矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:元号

元号とは,もともとはその時代の権力者が,時をも支配するという意味で制定した制度であり,文字通りに捉えるならば,「その時の天皇の治世何年目か」という意味である。
しかし,明治時代以降,大正,昭和,平成の3代については,その時代の前の天皇が崩御,つまり亡くなった時点からの年を表すものとなっている。
つまり,大正10年ということは,「明治天皇崩御後10年目」
昭和20年ということは,「大正天皇崩御後20年目」
平成30年ということは,「昭和天皇崩御後30年目」
という意味でもある。
元号は,その点で,現時点の天皇と同時に,前の天皇によって支配されている時間ということも言える。
そう考えると,国歌とされている「君が代」,あの,よく言えば荘厳,あえて厳しい言い方をすれば重々しい雰囲気の音楽は,亡くなった天皇を偲ぶ葬送歌,といってもあながち間違いではないようにも感じる。
「君が代」は,世界各国の国歌と比較すると,その独特さに特別な美を感じる一方,決して気分が高揚する曲調ではないので,オリンピックの表彰式など,華々しく明るい場において「君が代」が流れると,何とも微妙な感じもするというのも正直なところである。

今回,平成の次の年号は,天皇の死を契機に代わるものではないので,大正以降初めて,「前の天皇の死によって支配される」ものではなくなる。日本が他国と戦争することもなく「平成」という時代が終わろうとしているのは本当に幸いなことである。「平成最後」という言葉が無邪気に使われるこの時,やや平和ボケの傾向も感じるものの,「平和ボケ」が許される時代であることの幸せもかみしめたいものである。

次回からは,平成時代を5年毎に振り返っていきたいものである。




平成も残り最長で一か月半。そして遅くともあと半月でいよいよ新元号が発表される。
・・・しかし,今回の譲位,今までの即位に伴う混乱を避けるために,今上天皇が国民のことを配慮して決断したはずなのに,新元号が判明するのがこの時期までずれ込んでしまうというのが納得できない。
また,今は日本国憲法,国民主権の時代である。ごく一部の人の密議で決めるのではなく,予め公募するなり,せめて有識者が前もって3〜5つの元号候補案を用意し,国民投票などで国民の意志を確認した上で,多くの国民が納得した元号を決める,という方法もあったと思う。一方的に,ごく一部の人の偏った考えで制定された元号など,ただでさえいろいろ使用に不便が言われているのに,これから国民が好き好んで使うのか,甚だ疑問だ。このままでは今後元号を使う日本人は激減していくのは間違いない。

さて,不毛ではあるが,新元号,いろいろ考えてみた。ちまたでは「平和」「和平」「安久」などと噂されているらしいが,個人的には,既に単語としてあるものは元号に採用すべきではないと思う。そして,多くの人が使いやすいよう,それぞれ10画未満で,小学生の間に習う漢字にすべきだろうと思う。
更に,もちろん漢字には前向きな意味,そしてできれば積極的な意味の込められた字を採用すべきだろう。
中国の古典を基にするのが基本らしいが,中国の古典文学に疎い私は,あえてそのルールは無視して,純粋に漢字の意味や響きだけで色々考えてみた。
「宇永」(うえい)世界が永く平和であるように。
「協歩」(きょうほ)ともに力を合わせて進んでいこう。
「立和」(りつわ)平和を作り出していこう
「合保」(ごうほ)心を合わせて世界を守ろう。
なんてどうだろうか。上記の漢字はいずれも画数10画未満で,前向きな,少なくとも悪い意味は含まれない漢字であるし,かつ,ローマ字にすると頭文字が「明治(M)」「大正(T)」「昭和(S)」「平成(H)」のいずれとも重ならない。そして、私の調べた限り、俗用されていないものた。
・・・個人的には,このローマ字は結構重要なポイントだとも思う。もっとも,もう明治生まれの人はかなり少数派になっており,ましてや明治一桁生まれの人はこの世に今存在していないので,マ行でも問題はないかとも思うが。
少なくとも,今回の改元に限っては,「安」の字が含まれた元号は採用されてほしくはない。理由はここではあえて述べない。




