矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:多様性

女子テニスの大坂なおみ選手が,昨年の全米オープンに続いて全豪オープンも制した。そしてとうとう世界ランキング1位に輝いた。
日本人選手としては初の快挙で,連日メディアも大騒ぎ。
私も決勝の試合をTV生中継で見た。この試合がまた,白熱した好試合で,ラリーが長く続いたり,ブレークの応酬があったりと見応え十分で,テニスというスポーツを観戦する面白さを再認識したものだった。

ただ,一部報道には,彼女が果たして日本人選手なのか?という論調もあったりする。もともとはハイチ系米国人の父と,日本人の母の間のこどもであり,血筋だけで言えば100%の日本人ではないかもしれない。現在は日本国籍と米国の国籍の両方を持つ二重国籍者ということになる。

しかし,日本人を母親に持つ,日本人の血を引いていることは紛れもない事実であり,彼女自身も日本国籍を持っていることにプライドを持っているように感じられる。もっとも将来,もしも国籍を選択する場面に直面した場合,果たして彼女がどちらを選ぶのかは分からないが。

ただ,どちらを選ぶにしても,彼女の意思を尊重し,テニスに集中してもらいたいと思う。そして,「日本人だから応援する」とか「日本人しか応援しない」などという了見の狭いことをいわず,純粋に,一人の有能で魅力的なテニスプレーヤーを応援するという姿勢を持ちたいものである。
彼女は日本にルーツを持つだけでなく,ハイチにもルーツを持っている。彼女を通じて日本とハイチが一つになって彼女を応援するというのも美しい姿であろう。

また,彼女の存在がこれからの新しい日本の一つの姿を現しているのかもしれない。多様性を重んじる国に日本がこれから変わっていくのであれば,もしかしたら今までにないような時代が日本にやってくるかもしれない。それを楽しめるか,怖がるかは今の日本に生きる我々一人一人にかかっている。

そうこう言う間に,2010年代最後の1月も終わりを迎えようとしている。

今日,大学時代の同窓会に参加した。
幸い,同窓会の幹事役を好んで引き受けていろいろやってくれる人がおり,その方の尽力で,5年に一度の頻度で同窓会を開いている。
今回集まったのは,同級生65名のうち,15名。出席率23%。
なお,残念ながら2名が亡くなっているので,参加可能な人に絞っていうと23%。
前回は25名集まっていた。それぞれ家族や仕事で責任が増え,なかなか参加が難しくなっている部分もあるだろうが,その中でこの参加率はなかなか優秀に思う。

お互いの近況報告を交換し,旧交を温める貴重なひとときであった。
仕事も地位も,家族形態もさまざまで,話をしていて非常に楽しかった。
学生時代はいろいろはちゃめちゃだった奴が,今では要職について部下や学生等を指導する立場についていたりしている様子を見ると,昔の姿とのギャップがおかしく笑ってしまう。
家族形態も,思ったより離婚経験者が多く,さまざまな修羅場を潜り抜けて,貴重な人生経験を踏んでいる人が結構いたことに改めて新鮮な驚きを覚えた。
こどもが就職や大学受験などを控え,その悩みを共有したり,あるいは大学や企業に勤めている人が,同窓生の子息の青田買いをしようとする様子なども,ほほえましい反面,今の時代のせちがらさも見え,少々切ない気分も味わった。

同窓生が,それぞれの人生を,いろいろ苦悩を抱えながらも,それでも前向きに歩んでいる様子をうかがえ,このところ様々な難題が一気に降りかかって苦悶していた自分にとっても,かけがえのない貴重なひと時となった。人生の多様性というのを改めて実感した。


image

今日は米国で,Sesame Streetが放映開始されてからちょうど45周年の日である。
45年前は,今年と同じカレンダー。人類がはじめて月面着陸した年であり,また,日本ではこの年の年末,ドラえもんが少年雑誌に連載開始した年でもある。

昔はNHKの教育テレビ(現Eテレ)で,英語教育用の番組として放映されており,その後二か国語放送になり,しばらくして日本版のセサミストリートとしてテレビ東京でも一時期放映されていた。が,今では地上波では放映されていないようだ。

教育テレビで放映されていたときには熱心に見ていたものだ。アーニーとバートあるいはクッキーモンスター,カーミットとグローバー,ビッグバードとオスカーあるいはスナッフィあるいはエルモといった,マペット同士のコントのようなやり取りが面白く,挿入されるアルファベットや数字のアニメや,パロディ混じりの寸劇に大笑いしたものだった。その中に,他人への思いやりや,多様性への寛容など,重要なテーマが込められており,楽しんでいろいろ学んだものだった。

いろいろな著作権関係の事情で,以前のような放映はできないのが非常に残念だ。が,この番組に幼少時育てられた人間としては,もう一度Sesame Streetのテレビ放映の復活を強く希望したい。当初の登場人物も高齢化し,あるいは亡くなっている人もいらっしゃるだろうし,マペットの「中の人」も交代しているだろうが,・・・。
You Tubeにアップロードされているかつての映像を見ると,懐かしさや他の様々な感情が混じり合い,つい目頭が熱くなってしまう私である。

このページのトップヘ