矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:今年の漢字

今日,今年の漢字が発表になった。
2004年以来14年ぶり2度目の「災」。

まぁ,ある程度は予想できた。西日本豪雨に北海道胆振東部地震,大阪北部地震に台風その他,いくつ自然災害に日本は見舞われたか。日本のみならず,世界各地であった。もっとも,自然災害は毎年どこでもあるものだが,例年以上に大規模なものが多かったように思う。
これは地球規模の気候変動によるものなのか。

しかし,2018年の漢字が「災」になったというのは,この年の個性を考える上では最適解ではないように思う。二位が「平」,三位が「終」とあるが,一年を通して(と今日時点で想定されている)
平成最後の年という意味では,二位,三位の漢字の方が,この年をより特徴付けるものに思う。
「平」は「平成最後」,「平昌冬季五輪」,南北首脳会談,米朝首脳会談開催で何とか「平和」を維持しようという動き,フィギュアスケートでは新星「紀平」選手が躍動。
「終」は,一時代の終わりを告げるかのように,西城秀樹が亡くなり,安室奈美恵が歌手引退。貴乃花親方もまさかの日本相撲協会から引退,角界から完全に去ってしまった。日産のゴーンCEO逮捕も一時代の終焉を感じる。

そもそも、今年の漢字を「一文字だけ」で表すこと自体、無理があろう。その一年を通じて人々が感じたことは個人によって違うし、また、1人の中でもその時点時点で思うこともそれぞれだ。今年は自然災害が多かったのは事実だが、それだけではない。中には今年恵まれた一年、幸せな一年だった人もそれなりにいるはずだ。なのに、今年の漢字が「災」では、そのような人々を冒涜することにならないかとふと思うものである。

※ 

このブログも今後のことを考えると,このまま継続してもいいものかどうかなかなか悩ましいところである。どうもこのところ書こうというエネルギーがなかなか持てなくなってきている。

時が過ぎるのも早いもので,今年2018年も残り四分の一。
気付けば,あと最長7ヶ月で平成時代も終わる。その意味では,今この一日一日が,平成時代最後の月日だということだ。より一層大事に日々過ごしたいものだ。

それにしても,今年は台風・水害・地震が例年になく多い。このままでいくと,今年の漢字は「災」で決まってしまうかのようだ。この「災」の字,14年前の2004年に一度選ばれている。もっとも,過去一度選ばれたからといって,選ばれないことはない。現に「金」は2000年,2012年,2016年の三回も選ばれている。

しかし,確かに天災,災害が多い一年とはいっても,この一年が充実した,幸せな一年,良かった一年という人も中には大勢いるだろう。その人にとって,この一年を表す漢字が「災」となってしまうのは,気分が良いものではないだろう。一文字だけ選ぶとなると,いろいろ都合がよくない人もいるのであれば,いっそ三,四文字の漢字を選び,その漢字で創作四字熟語を作った方が,その年の世相をより的確に表すような気もするが。

「災」以外の漢字であれば,私ならば「平」と「百」を挙げたい。
「平」は,今年が実質平成最後の一年であること,南北朝鮮首脳会談が現時点で今年2回開かれ,両国の平和への思いが共有されたこと。平昌冬季五輪。
「百」は,百年に一度級の災害が多発,今年が第一世界大戦終戦百年。明治百五十年。夏の全国高校野球が今年百回目の記念大会。秋田勢が百三年ぶりに決勝進出。