2018年11月も今日で終わり。そして,今年最後の一か月が明日から始まる。
一年を通して平成時代だった年としては,天皇陛下に万が一のことがない限り,今年が最後。
今年の夏以来,「平成最後の〜」というフレーズをちらほら聞くが,来月になるとこのフレーズをもっと頻繁に聞くことになるだろう。
来月23日の天皇誕生日は,平成最後となるし,この日が祝日になるのもこれで最後。

今考える。果たして「平成時代」とはどのような時代だったのか。
もちろん,人それぞれに感慨は違うだろう。が,日本社会全体としてはどうか。
どうも,「昭和の後片付け」に追われて終わってしまった時代だったように思う。その間,他国は発展・変化し,その変化に日本だけが何だか置いてけぼりを食ってしまったように感じる。
それは,経済発展の度合や国力・人口の増加具合を見れば明らかだろう。
かつては世界一物価が高く,米国をもしのぐのではと思われていた経済力は,今やGDPでは中国に抜かれ,国際社会におけるプレゼンスも低下傾向。
もっとも,国力が弱まった分,物価が相対的に安くなり,観光地としての魅力は増し(と共に周辺国の経済力が上がり),観光地としての地位は飛躍的に上がってはいるが。


中国韓国とは,まだ第二次世界大戦時の諸問題で揉め,北朝鮮とは拉致問題の解決ならず,ロシアとは北方領土の行方も今一つ不透明。本来過去に清算すべき事項をなぜ今まで引きずっているのか。相手国の問題もあるだろうが,それと同時あるいはそれ以上に,日本側の姿勢に問題があり,近隣国に
拭い難い精神的しこりをもたらしている部分もあるのではないか。

それより,本当に新しい元号,早く周知してほしいものだ。今年の大みそかの周知を希望するが,学校関係者の都合を考えるのであれば,せめて3月中には周知すべきだろう。明治以来の前例に不要に拘って,国民に無駄な不便さを強制するのは,皇室の方々の本位ではないだろう。この調子では元号離れ,皇室離れを加速してしまうということを,今の政府関係者は理解しているのだろうか。

2019年5月以降の元号の発表が、年内どころか、改元一ヶ月前になったとか。
カレンダーや手帳をつくる会社や、コンピュータシステムの技術者の都合を無視して、まったく勝手だ。たったの一ヶ月で、新しい元号に対応することがどれだけ大変なことか。「働き方改革」を謳う政府の方針と矛盾しないか。
年内の発表ができないというのは、まだ理解はする。今上天皇に万が一のことがあったら、改元のタイミングが一年早まるからだ。でも、年明け早々なら、改元年が一年ずれることはないので、まだ問題はないはず。学校年度の始まりにも合わせること可能だ。
そもそも、現段階で運転免許証を更新すると、「平成35年まで有効」などという、ありえない表記になる。もう、この際元号は一切やめにして、西暦に統一すべきだろう。

どうしても元号表記にこだわるのであれば、新元号発表前は以下のような表記にすれば良い。
【案1】新元号を示す漢字二文字、「新元」を仮の将来の元号として使う。
(例)2020年は、新元ニ年。
【案2】平成の後を示す漢字二文字、「後平」を仮の将来の元号として使う。
(例)2020年は、後平ニ年。
【案3】平成31年が新元号1年であることを利用し、「平三」を仮の将来の元号とする。この方法の利点は、「平成」の年数を2027年までは流用できることだ。
(例)2020年は、平三二年。

…まあ、今の、古臭い考えに凝り固まって、今の時代、この世に生きる人々に対する想像力に著しく欠ける、新しい物事を試す勇気も見識もない政府の面々が、私のアイデアを採用することはまずないだろうが。

