矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:大型連休

3月は年度末。何かと忙しい時期である。学校ではそろそろ春休みに入る頃でもある。
学校の入試も終わり。寒く厳しい冬から,桜のつぼみがほころび始める春へ。日本でいちばん美しい季節でもある。この時期に行われる卒業式・入学式の風景もまた絵になる。

しかし,4月に入って1ヶ月も経たないうちに,大型連休の季節に入る。特に今年は,天皇譲位・新天皇即位という例年にない行事がある影響で,まるまる10連休となる。
今年の新入学生や新社会人の「五月病」は,例年以上に深刻になるのではと今から危惧される。

そもそも,なぜ年度始まりが4月なのか。どうせ大型連休が4月末〜5月初旬にあるのであれば,これを機に一か月繰り下げて,年度始まりを5月にした方がよいのではないか。
3月は,昨今重症化する杉花粉症で苦しむ人も多い時期であり,このときに年度末というのは,社会人にとって心身厳しいものがある。

明治,大正,昭和,平成と4時代かけて,年度始まりは4月固定だった。この時代の代わり目を機会に,年度始まりを5月に変えるというのも良いのではと思うのだが。今年からというのは,もう法制化が間に合わないので,来年,2020年代からの実施を考えてもいいと思うのだが。

・・といっても,結局こんなアイディア,誰も見向きも検討もしないだろうが・・・・
平成時代も最長であと残り40日。

今日は「昭和の日」。
「みどりの日」から「昭和の日」に4月29日の祝日の名前が変わって今日でちょうど10回目。

そういえば,8年前のみどりの日に,このような文章を書いていた。

平成も既に28年目。あらゆる曜日の平年・うるう年が出そろい,すべてのカレンダーのパターンが出現した。
もっとも若い昭和生まれもいわゆるアラサーの年齢に突入している。「昭和」の日々が既に歴史の一ページになりつつあり,実体験として昭和の時代を生きた人々が徐々にこの世から減りつつある。

「昭和の日」の意味が本当に分かっている人がどんどん減っていく。そのうち,この「昭和の日」を見直そうという動きが近い将来出てくるかもしれない。そうなると,4月下旬から5月初旬の大型連休の姿も変わってくる可能性がある。

本来であれば,各自が自由に休みを定めて,交代で休暇を取りやすく出来るよう,社会や学校の仕組みを変えるべきなのだろう。国家が日を決めて一斉に休ませるような体制は,昔はともかく,社会の仕組み・価値観・産業構造の変わった今の時代にはそぐわないのではないか。



私にとっては、今日から大型連休。
しかし、何かとあわただしい。
一応、連休の間の計画はある程度は立ててはいたものの、結構細切れのスケジュールで、腰を落ち着けてゆっくり心身をリフレッシュしたり、じっくり考えたりする余裕がない。

連休の間の過ごし方も、普段の仕事並みに、いや、仕事以上に、前々から下調べしたり段取りよく準備しないと、充実した時間を味わうのは難しい。とにかく、普段から、考える時間をきちんと確保し、ものごとに真摯に向き合い、深く見聞きする姿勢を持っていないと、日常の雑事に流されて大事なものごとを見失ったり、間違った判断をしがちになる。気を付けたい。
image

昨日で大型連休も終わり、今日から再び普段の生活が始まる。
大型連休の総括を今回のブログで書こうと思ったが,疲れからか頭痛を覚えているので,
ちょっと今回は休もうかと思っている。

母方祖母の五周忌やら,雨の中の2泊3日那須旅行やら,妻の実家訪問やらイベントは盛り沢山で,感じたこと考えたことを書きたかったのだが・・・・。

回復次第再開します。遅くとも5月11日には復活予定です。

ブログネタ
★★今日は何の日?★★ に参加中!
今日は「昭和の日」。
思えば昭和の時代も20年以上前の昔話になりつつある。

ふと,財布の中にある硬貨を全部出してみた。
そして,「昭和」の時代に作製されたものと「平成」になって作製されたものに分けてみた。

RIMG1608


「昭和」組は6枚,総額230円。「平成」組は3枚,総額610円。
枚数は「昭和」の勝ち。金額は「平成」の勝ち,って何ひとりで遊んでいるのだ,私は。

この硬貨9枚の平均年齢は26.4歳。最年長は50円玉の42歳。
たまたま今の私の財布にはなかったが,探せば昭和30年代に作製された硬貨もあるだろう。
となると,ほぼ50歳ぐらいの年齢の硬貨ということになる。
20年以上前の,私が中高生のころ,4,50年前に造られた、つまり昭和20年代の硬貨はほとんど目にすることはなかったような記憶がある。
人間のみならず,硬貨も高齢化が進んでいるのだろうか。
・・・いや,これは金属の精錬技術が進歩し,長持ちするようになったと前向きに理解するのが正しいのだろう。

いずれこの硬貨達も私の財布から去り,また新たな硬貨が私の財布にやってくる。
昨日から大型連休入り。硬貨達の人から人への旅は続き,多くの人間達も出かける季節となってきた。
まもなく2012年5月。新しい月が始まろうとしている。

今日で大型連休(いわゆるゴールデンウィーク)も終わり。勤め人の多くが明日から職場へ復帰することになるのだろうか。
しかし、デパートの売り子、ホテルや旅館の人々、レストラン勤務の人、遊園地で勤務する人、演劇の役者達などは大型連休中こそが稼ぎ時であって、初夏の陽気の中汗水たらして働いている人も多い。
実際大型連休といって、カレンダーどおりに休んでいる人というのは日本の労働者人口のうち何%ぐらいなのだろうかと疑問に思ってしまう。
テレビなどのニュースでは、あたかも全国民が連休を楽しんでいるかの錯覚に陥ってしまうが。
幸い私は連休をカレンダーどおり(正確に言えばプラスアルファであるが)休み、十分堪能することができたが、その裏には、列車やバスの運転手、食堂の調理師、土産屋の売り子さん他多くの人々の働きがあったことは覚えておきたい。彼らには感謝し、しかるべき休養の時間を取って英気を養っていただきたいものである。

日本が大型連休に入っている間も世界は動いている。中国からは胡錦濤主席が来日し、米国では民主党の予備選が行われている。マネー市場も不穏な動きを見せている。休みから早く目を覚まさないといけない。

このページのトップヘ