矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:原因

ニュースというのは,往々にして悪い内容が多いものである。それは百も承知なのだが,昨今のニュースはその悪さの度合いが以前にも増してひどくなっていると感じるのは私だけだろうか。
悲しい事故・犯罪,一向になくならない戦争・テロ,国内外政治家の聞くに堪えない暴言・失言,不祥事,・・・
それらのニュースを見聞きするだけで病気になってしまいそうだ。
もっとも,これだけそのような報道が多いということは,裏を返せば,世界に起きている事実が誠実に報道されているという証拠ともいえる。本当に現実に起きている出来事が,何らかの見えない力が働いて何も報道されなかったり,あるいは歪められて真実とは異なる形で報道されるようになると,これはこれでもっと問題になるが。

それにしても,病気・事故・戦争・犯罪,・・・これらを,完璧に防ぐことは無理にしても,減らすことはできないものなのか。
物事には原因と結果が必ずある。原因を把握し,病気・事故・戦争・犯罪の原因となるものを根本からなくす(あるいは減らすようにする)ことと,発生した病気・事故・戦争・犯罪に対して,その刑罰を厳しくしたり発生した事象を軽減・緩和させることの2通りの対処方法がある。
最近の世界や国・社会の動きを見ていると,後者の対処療法的な行動の方が多く,前者の,そもそもの原因を追究し,根本原因をなくす動きが少ないように感じる。
これは,対処療法的な行動の方が即効性があり,また,経済理論から考えるに,その方が,いやな言い方をすれば「儲かる」からだろう。対処療法は,いくらでも考えることは出来,また人々の目前の欲求に対して即座に回答を提示しやすい。
一方,根本原因は,おおよそ元をたどれば一つであり,それを変えるのは人間が人間である限り,難しいのかもしれない。満たされることのない欲望,ゆがんだ感情,孤独,・・・・。それらを解消・軽減するためには何をしたらいいのか。人間の目に見えるものを用いても,限界があるのだろう。

・・・・果てることのない,満点の回答のない問いに対し,人間は考え続けていかねばならない。当座の暮らしを守りつつも。そうして春分後最初の満月の夜は更けていく。

今日から12月。2015年,平成二十七年という年も残り1ヶ月を切った。
12月という月は,この一年を振り返る月でもあり,テレビなどの報道でも,一年を回顧する企画が目白押しである。
今年の漢字,今年の四字熟語,今年の世相などもいろいろ発表される時期でもある。
とはいっても,残りの1ヶ月で劇的な何かが起こるということもありうるので,まだ今時点で今年がこういう年だったと断定するのは早いのかもしれないが。

今年といえば,やはり戦後七十年という節目の年だったということは言える。
東京大空襲70年,沖縄戦70年,広島・長崎被爆70年,その苦難の歴史を経験したからこそ,勝ち得た今の平和と繁栄。この70年の歩みは正当に評価したいものである。どうも最近は,この歩みを不当に低く評価したり,戦前・戦中を何の反省もなく一方的に自画自賛したりする忌まわしい風潮が目立つのが非常に気に障る。冷静に,客観的に事実を把握した上で,中立的な立場で正確な状況判断をしたいものである。個人的な負の感情を増幅させて八つ当たりの材料として他国・外国に対する差別行動に出る人の姿を見るのは不快で見苦しい。
差別行動を平気で取る人は,自分が差別の対象になった時に抗議する権利・資格はない。そのことを分かっているのだろうか。

日本国外の,世界に目を向けると,年初のパリの報道者襲撃事件,そして記憶に新しいパリ同時多発テロが衝撃的であった。その背景には,シリア内戦を発端とした大量の難民のヨーロッパ大移動がある。
そもそも,なぜシリアがあのようになってしまったのか,難民や移民になりたくてなっている人はほとんどいない。難民や移民を発生させている原因を突き止め,それを解消する努力を全世界で協力して行わねばならないだろう。
世界が混乱しているのは,世界を牛耳っている権力者の世界観に問題があるのだろう。その本当の権力者が誰であるのか,彼らの世界観を改めるにはどうしたらいいのか。・・・・分からない。


このページのトップヘ