矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:大学

今日,大学時代の同窓会に参加した。
幸い,同窓会の幹事役を好んで引き受けていろいろやってくれる人がおり,その方の尽力で,5年に一度の頻度で同窓会を開いている。
今回集まったのは,同級生65名のうち,15名。出席率23%。
なお,残念ながら2名が亡くなっているので,参加可能な人に絞っていうと23%。
前回は25名集まっていた。それぞれ家族や仕事で責任が増え,なかなか参加が難しくなっている部分もあるだろうが,その中でこの参加率はなかなか優秀に思う。

お互いの近況報告を交換し,旧交を温める貴重なひとときであった。
仕事も地位も,家族形態もさまざまで,話をしていて非常に楽しかった。
学生時代はいろいろはちゃめちゃだった奴が,今では要職について部下や学生等を指導する立場についていたりしている様子を見ると,昔の姿とのギャップがおかしく笑ってしまう。
家族形態も,思ったより離婚経験者が多く,さまざまな修羅場を潜り抜けて,貴重な人生経験を踏んでいる人が結構いたことに改めて新鮮な驚きを覚えた。
こどもが就職や大学受験などを控え,その悩みを共有したり,あるいは大学や企業に勤めている人が,同窓生の子息の青田買いをしようとする様子なども,ほほえましい反面,今の時代のせちがらさも見え,少々切ない気分も味わった。

同窓生が,それぞれの人生を,いろいろ苦悩を抱えながらも,それでも前向きに歩んでいる様子をうかがえ,このところ様々な難題が一気に降りかかって苦悶していた自分にとっても,かけがえのない貴重なひと時となった。人生の多様性というのを改めて実感した。


ブログネタ
ニュースひとりごと に参加中!
先週,東京大学が数年後に秋入学制度の全面導入を視野に本格検討を始めるというニュースが流れた。
国外の留学生への配慮と,学内学生の留学を後押しするためらしい。

東京大学だけのことを考えれば秋入学制度は利点が大きいと思う。国外の有力大学との交換留学はやりやすくなるだろうし,その結果,国外から優秀な学生や教授が集まり,大学のブランドをある程度向上させる効果はあるだろう。というよりは,低下に歯止めをかける効果といった方が表現は適切なのか。

日本国内の他の大学にとっては,有利不利の度合いは不明だ。既に独自に秋入学制度を部分的に導入している一部の私立大学には,ほとんど影響はないと思うが,東京大以外の国公立大学が,どれだけ東京大学に追随して秋入学制度に踏み切るのだろうか。

より大きな影響を受けるのは大学の入口と出口の外側,高校以下の学校と,官財界であろう。今の学校年度は,4月始まり,3月終わりで固定されているし,会計年度も同様に法律で4月始まり,3月終わりである。秋入学制度となったらどうしても6ヶ月のギャップが生じてしまう。このギャップをどうするかは検討が必要であろう。どこの学校・企業・団体にも所属せず宙ぶらりんの状態にしてしまうのであろうか。もしそうだとしたらその間の健康保険・年金などの扱いはどうなるのか。・・・その他にも考えなければならないことは山積みである。

むしろこれを契機に,日本の会計年度,学校年度を秋始まり,例えば10月始まりにするという手もある。そうすれば6ヶ月のギャップは解消する。いつか意図的に限定的に会計年度を18ヶ月制にしてしまえばよい。過去,明治期の財政混乱時や太平洋戦争時には,会計年度を12ヶ月にこだわらずに設定していたこともあるらしいから,できない話ではない。国の財政が苦しいことになっている今こそ,どこかで年度始まりを変えてしまうチャンスなのではないかと思うが・・・・。



通勤電車の中吊り広告に、いわゆる有名大学の合格者数高校別ランクの文字が踊る季節となった。もっとも、そのような文字を見せられる側はとても踊る気分にはなれないが。電車内を見渡せば、予備校や塾の広告も目立つ。
今年の傾向としては,都会の有名私立高校が振るわず,地方の公立高校が健闘しているようだ。有名私立の中高一貫校に入るために幼少から無理な努力をして,疲れてしまっている人が多いのだろうか。それとも,彼らは日本の大学など見向きもせず,海外の大学に直接留学したりしているのだろうか。
それにしてもである。大学の合格者数リストが記事として売れる国というのは果たして健全なのだろうか。別にどの学校がどの大学に何人入ろうと,どうでもいいような気もする。しかし,学校側の立場で考えれば,いわゆる有名大学への進学実績が学校の宣伝になるし,いろいろ施策を打った結果が世間に幅広く伝わってほしいという気持ちも分からないではない。
突き詰めていえば,私たちは学校に何を求めているのだろうかということになるのだと思う。世間で名の通った大学に入ったり,あるいはスポーツなどで名をあげることで,将来の経済的安定を得るために,学校を選んでいる人が多いのかもしれない。でも,学校ってそれだけの存在なのだろうか。
特定の学校に入るのを助けるための仕事に携わっている人材を,もっと別の分野で有用活用できないものかと思う。彼らは本来の教育の分野でもっと活躍の場を与えられる人たちなのではないかと思う。それなのに,無駄な競争を将来を担う子供たちに強いさせるような仕事を彼らにさせているのは,もったいないを通り越して,害毒だと思う。
低迷を続ける日本経済,不毛な争いを続ける日本政治,・・・合格者数高校別ランクの向こう側に見える日本の現在の実態に憂鬱になってしまう2009年春であった。

このページのトップヘ