矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:大相撲

横綱稀勢の里が引退してしまった。
横綱昇進後,最初の場所で二連覇を達成して以降,その場所での無理がたたり,あとは,休場を繰り返して,横綱としての力強い相撲を披露することができず,現在に至ってしまった。
横綱としての連敗記録や,直近の連続休場を見て批判する人もいるが,本人を責めるのはちょっとかわいそうだろう。
そもそも,横綱昇進時の経緯も,今思えばやや強引だったかもしれない。そして,久々の日本出身横綱として,本人に過剰な期待とプレッシャーをかけた周囲や一般ファンの姿勢も問われるべきかもしれない。偏狭なナショナリズムや外国人への差別意識の裏返しによる,日本出身力士に対する過剰なひいきの感情が,稀勢の里を追い詰め,力士生命を縮めてしまったような気がしてならない。それが私は非常に悔しく哀しい。
残る2横綱も,鶴竜は今場所再び休場してしまい,白鵬も全盛期に比べるとかなり力が落ちてきた。今年中に彼らも,少なくとも一人は引退してしまうような気がしてならない。そうしたら,その後を継ぐ看板力士はいったい誰になるのか。
長く隆盛を誇ったモンゴル出身力士だが,一時期に比べると勢いがなくなってきている。そもそも,外国から幕内力士を目指して入門する力士も減ってきているように思う。有力な外国出身力士の減少で,相撲の質が低下し,相撲そのものが日本から消えてしまう事態が現実味を帯びる日が近々来てしまうかもしれない。
何だか,今の相撲界を見ていると,日本社会の縮図を見ているような気がしてならない。日本を支えているのは日本人だけではなく,外国の人々のおかげでもあることを自覚し,彼らにもっと感謝すべきなのだ。

大関稀勢の里がやっと初めての幕内優勝を飾った。
ここのところの安定した成績に加え、千秋楽に横綱白鵬を破ったことで、横綱になるのは間違いないだろう。今場所に限ってはライバル力士の休場やケガによる不調という幸運があったものの、私も横綱昇進については問題ないと思う。昨年に続き、日本出身の優勝力士が誕生し、年初の私の予想が当たり嬉しい。 

20年前に比べると本当に相撲の世界はグローバル化が進んだ。外国人力士、外国出身力士の割合が増えた。10年間は外国人力士、外国出身力士が優勝し続け、日本出身の横綱も10年以上不在だった。外国人力士、外国出身力士の活躍は色彩豊かで見ていて楽しい反面、自国出身力士の目覚ましい活躍が長い間あまり見られなかったのは寂しい気持ちもあった。

今後は、せめて横綱・大関陣の一角はimage
日本出身力士が占め、常に外国出身力士と日本出身力士が激しい優勝争いを繰り広げていって欲しいものだ。そのことにより、相撲界が国内外から更に注目や関心を集めていってほしい。それが,相撲を通じての日本のソフトパワーの貴重でかつ力強い発信になると思うからだ。

開催が危ぶまれていた名古屋場所も昨日、白鵬の3場所連続全勝優勝で幕を閉じた。場所中も親方の不動産取引や会食に暴力団が絡んでいたとかいないとかという報道があり、協会の姿勢や開催の是非が一部問われたが、私は開催して取りあえずは良かったと思う。暴力団とは無関係な親方、力士も多数おり、また大相撲によって生計を立てている様々な業者の方々も大勢いる。その人たちまで連帯責任を負わせるのは酷だろうと思う。とはいっても、一連の不祥事へのペナルティーは、繰り返し発覚する不祥事の内容、頻度から考えると必要であり、生中継中止というのは最良に近い判断だったと思う。
秋場所以降がどうなるか、現段階では不透明だが、協会の改革の道筋が明確となるまでは、開催は上記の理由から続行すべきも、生中継中止は継続すべきだろうと思う。一朝一夕には改革はできないだろうから、年内は生中継はやめて、その分じっくり腰を落ち着けて、改革に邁進すべきだろうと思う。
…しかし、今回の一連の騒ぎは、日本相撲協会の内部の問題と傍観できるものではないども思う。今の日本社会の暗部の縮図が日本相撲協会に反映されているようにも感じる。不祥事の隠蔽、身内に甘い処分、内輪だけで通用するルール、外部の意見を拒絶する閉鎖社会、弱者には威圧的で権力者・強者にはからしき弱く従順。…
日本相撲協会のみならず、日本社会、そしてこの社会を構成する我々ひとりひとりが、自分たちの生き方、あり方、判断規準を見直すよう、今問われているのかもしれない。

ブログネタ
徒然なるままに・・・ に参加中!
ワールドカップ南アフリカ大会もいよいよ決勝戦を残すのみ。優勝未経験国同士の対戦、どのようなゲームになるか楽しみである。ゲームそのものも楽しみではあるが、オランダ、スペイン両国の盛り上がり様を見るのも、そして噂のタコの周辺の盛り上がり様を見るのも楽しみだ。世界がボールの行方に一喜一憂できるというのは平和で微笑ましい風景だ。これからも4年毎にこのようなシーンが見られる世界であり続けて欲しい。
決勝戦後に、今大会の総括について別途書く予定である。