今年も残り約半年。そして今上天皇の退位日と,皇太子の即位日も確定した。
2019年4月いっぱいで平成は終了。平成は最大でも31年で終了することになった。
が,この最大というのがミソである。今上天皇も今度の誕生日で御年84歳。
2019年4月末までに万が一亡くなった場合は,途中で改元,ということになる。
生命保険会社や厚生労働省の所有するデータを見ると,80代男性が,1年以内に亡くなる可能性は約10%。仮にその率を10%と固定し,試算すると,平成が
29年で終了       0.4%
30年で終了      10.0%
31年1〜4月の間に終了 3.5%
となる。2019年4月末まで平成が持つ可能性は,単純計算で86%となる。

さすがに今年中に突発的な事象が発生して平成が突然29年で終わってしまう可能性は,特に病を患っているという報道がない現時点ではほぼないだろうが,平成31年がない可能性は,実は10%あることは覚えておいた方がいいかもしれない。
もっとも,もしも2018年中に改元が起こるようなことになると,西暦と和暦の計算がますますややこしい事態となり,日本人の元号離れはますます加速することになるだろう。
(2019年であれば,新元号元年=平成31年であり,新元号と平成の差は30と区切り良く,また西暦下二けたとの差も18と偶数なため,まだわかりやすい。これが2018年だと,新元号と平成の差が29,西暦との差が17と中途半端な素数となり,混乱に拍車をかけること必須である。)

平成が32年以降まで続く可能性は0%になったというのが確定したのは,将来の見通しを立てる上では朗報だが。そういえば,私の運転免許は平成34年7月10日まで有効なのだが,この免許は永久に有効なのだろうか,それとも無効となってしまうのだろうか。

天皇陛下の譲位による改元日の候補が色々報道されている。
(そもそも,当初は9月から10月に決まるとかいう話だったはずが,なぜここまで遅くずれ込んだのか。そのことについても思うところは多々あるが,ここではとりあえず置いておく。)
候補は,今まで出されたものをすべて書き出す。
2018年12月31日譲位 2019年1月1日改元
2019年3月31日譲位  2019年4月1日改元
2019年4月30日譲位 2019年5月1日改元
当初は,△噺世錣譴討い燭里,,蝋勅執垰の日程の都合上困難で,△賄一地方選挙の事情で困難との話で,になりそうという情勢とか。
国民生活のことを本当に考えているのであれば,^奮阿冒択肢はないと思う。だいたい,同一年に複数の表記を許すということ自体,意味がないし,不便極まりない。そのような無意味さ,不便さを強いるのは果たしてどうなのか。譲位・即位の行事を簡素化するなり,あるいは諸行事を別の日にずらして譲位・即位の日はあくまでも年末・年始に行うということで十分ではないか。戦前も,大正天皇の誕生日祝いを当初の8月31日から10月31日にずらしたという前例もある。
百歩譲って△覆蕕泙世靴癲きはまったくの意味不明だ。選挙の都合というが,それは政治家の都合であって,政治家以外の国民にとっては意味がない。政治家の都合で年月表記が左右されるのは不愉快だし,更なる不便を呼び起こし,国民の元号離れをますます加速させ,最終的に皇室離れ,天皇・皇室制度の崩壊へとつながるだろう。
天皇のご不幸ではなく,前々から計画的に改元日を定められるこの機会の意味を改めて考えたい。
 き◆き0奮阿任△譴仍笋覆蕕海琉討鮟个靴燭ぁ
2018年12月23日譲位 2019年1月1日改元
2018年2月22日譲位 2019年2月23日改元
いずれも,天皇陛下あるいは皇太子殿下の誕生日に合わせた日程である。誕生日と譲位・即位の行事をまとめてすればよいのでは。そもそも天皇陛下のお仕事が多すぎることも課題になっているのであり,宮内庁が信念を持って真剣に行事の再構築をしていないことが問題であろう。
・・・「昭和」「平成」と,必要に応じ元号を用いてきた私であるが,今回の改元日の決めかたや決まった内容次第では,「平成」の次の元号使用を今後一切拒否しようかと考えているこの頃である。


このページのトップヘ