朝鮮半島情勢・国政・・・・)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

11,23,この数字の含まれる年(和暦あるいは西暦)は,
地震と原発関連に関する何かが起きる年なのであろうか。

1923年   関東大震災
昭和23年  福井地震
平成11年  東海村JCO臨界事故

そして今年,2011年 平成23年 東日本大震災 福島第一原発事故

サンプルがあまりに少なく,これを持って一般化して厄年扱いするのはおかしいし,
単なる偶然であるとは思うが。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

年末年始休暇まで残り数日。今年はよくぞここまで,五日に一回のペースを守って
ブログの記事を書き続けてこられた。自分で自分を褒めたい。

それにしても,三連休中に階段で転倒して強打した右膝下が痛い・・・(T T)



 

1
ブログネタ
時事雑感 に参加中!
天窓割れ小6男児転落死=学校屋上で算数授業中−柵なし、12m下に、東京・杉並

私が小学校・中学校に通っていたときは,校舎の屋上には絶対登れなかった記憶があるのだが,今は先生が引率して登ることができるとは,時代は変わったものだ。

それにしても,この事故は不運としかいいようがない。天窓のメーカーだって,人が上に乗ることは想定していないだろうし,子どもの立場だと,丸っこく出っ張ったものの上に乗ってみたいという好奇心は持つだろうし,先生だって,何人もの児童を引率して,一人ひとりに注意はなかなか及ばないだろうし・・・。
事故の責任を特定の個人・組織に求めるのは酷すぎる。この件で学校や先生を責めていては,誰も小学校の教諭になりたがらないだろうし,教育を志す人が激減してしまう。
必要なのは,責任を追及することではなく,同様の事故が起きないように万全の対策をすることである。この男児も,学校や先生を責めるのは本望ではないはず。「同様の事故を起こさないようにして欲しい」というメッセージを残してこの世を去ったのだと思う。

(だからといって,過剰に危険を排除するようにしたり,学校内の管理を強化する方向へ走るのも,男児は望んでないはず。我々もこの事件でいたずらに騒がず,静かにしているのがいちばんいいのだと思う。)

このページのトップヘ