まだ今年も残り3か月。この間に強烈な出来事が起これば,今年の漢字もまた大きく変わってくることだろう。果たしてどのような漢字が選ばれるのだろうか。


昨日,今年の漢字が発表になった。
「北」だそうだ。おそらく,いや,確実に「北朝鮮」の「北」だろう。
いろいろ他にも「北」を選択したこじつけの理由はあるだろうが,「北朝鮮」以外はあまりにその根拠が弱すぎる。
しかし,確かに核実験他のいろいろな問題はあるが,「北朝鮮」が今年のトップの話題かというと,私は違うと思う。もしも北朝鮮が暴発して,米国と戦争になったりしたのであれば納得するが,まだそこまでには至ってない。「北」を選んでしまった人は,メディアの洗脳を受けすぎなのではないか。
一つのトピックだけでなく,一年を通じて複数の出来事に通じる一字を選ぶのが,「今年の漢字」の本来の趣旨なのではと思う。その意味では,私が上げたいのは「政」「不」「暴」の三字だ。理由は以下のとおり。
「政」は,都議選と衆議院選挙,それらにまつわる政治の動きの激しい一年だったため。
「不」は,どうも不可解で不透明な動きが内外で多かったことによるもの。
「暴」は,乱暴な国政運営,議員の暴言暴挙,最後は角界の暴力による不祥事。

・・・まぁ,だいたい,世相を一文字で表すこと自体に無理がある。せめて3文字程度選ぶべきではと思うのだが。毎年毎年似たような漢字ばかり選ばれたり上位に来て,変わり映えしない風景が延々と続く恐れがある。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
蛇足。
「北」は,よく見ると5画の漢字だ。5は素数。
「北朝鮮」の正式名称は「朝鮮民主主義人民共和国」,漢字11文字の国名だ。11は素数。
その意味では,「北」が選ばれたのは,素数の年,2017年,平成29年の今年にふさわしいことなのかもしれない。と無理やりこじつけて強引に自分を納得させる私であった。

IMG_20161212_195413昨日,今年の漢字が発表になった。
「金」
この字が選ばれたのは,2000年,2012年に続き,4年ぶり3回目。
過去に選ばれたのはいずれもオリンピックイヤー。
しかし,・・・・日本選手団が獲得した各大会の金メダル数を見ると,
2000 2004 2008 2012 2016
5個  16個  9個  7個 12個
2000年,2012年が特別多いわけではない。2016年は3大会ぶりの
二桁の金メダル数ではあったが,特別多いわけではない。
「金」が選ばれるべき年は2004年ではなかったのか。

一方,当の2004年に選ばれた今年の漢字は「災」。
中越地震があり,台風が多数来襲した年だったが,それならば
今年も4月に熊本地震があり,秋にも死者こそ出なかったが鳥取県中部で大きな地震があり,
東北や北海道に大きな台風が来襲している。むしろ今年こそ「災」の字がふさわしいのではないか。

もっとも,「金」は金メダルのことだけを指している訳ではないだろう。
今年に限っていえば「金(きん)」よりも「金(かね)」というイメージが強い一年だったようにも思う。
東京都知事が公金流用で,迷言を連発して任期半ばで辞任したり,東京五輪にかかる金額・経費が訳の分からないことになっていたり,やたらと「金(かね)」にまつわるすっきりしない話が多かったように思う。

・・・がそれにしても,今年は「金(かね)」以上に,歴史に残る重大な出来事,事件が多かったはず。
障害者施設襲撃事件,オバマ米大統領の広島訪問,天皇の退位問題,芸能・スポーツ界の薬物汚染問題,保育園不足の問題,高齢者の運転する自動車の交通事故多発,英国のEU離脱,米国大統領選,フィリピン大統領選,韓国大統領弾劾,・・・
これらをすべて俯瞰する象徴的な漢字は,「金」ではなく,もっと別にあるはずだと私は考えるのだが。

それらを凌駕するほど,今年は「金(かね)」にまつわる話題ばかりだったのか,あるいは,それほどリオデジャネイロオリンピックが盛り上がったのだろうか。

・・・といろいろ思ったが,この「今年の漢字」,投票者の年齢層と居住地の分析が必要かもしれない。小中学校で集団投票を行っているという話も聞いたことがある。子どもたちにとってみれば,オリンピックは確かに強烈なインパクトを持つかもしれない。また,九州地方の人にとってみれば,地震がオリンピック以上に大きな出来事だったろうし,広島市民にとっては広島カープの25年ぶりの優勝や,オバマ米大統領の広島訪問の方が強烈だったろうし,北海道の人々にとっては台風や水害の被害の方が深刻な問題だったろう。障害者やその家族にとっては,障害者施設襲撃事件が何よりも心に深い傷を負う事件だったろう。

