矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:富士山

今日は2013年度のちょうど真ん中の日。また,2013年の一年で考えると,残り四分の一の地点である。
そろそろ来年2014年の具体的な詳細の事柄を考え始める時であり,また,今年度後半の歩みを始め,来る2014年度への準備も進める時期である。

さて,今年も四分の三が過ぎようとする今,今年を象徴する漢字は何か,考えてみたい。
7月にも同じテーマでブログ文を書いたが,それから3か月。だいぶ今年を象徴する枠組みは固まってきたように思う。

今夏の暑さ,そして2020年東京五輪の開催決定がこの3か月での話題の中心であろう。
また,テレビドラマが何かと話題となった3か月でもあった。

明日に閣議決定される消費税税率の行方にもよるが,私にとっては今年の漢字は「決」で決まりではないかと思う。「決定」「決断」の「決」だろう。
富士山の世界遺産登録「決定」,東京五輪開催「決定」,そして報道どおりであれば来春の消費税増税「決定」の三連発。世界に目を向ければ,ローマ教皇を初め,オランダ,ベルギーの王が退位を「決断」,後任者に譲位している。

次点には,3年前に匹敵する厳しい暑さから「暑」か。しかし,2010年の暑さも記憶に新しい今日,確かに今年の夏は暑かったものの,そこまで顕著な暑さだったかというと,そこまでのインパクトは,東京に住む身からするとなかった,弱いような気もする。むしろゲリラ豪雨や台風,竜巻の方がインパクトが大きかったように思う。

テレビドラマの決め台詞「倍返し」の「倍」「返」も候補には上がるかも知れないが,今年一年を通じて象徴する漢字かというと私の感覚では違うように思う。参院選を圧勝した安倍首相の名前にも「倍」はあるし,6年前の参院選惨敗の汚名は「返」上した,のかもしれないが・・・はて。

明日から2013年10月。今月は何かと出かけたりすること多く大忙しの一か月だった。少し体を休めながら深まりゆく秋の季節を心穏やかに保ちつつ過ごしていきたいものである。

先週土曜,富士山が世界遺産に登録された。
自然遺産と文化遺産合わせて,これで日本にある世界遺産の数は17となる。

昨年時点で,全世界にある世界遺産の数は962件あるそうだ。このうち,昨年時点では16が日本にあるが,果たしてこの数は他国に比べて多いのか少ないのか。

世界遺産の条約締結国は189あり,国の数で割ると一国当たり平均5件。
これで見ると,日本は平均の3倍以上ある。ただ,国といっても,ロシアや米国,中国のような大国から,モナコ,シンガポールといった都市国家・ミニ国家までさまざまあるので,一国当たりの平均数値と比較するのはあまり意味はないように思う。

次に,人口比で考えるとどうだろう。世界人口は約70億人,日本の人口を1.25億人とすると,日本に割り当てられる世界遺産の数は17件。(70億÷1.25億×962=17.17…),日本の世界遺産数は人口比で見た限り,ほぼ妥当のようだ。

面積比で考えるとどうだろう。地球上の陸地面積は1億4889万㎢,日本の面積37.7万㎢なので,日本に割り当てられる世界遺産の数は2〜3件(14889万÷37.7万×962=2.43....),日本の世界遺産数は面積比で見ると,かなり多い方となる。

さて,今後世界遺産はどんどん登録数は増えていくのであろうか,それとも上限があるのか。
管理する方の手間暇を考えると,今後は増えても1200〜1500ぐらいなのではないかと私は推測する。ということは現在の1.2〜1.5倍程度の数ということになる。
日本には暫定リストが12件現在あるが,これらが全て登録されることはないだろう。後追加で登録されるのも多くて残り4件だろうと思う。
この内,個人的に登録を希望するのは,1.奄美・琉球の自然遺産,2.長崎の教会群とキリスト教関連遺産,3.富岡製糸場と絹産業遺産群の3つだ。それぞれ理由は以下のとおり。
1.自然遺産はもっと登録し,より自然保護に力を入れてほしい。
2.長い迫害にもめげず信仰を守ってきた先人の勇気の証をもっと世界に認知してほしい。
3.明治期の日本の殖産興業と当時の世界の繊維産業をけん引した歴史的事実を大切にしたい。

fuji167



3
本日、一発奮起して世界半周の旅に出かけました。

まずは日本。富士山を眺めることができました。
次にとある南国を訪問。日差し柔らかく、やしの木が微笑んでいました。
最後にとある国の砂漠を訪問。哀愁漂う雰囲気でした。

さすがに一度に三カ国もめぐるのは体力的にきつかった。
この旅が一人7,500円で実現できるというのも、本当によい時代になったものだ。・・・ん??


MtFuji

南国風景

砂漠





このページのトップヘ