矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:国籍

女子テニスの大坂なおみ選手が,昨年の全米オープンに続いて全豪オープンも制した。そしてとうとう世界ランキング1位に輝いた。
日本人選手としては初の快挙で,連日メディアも大騒ぎ。
私も決勝の試合をTV生中継で見た。この試合がまた,白熱した好試合で,ラリーが長く続いたり,ブレークの応酬があったりと見応え十分で,テニスというスポーツを観戦する面白さを再認識したものだった。

ただ,一部報道には,彼女が果たして日本人選手なのか?という論調もあったりする。もともとはハイチ系米国人の父と,日本人の母の間のこどもであり,血筋だけで言えば100%の日本人ではないかもしれない。現在は日本国籍と米国の国籍の両方を持つ二重国籍者ということになる。

しかし,日本人を母親に持つ,日本人の血を引いていることは紛れもない事実であり,彼女自身も日本国籍を持っていることにプライドを持っているように感じられる。もっとも将来,もしも国籍を選択する場面に直面した場合,果たして彼女がどちらを選ぶのかは分からないが。

ただ,どちらを選ぶにしても,彼女の意思を尊重し,テニスに集中してもらいたいと思う。そして,「日本人だから応援する」とか「日本人しか応援しない」などという了見の狭いことをいわず,純粋に,一人の有能で魅力的なテニスプレーヤーを応援するという姿勢を持ちたいものである。
彼女は日本にルーツを持つだけでなく,ハイチにもルーツを持っている。彼女を通じて日本とハイチが一つになって彼女を応援するというのも美しい姿であろう。

また,彼女の存在がこれからの新しい日本の一つの姿を現しているのかもしれない。多様性を重んじる国に日本がこれから変わっていくのであれば,もしかしたら今までにないような時代が日本にやってくるかもしれない。それを楽しめるか,怖がるかは今の日本に生きる我々一人一人にかかっている。

そうこう言う間に,2010年代最後の1月も終わりを迎えようとしている。

ブログネタ
ロンドンオリンピック に参加中!
日本のお笑いタレントが,カンボジアの国籍を取得し,カンボジア代表のマラソン競技者として,約100日後に開幕するロンドンオリンピックに出場するとかしないとかという話がある。
彼がカンボジアの国籍を取得し,オリンピックを目指すという話は前から聞いていたが,いざ決定した(?)となると,とたんに批判する意見が世間に強く流れるようになった気がする。もっとも,カンボジア代表になれないのではという世論の予想に反し,実際に決定(?)してしまい,慌てて批判している面もあるのだろう。
私は,彼がマラソン競技に対しては真剣に臨んでいるとは思う。2時間30分台という記録は,並大抵の努力と才能で出せる記録ではない。しかし,オリンピックに対しては,言葉は悪いが不真面目な思いがあるように感じられる。競技の普及と五輪精神のために,多少記録が劣っていても特例で出場できる仕組を,単なる自己実現の手段として用い,本来出場すべきその国の選手の出場機会を結果的に奪ってしまうというのは,果たしていいのかどうかという思いがある。ただし,カンボジア代表として出場したことをきっかけに,カンボジアのために生きようという気持ちが芽生え,もしかしたらまったく別の新しい人生を歩むことになるかもしれない。現在は彼に対する批判が多いようだが,私はまだ評価を保留したい。(漏れ聞く話では,「オリンピック終了後は国籍を戻す」「現地の言葉・歴史には興味がない」などなど少々残念なものが多いが。)
しかし,彼のことにまつわる一連の騒動を通じて,オリンピックに出場するということは,並大抵の身体能力では出来ないということを感じさせてくれる。ましてや,メダルを取るなどということは,ものすごいことなのだ。もしかしたら,彼の功績は,そのことを改めて我々に自らの身と国籍を張って私達に示してくれたこと,そしてオリンピックに対する関心・興味をよりかきたててくれたことにあるのかもしれない。たとえ彼がオリンピックのメインスタジアムで雄姿を見せることがあってもなくても。

このページのトップヘ