矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:外国

横綱稀勢の里が引退してしまった。
横綱昇進後,最初の場所で二連覇を達成して以降,その場所での無理がたたり,あとは,休場を繰り返して,横綱としての力強い相撲を披露することができず,現在に至ってしまった。
横綱としての連敗記録や,直近の連続休場を見て批判する人もいるが,本人を責めるのはちょっとかわいそうだろう。
そもそも,横綱昇進時の経緯も,今思えばやや強引だったかもしれない。そして,久々の日本出身横綱として,本人に過剰な期待とプレッシャーをかけた周囲や一般ファンの姿勢も問われるべきかもしれない。偏狭なナショナリズムや外国人への差別意識の裏返しによる,日本出身力士に対する過剰なひいきの感情が,稀勢の里を追い詰め,力士生命を縮めてしまったような気がしてならない。それが私は非常に悔しく哀しい。
残る2横綱も,鶴竜は今場所再び休場してしまい,白鵬も全盛期に比べるとかなり力が落ちてきた。今年中に彼らも,少なくとも一人は引退してしまうような気がしてならない。そうしたら,その後を継ぐ看板力士はいったい誰になるのか。
長く隆盛を誇ったモンゴル出身力士だが,一時期に比べると勢いがなくなってきている。そもそも,外国から幕内力士を目指して入門する力士も減ってきているように思う。有力な外国出身力士の減少で,相撲の質が低下し,相撲そのものが日本から消えてしまう事態が現実味を帯びる日が近々来てしまうかもしれない。
何だか,今の相撲界を見ていると,日本社会の縮図を見ているような気がしてならない。日本を支えているのは日本人だけではなく,外国の人々のおかげでもあることを自覚し,彼らにもっと感謝すべきなのだ。

久しぶりに日本人の大関が誕生する大相撲だが、もしも外国人が今の角界に一人もいなかったら、どのような番付になっているのだろうか。現に幕内力士のおよそ半分が外国出身者で占められており、仮に彼らがごっそり抜けたとすると、随分寂しい番付になるに違いない。その分を下位の日本人力士を繰り上げて穴埋めしたとしても、相撲の質が下がり、別の問題で既に落ちている集客力がますます落ちるのではないかと思う。
ラグビーワールドカップに出場して1引分3敗の期待外れの成績に終わった日本代表チームだが、このチームにも、中心メンバーに外国出身者が名を連ねる。彼らがいなかったら、今大会はもっと悲惨な成績になって、ただでさえ冷めている日本のラグビー熱を壊滅的に凍らせてしまっただろう。
スポーツの世界だけではない。芸能界では、昔は主に米国、今は韓国の人々が席巻している。経済界も、外資系企業は既に当たり前の存在であり、職場には中国、韓国、インド出身者が同じフロアに当たり前に居る。
もはや外国人、外国出身者の存在なくして、今の日本の社会は成り立たない。これは好もうと好まざろうと事実であり現実である。この現実に即していない部分が今の日本の社会体制の中にあれば、積極的に直していく必要があると思う。さもないと、せっかく日本を支えてくれている外国人、外国出身者が居心地の悪い思いをし、他の国に逃げてしまい、今の日本の社会が崩れてしまうかもしれない。
経済的理由、あるいはその他の理由があるにしろ、多くの外国人、外国出身者が人生の活躍の場として日本という国、土地を選んでいることについては、日本国民の一人として嬉しい。彼らの勇気ある判断と働きに敬意を示し、彼らの出身地、出身国に対してより関心や興味を示し、相互の友情と親交を深めていきたいものだ。このことの積み重ねが平和を作り、真に豊かな世界、国を築くはずだ。

このページのトップヘ