矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:天皇

元号とは,もともとはその時代の権力者が,時をも支配するという意味で制定した制度であり,文字通りに捉えるならば,「その時の天皇の治世何年目か」という意味である。
しかし,明治時代以降,大正,昭和,平成の3代については,その時代の前の天皇が崩御,つまり亡くなった時点からの年を表すものとなっている。
つまり,大正10年ということは,「明治天皇崩御後10年目」
昭和20年ということは,「大正天皇崩御後20年目」
平成30年ということは,「昭和天皇崩御後30年目」
という意味でもある。
元号は,その点で,現時点の天皇と同時に,前の天皇によって支配されている時間ということも言える。
そう考えると,国歌とされている「君が代」,あの,よく言えば荘厳,あえて厳しい言い方をすれば重々しい雰囲気の音楽は,亡くなった天皇を偲ぶ葬送歌,といってもあながち間違いではないようにも感じる。
「君が代」は,世界各国の国歌と比較すると,その独特さに特別な美を感じる一方,決して気分が高揚する曲調ではないので,オリンピックの表彰式など,華々しく明るい場において「君が代」が流れると,何とも微妙な感じもするというのも正直なところである。

今回,平成の次の年号は,天皇の死を契機に代わるものではないので,大正以降初めて,「前の天皇の死によって支配される」ものではなくなる。日本が他国と戦争することもなく「平成」という時代が終わろうとしているのは本当に幸いなことである。「平成最後」という言葉が無邪気に使われるこの時,やや平和ボケの傾向も感じるものの,「平和ボケ」が許される時代であることの幸せもかみしめたいものである。

次回からは,平成時代を5年毎に振り返っていきたいものである。




現政権の不祥事が燻り,国内外で不遜な動き多い中,まさかの内親王婚約の報道には驚いた。
このタイミングで発表する必要はないのでは,と個人的には思うのだが,マスコミの見識はどうなのだろうか。非常に重要な法案の審議が続いているなか,半ば目くらましのような報道のされ方をされるのは,皇室の方々に対して非常に失礼だ。

・・・という思いはさておき,個人的には今回の婚約報道には感慨深いものがある。ほぼ同世代(正しくは若干上だが)の方が,皇室に嫁ぐという報道を聞いたときには,驚いたと同時に,一般の人が皇室という別世界へ行ってしまうことにどことない寂寥感も感じた。あれから27〜8年,ある意味,形・姿を変えて皇室から我々のところに戻ってくるようなものである。過ぎ去った時間の長さに愕然とする気持ちと,「お帰りなさい」というような気持ちと,何ともいえない不思議な気分である。

皇室側の立場で言えば,構成員がこれでまたひとり減ることになり,諸公務を担う人がますます少なくなる。そのことが一国民としてはかなり心配である。この件について,天皇譲位問題も含め,もっと急いで議論・検討を進め,決めるべきことは早急に決めるべきだろう。さもないと,天皇・皇室制度は今世紀後半には本当に危機的状況に追い込まれることになる。憲法問題や共謀罪法案よりも,優先順位は上だろう。現政権は,むしろ皇室に対して特別な思い入れがあるはずなのだが,どうも順番が違うのではないか。本当に日本のことを大切に思っている政権なのだろうか。まったく最近の政権の不祥事,そして言動・行動は見るに耐えず,情けなく,一刻も早く政権を刷新して欲しいと強く願うものである。

image

本日,10月20日は皇后誕生日。とはいっても,皇后誕生日がこの日付である時代は,まもなく終わりを告げようとしている。
生前退位に関する議論が本格的に始まろうとしている。いろいろ新たに決めなければならないことはたくさんあるが,その中で,退位後の天皇・皇后両陛下の呼び名をどうするかというのも大きな課題(話題)の一つである。
江戸時代以前では,「上皇」という名称があったが,この名前は,「天皇」よりも位が上のような印象を与えるため,今回は不採用となる公算が大のようだ。ではどのような名称が良いのだろうか。
いろいろ私なりに考えてみた。

単純に考えるならば「前天皇」「前皇后」という名称がまず浮かぶ。しかし,これはあまりに直接的であるし,「天皇」「皇后」という言葉を何だか単なる一役職のような印象を与え,一部の人からは猛烈な反対を受ける可能性があるだろう。
思い切って,新しい名称を考えるべきかもしれない。とはいっても,まったく突拍子もない名称で皇室の伝統を傷つけるわけにもいかない。

