矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:大統領選

あと一か月でいよいよ平成時代も終わり。この一か月は,5年毎に平成時代を振り返っていきたい。
【平成元年(1989年)】
昭和天皇が崩御し,元号が「平成」になった。4月にはじめて消費税が導入され3%の税率がかかるように。中国では天安門事件が起こり,ベルリンの壁が崩壊,ルーマニアのチャウシェスク独裁政権が崩壊し,共産主義体制がドミノ倒しのように崩壊し始める。
漫画家手塚治虫氏死去,歌手美空ひばり死去,実業家松下幸之助氏死去。
【平成二年(1990年)】
バブル崩壊が始まる。イラクがクウェートにいきなり侵攻。国際的緊張高まる。ドイツが再統一。
礼宮・紀子さまご結婚,秋篠宮家創設。
【平成三年(1991年)】
湾岸戦争勃発。バルト三国がソビエト連邦から脱退・独立。そのままこの年の末にソビエト連邦が崩壊。
雲仙普賢岳噴火。
【平成四年(1992年)】
アルベールビル冬季五輪で,日本選手が札幌大会以来初の金メダル。バルセロナオリンピック開催。
新幹線のぞみデビュー。山形新幹線開通。米国大統領選でクリントン氏勝利,12年ぶり民主党政権,ブッシュ再選ならず。
毛利衛氏,日本人初のスペースシャトル搭乗。
【平成五年(1993年)】
皇太子夫妻ご結婚。
日本でプロサッカーリーグJリーグ発足。自民党下野,非自民連立政権発足。
冷夏でコメ大凶作,タイ等からコメ緊急輸入。

・・・いろいろありました。


本来であれば,米国の大統領選挙について書こうと思っていたが,想定外の結果となり,民主党の候補者選びは当分続きそうなので,予定を変えて別のことを書こうと思う。

通勤電車で時々見かけるのだが,明らかに昔の新聞を読んでいる男性を結構な頻度で見かける。今日も,「元時津風親方逮捕」という見出しの新聞を読んでいる男性を朝の湘南新宿ライン下り車内で見た。確か一ヶ月前の新聞だと思うが。

別にいつの新聞を読もうが個人の自由なのでどうでもいいといえばそのとおりなのだが,でも何の目的で一ヶ月も前の新聞を読んでいるのであろうか。通常,その日に発行された新聞を読むものだと思っていたのだが・・・それともタイミングをずらして読むのが流行っているのか???でも,だいたい時期はずれの新聞を読んでいる人は明らかに外見は50代以上の男性ばかりで,流行を追っているようには見えない。
しかも,一週間以上の時期はずれの新聞にしてはずいぶん紙が新しく見えるのがまた不思議。謎は深まるばかり。

もしかしたら,過去からタイムマシンに乗ってやってきた時空を超えた旅人なのか???3ヶ月後に,「ヒラリー氏巻き返し,大統領選踏みとどまる。」という見出しの新聞を読んでいる男性を通勤電車の車内で見かけることになるのだろうか???

このページのトップヘ