大相撲名古屋場所が始まったものの,生中継がないというのはどうも変な感じである。あれだけの不祥事を重ねた後だから,懲戒としての生中継中止という判断は間違ってはないと思う。しかし,この決断がなされた後に一般視聴者からクレームが相次いだというのはこれもまた変な話だ。いったん決まった後に文句を言うのであれば,なぜそうなる前に意見しなかったのかと思う。今回の件に限らず,身の回りでは,物事が決まる前に意見できるときに何も言わず,いざ決まってからあれこれケチをつける人がいかに多いことか。・・・もっとも,いちばん悪いのはこのような事態を招いた日本相撲協会自体ではあるが。
しかし,これだけいろいろ不祥事が重なるといったい何が根本的に悪いのか外部の人間には訳がわからなくなってきている。相撲協会に所属する人間が皆悪いわけではなく,真摯に相撲に打ち込んでいる力士・親方もいるだろうし,相撲ならでの美しい伝統・風習・文化もあるだろうに,それまでもが一緒くたに批判・非難されてしまう今の風潮からは一歩距離を置きたいものだ。

参院選も投票が終わり,開票が進んでいる。与党側がかなり苦戦しているようだ。確かに政権交代後の,特に普天間基地問題や,選挙戦に入ってからの消費税論議における立ち回りの拙さは残念ではあるが,政権交代後まだ1年もたっておらず,少々メディアも国民も結果を早急に求めすぎではないかと思う。成果・結果が表面するまでにはそれ相応の時間・手間がかかるものである。コンビニエンスストアにいってすぐ希望する商品が手に入るかのごとく政治に即効性を求めるのは幼稚だと思うし,たとえそれで希望の商品が入ったところで,それはすぐ不要となったり,本当に求めているものではないと後で分かったりするのではないか。多少の不便は覚悟の上で,より大きな果実を将来,それも中長期的に得続けるために,今は我慢のときではないかと思う。と今さらいったところで参院選の結果は変わらないのだが。

2
ブログネタ
大相撲 に参加中!
進退をかけた朝青龍が初場所優勝。そのこと自体は讃えたいが,今場所に関するメディアの報道姿勢には疑問が残る。

今まで彼の素行や態度を批判していたメディアが,引退の可能性が高い今場所前には,彼を擁護・応援するような基調の報道が多かった。そして場所が始まると,連日朝青龍が相撲の話題の中心で,相撲の本質とは外れたところで妙な盛り上がりを見せていた。

確かに今までに蓄積された優勝20回以上の実績と勝負への人並み外れた厳しいこだわり,その姿勢から醸し出される強烈な個性は今の角界には唯一無比な存在なのだろうとは思う。しかし,彼だけに寄りかかった報道,しかも相撲の本質とは無関係な報道は,相撲ファンを誤った方向へ誘導するのではないだろうか。その結果,国技といわれつづけた相撲の地位を低下させ,日本の貴重な固有財産を失うことになるのではないか。

相撲のみならず,他のスポーツや,文化・学問・政治・経済すべてに関しての報道が,我々一般視聴者の一時的な興味を引くことだけに重点が置かれていてるような気がする。そして我々一般視聴者も,単なる情報の消費者という地位に甘んじ,得られた情報を吟味し,自らの手で探究したり考察したりする姿勢がなさすぎるような気がする。
もっとも,すべてのことにいちいち首を突っ込んでいるほど我々は余裕はないが,少なくとも自分の関心のあること,自分が携わることができる分野のことに関しては,当事者意識を以て情報収集にあたり,自分なりの分析・考察をする習慣は付けるべきではないかと思う。

正直,大相撲の結果がどうであれ私自身の生活には影響はほとんどないのであるが,無責任に関心をあおるメディア,そしてなぜか急に熱心に朝青龍を応援し出した一部の相撲ファンの姿に,いいようのない違和感を感じた昨日であった。

次回更新は1月31日(土)予定。

ブログネタ
大相撲 に参加中!
大麻疑惑で揺れて,一時期開催中止かと思われた秋場所も,何とか今日が初日。
本来であれば誰が今場所優勝するのか,今場所旋風を起こすのは誰か,新勢力となる力士が台頭するのか,など,現役力士の活躍を予想する記事が出るべきなのだが,大麻疑惑やら,外国人力士の処遇だとか,理事長職の在り方だとか,土俵外の話題ばかりが先行している。
確かにこれらの問題も解決すべき問題であるのは事実だが,本筋とは外れた話題であり,そのことばかりにこだわって報道するのは違うのではないかと思う。そのような報道ばかりされては,現役力士は土俵内での勝負に力が入らないだろう。もっとも,そういう状態にさせてしまった相撲協会の幹部の責任が重大なのは言うまでもないのだが。
でも,土俵外の話題,理事長の話題が現役力士の話以上に報道されることは,視聴者の高齢化に対応している,といういい方もできるかもしれない。団塊の世代や団塊ジュニア世代にとって,現役力士よりも,今は理事となっていたり親方となっている力士の方が馴染みがあるというのも事実であるし,そのニーズに従って報道する方が注目を集めやすいという理由もあるだろう。その理由はわかるが,だからといってこのような報道姿勢は長期的に考えると決してよくはないと思う。目前の話題ばかりを追って,本来あるべき理想像を持って,しかるべきときに評価・批判をしないメディアはやがて世間から用なしとされてしまうと思う。

最後に,今場所の優勝予想・・・白鵬60%,朝青龍20%,琴欧洲10%,その他力士10%。
日本人力士の優勝は今場所も厳しい。白鵬の充実ぶりが際立つが,時にポカをする分,万全とはいえない。朝青龍は調子今一つ,勝負へのこだわりは随一も全盛期はあきらかに過ぎ,衰えさえ感じさせる。

蛇足:今日たまたま昼に衛星放送で三段目の相撲を見たが,・・・・真面目に相撲を取ってない力士がちらほらいたような気がする。衛星放送とはいえ,全国放送されているのだし,負けてもいいから気持ちのこもった取組をしてほしい。

このページのトップヘ