私にもしも提案が許されるのであれば,以下の名称を勧めたい。
「前皇(ぜんのう)陛下」「前后(ぜんごう)陛下」はどうだろう。あるいは
「元皇(げんのう)陛下」「元后(げんごう)陛下」はどうだろうか。
これなら,「天皇」よりも位が上という印象は与えないし,以前は天皇の地位におられた方だという印象も与えられると思うのだが。

今日は皇太子殿下の誕生日。今年で御年56歳である。
そういえば,今の天皇陛下が皇位を受け継いだときは55歳。当時でさえ,ずいぶん高齢で皇位についたと話題になっていたが,その年齢を名実共に明確に超えてしまうことになる。

昔と今とでは,50代半ばという年齢はイメージがずいぶん異なる。今は50代でも若々しい人が多い。
60代は昔はおじいさん,おばあさんというイメージが強かったが,今はそうでもない。意外な人が60代であることに気づき愕然とすることが多い。
昔より人間のトシの取り方が遅くなっているようだ。それはそれで喜ばしいのかもしれないが,外見が若いだけでいつまでも成熟せず未熟な人格のまま年齢だけ重ねてしまうのも何だか悲しい気もする。

さて,過去の歴史を見てみると,いちばん高齢で皇位を引き継いだのは60歳のようだ。最高齢記録更新まで4年あまりまだ余裕があるが・・・・
しかし,過去は生前譲位というのもあったと聞く。そもそも,天皇という役割,務めはどのような性格のものなのか,実は日本人の多くがきちんと理解していないのではないか。
高齢になると,どうしても以前より健康上のリスクが高くなる。そのために支障が多く責務を全うできないのであれば,生前譲位というのも検討すべきなのかもしれない。もちろん,ただ存在することにし至極の価値があるというのであれば,高齢だろうが健康状態がどうであれ問題はないのかもしれないが・・・やはり,天皇の職務の定義が曖昧で理解不足だから,これ以上議論にならないのかもしれないが。

外国を見ると,イギリスではエリザベス女王が今年90歳,卒寿を迎える。チャールズ皇太子は現在67歳,今年の11月の誕生日で68歳となる。
皇太子といえば,昔の物語の世界ではこどもか若者というイメージだが,現実の世界ではもう,おじいちゃん・・・人間の長寿は喜ばしいことなのだが,・・・何だかいろいろ考えさせられてしまう。

ブログネタ
皇室 に参加中!
昨日は天皇皇后両陛下金婚式だった。新聞やテレビ,そして通勤電車中の雑誌広告も関連記事が目立っていたように思う。
それらの関連記事に触れると,日本の歩んできた過去50年をまるで生で味わうような感覚を覚える。

史上初の皇室と血縁関係のない女性が妃殿下となったことは,当時の日本にとって革命に等しい衝撃的出来事だったのだろう。そして,それ故に様々な軋轢が宮中にもあったのだろうと想像される。
それらを乗り越えて,伝統に囚われることなく,また過度に逆らうことなく,お二人が最良と判断した方法で公務・家庭生活を進めてきた姿に,多くの当時の日本国民は共感したのだと思う。
幼少時の困難な戦争体験を踏まえた世界平和への切実なる考えに,多くの国民は支持したのだと思う。
また,国民をはじめとする他者への,特に日常生活に困難を感じる人々への寄せる関心,教養・文化に対する理解・探究心に,多くの国民は感動を覚えているのだと思う。

皇室・天皇制という制度が現在の日本にふさわしいのかどうか,歴史観・宗教観から賛否両論意見はある。私自身も,自分なりに勉強した結果,双方の意見に理解でき,共鳴する部分があるので未だにこうだと判断できない。ただ,現天皇皇后両陛下に対しては,尊敬と親近感の両方を強く感じる。それは,誰に強制されるものでもないし,両陛下がその地位にいるという理由でもない。ただお二人が,お二人自身だからこそ感じるものである。

--------------------------------------------------------------------

最近の皇室関連の報道は,興味半分で推測・憶測で書かれているものも多く,何か真実かよく分からない。現天皇皇后両陛下が,国民の日常生活を理解しようとご努力されているのであるから,皇室関連の記事を扱うのであれば,報道機関にしろ一般読者・視聴者にしろ,せめて両陛下と同等の,皇室を真面目に理解しようとする姿勢は必要だと思う。










このページのトップヘ