今年の漢字のベストテンは上位から「金・選・変・震・驚・米・輪・不・倫・乱」だそうだ。この中から,私がもし選ぶとするならば,「驚・米・選」のうちのどれかか。とにかく,いい意味でも悪い意味でも,「驚」かされるニュースが特に多かった一年だった。特に,「米国」がらみのインパクトの大きい出来事が多かったように思う。国内外で「選挙」の多かった一年でもあった。

さて,来年はどのような字が「今年の漢字」として選ばれるのだろうか。来年のことをいうと鬼に笑われるが,4年後は何となくわかるような気がする。
オリンピックイヤーの漢字は「金」!間違いない!・・・(古)




気づけば今年も既に残り100日を切り,まもなく四分の三が過ぎようとしている。
参議院選挙やリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックなどのビッグイベントも終了し,残る大イベントもあるにしろ,大体大勢が見えてきたころでもある。

今の時点で考えうる「今年の漢字」候補を挙げてみる。まずは五つ挙げてみた。

「女」・・・初めて女性都知事が誕生し,野党第一党の党首も女性が就任。米国大統領選挙も女性候補が今のところ有力。

「障」・・・乙武氏の不祥事,相模原の障害者施設襲撃事件。パラリンピックの盛り上がり。24時間テレビなどによる障害者の扱い方への賛否両論の沸騰。

「広」・・・現職米国大統領の初めての広島訪問。広島東洋カープの25年ぶりのセ・リーグ優勝。広範囲に渡る地震・台風の被害

「天」・・・地震・台風・水害などの天災続き。今上天皇の生前退位の意向表明。

「三」・・・前都知事の「第三者の厳しい目」という迷言。参議院選挙での改憲勢力「三分の二」の攻防。

これらの内,今のところの最有力候補は「女」ではなかろうかと思う。米国大統領選挙の結果次第で決定的になると思う。
「障」も今年を象徴する漢字とは思うのだが,少々マイナスイメージの強いこの漢字を果たして多くの人が敢えて選ぶだろうかということを考えるとちょっと不利か。
「広」も有力だとは思うが,これはプロ野球クライマックスシリーズや日本シリーズの結果次第だろう。カープが日本一になってやっと「女」と同じ土俵に立てるかという感じか。(しかし「カープ女子」という表現もあるなぁ。)
「天」は,今年を象徴する漢字としてはややインパクトが現時点では弱いか。しかし,政局その他で何か突発的なことがあると,一気に最有力候補に上る可能性も秘めている。
「三」はここに来てやや影が薄くなってしまったか。個人的には「三」は強く推したいと考えているのだが。プロ野球日本シリーズが,ペナントレース三位同士の争いになったり,米国大統領選挙でまさかの第三の候補者が当選を果たしたりしない限りは厳しいか。

まだまだ「今年の漢字」選考レースは最終コーナーに入ったところで,この先の展開は不明。果たして11週間後に発表される「今年の漢字」は何か。注目したい。


昨日、「今年の漢字」が発表された。『安』だった。
この『安』という漢字、いい意味にも悪い意味にも取れる、非常に絶妙な選択だった。
やはり、あの一連の「安保法案」を念頭に選んだ人が多数だったと思われるが、それだけではない。テロや天災に対する「不安」、マンション偽装に対する住の「安全」に対する不信。裸っぽい芸人が「安心してください」といっても、なかなか「平安」な気分になれない世相である。
物事を「安易」に決めつけ、誤った認識・判断で人々を不快な気持ちにする人が後を絶たない。「安直」な考えでこの世界、この国、この社会を変な方向に導かないでほしい。このことは、苗字に「安」の字が入っているこの国の首相に特に強く願う。

このページのトップヘ