矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:平成

今日は二十四節気で「雨水」。私の頭の髪の毛も「うすい」。
・・・
私のおやじギャグと同様,外も寒い日々続く。暦の上では春なのだが。

さて,今日でちょうど平成時代11,000日目である。そして,何事もなければ平成時代も残り70日。つまりちょうど10週間ということだ。
これから各曜日10回ずつ迎えると,平成が終わる。

各時代の11,000日目がいつだったか調べてみた。
が,日本がグレゴリオ暦を採用したのが1873年,明治6年からなので,明治時代は省略。
そして,大正時代は15年,5262日間しかなかったため,大正時代はなし。
となると,昭和しかない。
その昭和というと,11000日目は
1957年(昭和32年)2月4日 月曜日
となる。節分で鬼退治が終わった翌日,まかれた豆が散らばっている立春の日だ。
高度成長期目前の,戦後12年,まだまだ日本が素朴だった時代。

時代は変わる。テレビが超高級品で,コンピュータなどというものは一般家庭にはなく,紙と鉛筆で勉強していた時代。
いまや,テレビは飽きられ,スマートフォンを一人一台もち,勉強もインターネット経由でできる時代。
・・・そういえば,次の元号,もう決まっているならば早く発表してほしいものだ。

今日、私の住む町の図書館に行くと、こども向けの本棚に、この「日本の歴史」平成の30年という漫画本があった。
私が成人してからの時代は、まさに平成時代と重なる。こどものため、というよりも、自分自身の興味先行の形で、思わず借りて、早速読む。

日本では「平成時代」ではあるが、世界全体でみれば、「ポスト冷戦時代」。また、ほぼ1990年代、2000年代、2010年代と重なる。
この30年間、果たして日本にとってどのような時代だったのか、世界にとってどのような時代だったのか。

いろいろ辛く苦しいことはあったものの、こうして明日の生命の危険を感じずに生きていけるのは幸せと感じるべきだと思う反面、何かと急かされ、焦らされ、心休まること少なく常に苛立たされ、未来への希望を持ちにくい現況にもどかしく思う部分も大きい。

そんなこんなで、平成時代も残り最長80日ちょい。それにしても、次の元号は何なんだ。DSC_0354

ここまで,続けてきたこのブログ。続けるのもこのところいろいろあり,終わりにしようか・・・
と実は前々から考えていて,正直,今日をもって少なくとも一時停止としようと思ってた。












が,気を取り直して,もう少し続けてみることに。



少なくとも,平成時代が終わるまでは続けよう。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
明日からの2,3年は,少なくとも日本にとっては今までにない非常に激動の年が続くと感じている。

何せ,2019年,2020年のカレンダーが異常である。毎年祝日が滅茶苦茶変わる。
そして,2019年中には元号が変わる。
更に,2019年にはラグビーW杯,そして2020年には二度目の東京オリンピックが開催される。
更に更に,今年は参議院選挙があり,更に衆議院選挙もこの三年内には必ずある。日本国憲法の改定の動きもあるかもしれない。

思えば,昭和最末期の1988年から2012年までは,平成の最初の大半だが,自民党一党独裁の政治が崩れ,連立与党で揺れ動く時代であった。そして,その四半世紀間,西暦年で見ると,必ず4桁の数字のうち,少なくとも1つは同じ数字が含まれていた。
2013年から2019年までは,安倍首相の二度目の首相時代。株価は一気に高騰し,見た目は景気が良くなった。しかし,政治の反動化が進み,世相もぎすぎすし,どうも息苦しい世相が続くようになってきた。この7年弱の間は,西暦年で見ると,4桁とも互いに異なる数字であった。

2020年からは再び,2030年までの11年間は,4桁の数字のうち,少なくとも1つは同じ数字となる時代に突入する。この新たな元号の時代が始まる年から,何か日本が新ステージに立つような時代になるような気がする。それが明るい時代なのか,更なる暗黒時代に突っ込むのかはわからないが・・・

今日は我々夫婦の結婚記念日。今年で結婚15周年。「水晶婚式」というそうだ。
15年、いろいろなことはあったが、基本的には仲良く楽しく夫婦生活を送れたと思う。結婚5年目にこどもも一人恵まれた。その子も今は小学四年生。月日が経つのは早い。
気付けば平成時代も残り最長8ヶ月弱。私にとって平成時代は、前半が独身時代、後半が家族の時代にあたる。感慨深い。

実は今、仕事の面で、難しい立場に置かれ、今後の人生を左右しかねない厳しい決断を迫られている。そのことで悩み考え込む日々を過ごしている。この状況に加え、台風、地震、酷暑と天災続き、心身ストレスに溢れ、心休まる時がない。

社会の価値観は、その時の情勢により変化する。一方で、個々人の価値観は、その人の育った時代、環境により様々だ。個人が価値観を変えるのは、その人の過去を否定する作業が必要な分、なかなか困難だ。社会の価値観と個人の価値観が異なるときは更に、その葛藤が増す。
これからの人生をどう生きていくべきか、変えるべきことと、変えてはならないことと、正しく判断して、残りの与えられし時間を歩みたいものだ。

それにしても暑い。暑すぎる。

さて,小学生のこどもたちもいよいよ夏休み入り。夏休みと言えば自由研究。
自由研究については,昨年の今頃も一筆書いたが,題材に困っている方々に,今年ならではのネタを一つ提供したい。参考になれば幸いである。

今年は何と言っても平成最後の夏。ということで,平成時代を振り返ることをテーマとしたらどうだろうか。

より楽しく,というのであれば,例えば,平成元年から今年までの出来事を並べて,双六を作る,というのはどうだろう。
図書館に行って,過去の新聞の縮刷版を見ながら当時の世相を確認したり,あるいは当時を生きた親たちに昔のことを聞いたりしながら,30マス〜60マスぐらい作り,それぞれのマスに当日の出来事を書けば,遊びながら近代史の勉強にもなる。出来事に応じて「一回休み」「〇マス戻る」「順位を入れ替える」など工夫すれば面白味も増す。

出来事の選択は,個人個人の関心事に応じてすれば個性が際立つ。このすごろくを夏休み明けに先生に提出すれば,それなりに評価してもらえると私は思うのだが。

今年も5月に入った。そして,平成時代も残り,最長でも後1年。
今月は,平成最後の5月ということにもなる。そして,昨日からの一日一日は,平成最後の月日となる。いつにもまして大事に大切に,味わって過ごしていきたいものだ。

個人的には,「昭和に育ち,平成に学び働く」時代であった。最長で1年後にやってくる新しい時代は,果たして自分にとってどのような時代となるのか。

平成という約30年の歩みを,自分の人生,社会の変遷を見つつ振り返る時をこれから持っていきたい。そして,その振り返りをこのブログで適時記していきたいと思う。

今は大型連休,ゴールデンウィーク真っ最中。実は本日より小旅行でお出かけ。リフレッシュし,連休明けには元気に日常生活を過ごしたいものである。

このページのトップヘ