矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:干支

あけましておめでとうございます。
今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて,今年,2017年は素数の年。
素数は,1とその数自身では割り切ることができない数。
数学の世界での素数は,いわば化学でいう原子のような存在といえる。
素数は2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31,・・・・と延々と不規則に現れる。
2017は,306番目の素数である。

素数の年となるのは2011年以来,6年ぶり。
21世紀に入ってからは3回目となる(2003,2011,2017)。

また,今年は平成29年でもある。そして,29も素数となる。
西暦,和暦とも素数となるのも,2011年(平成23年)以来,6年ぶり。
平成に入ってから,西暦,和暦とも素数となるのは4回目である。
(1993(平成5),1999(平成11),2011(平成23),2017(平成29))。
※ 西暦と和暦がともに素数となる年は,日本にとっては大きな出来事が起こりやすい年になっているのが若干気になるが。
1993年 非自民政権発足
1999年 東海村臨界事故
2011年 東日本大震災・福島第一原発事故

素数の年の干支は必ず,ウシ,ウサギ,ヒツジ,トリのいずれかである。
2の倍数か3の倍数となる他の干支では,素数となることはあり得ないからだ。
だから,素数の年生まれなのにネズミ年生まれとか,イヌ年生まれと言っている人は,嘘つきかアホかと考えて間違いない。
(ただし,ウシ,ウサギ,ヒツジ,トリ年生まれだからといって,素数の年の生まれとは限らないことは留意したい。)

そして,実は私もトリ年生まれの年男。そのことに気づき,複雑な気持ちで正月三が日を過ごしている真っ最中の一オジサンなのであった・・・・。

image

今日は穀雨。
黄道十二星座では今日から牡牛座に入る。昨日までは牡羊座であった。
そして,今年は干支もひつじ年。干支と星座が同じ動物になる珍しいときであった。

干支と星座が同じ動物になるのは,以下の二つしかない。
うし年(丑年)と牡牛座
ひつじ年(未年)と牡羊座。
※ 射手座とうま年(午年)も,人によっては重なるのではというかもしれないが,
私は外して考えたい。

干支と星座が重なる時期に生まれた人は,72人に1人。
日本には約170万人,全世界には約1億人いる計算となる。

うし年牡牛座生まれは,1901年,1913年,1925年,1937年,1949年,1961年,1973年,1985年,1997年,2009年の4月20日〜5月20日生まれ。
ひつじ年牡羊座生まれは,1907年,1919年,1931年,1943年,1955年,1967年,1979年,1991年,2003年の3月21日〜4月19日生まれ。

次に干支と星座が重なるのは,うし年牡牛座のときで2021年4月20日。6年後だ。
その時に日本は,世界はどうなっているか。それより,このブログはどうなっているか。

このページのトップヘ