矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:平成時代

あと一か月でいよいよ平成時代も終わり。この一か月は,5年毎に平成時代を振り返っていきたい。
【平成元年(1989年)】
昭和天皇が崩御し,元号が「平成」になった。4月にはじめて消費税が導入され3%の税率がかかるように。中国では天安門事件が起こり,ベルリンの壁が崩壊,ルーマニアのチャウシェスク独裁政権が崩壊し,共産主義体制がドミノ倒しのように崩壊し始める。
漫画家手塚治虫氏死去,歌手美空ひばり死去,実業家松下幸之助氏死去。
【平成二年(1990年)】
バブル崩壊が始まる。イラクがクウェートにいきなり侵攻。国際的緊張高まる。ドイツが再統一。
礼宮・紀子さまご結婚,秋篠宮家創設。
【平成三年(1991年)】
湾岸戦争勃発。バルト三国がソビエト連邦から脱退・独立。そのままこの年の末にソビエト連邦が崩壊。
雲仙普賢岳噴火。
【平成四年(1992年)】
アルベールビル冬季五輪で,日本選手が札幌大会以来初の金メダル。バルセロナオリンピック開催。
新幹線のぞみデビュー。山形新幹線開通。米国大統領選でクリントン氏勝利,12年ぶり民主党政権,ブッシュ再選ならず。
毛利衛氏,日本人初のスペースシャトル搭乗。
【平成五年(1993年)】
皇太子夫妻ご結婚。
日本でプロサッカーリーグJリーグ発足。自民党下野,非自民連立政権発足。
冷夏でコメ大凶作,タイ等からコメ緊急輸入。

・・・いろいろありました。


2018年11月も今日で終わり。そして,今年最後の一か月が明日から始まる。
一年を通して平成時代だった年としては,天皇陛下に万が一のことがない限り,今年が最後。
今年の夏以来,「平成最後の〜」というフレーズをちらほら聞くが,来月になるとこのフレーズをもっと頻繁に聞くことになるだろう。
来月23日の天皇誕生日は,平成最後となるし,この日が祝日になるのもこれで最後。

今考える。果たして「平成時代」とはどのような時代だったのか。
もちろん,人それぞれに感慨は違うだろう。が,日本社会全体としてはどうか。
どうも,「昭和の後片付け」に追われて終わってしまった時代だったように思う。その間,他国は発展・変化し,その変化に日本だけが何だか置いてけぼりを食ってしまったように感じる。
それは,経済発展の度合や国力・人口の増加具合を見れば明らかだろう。
かつては世界一物価が高く,米国をもしのぐのではと思われていた経済力は,今やGDPでは中国に抜かれ,国際社会におけるプレゼンスも低下傾向。
もっとも,国力が弱まった分,物価が相対的に安くなり,観光地としての魅力は増し(と共に周辺国の経済力が上がり),観光地としての地位は飛躍的に上がってはいるが。


中国韓国とは,まだ第二次世界大戦時の諸問題で揉め,北朝鮮とは拉致問題の解決ならず,ロシアとは北方領土の行方も今一つ不透明。本来過去に清算すべき事項をなぜ今まで引きずっているのか。相手国の問題もあるだろうが,それと同時あるいはそれ以上に,日本側の姿勢に問題があり,近隣国に
拭い難い精神的しこりをもたらしている部分もあるのではないか。

それより,本当に新しい元号,早く周知してほしいものだ。今年の大みそかの周知を希望するが,学校関係者の都合を考えるのであれば,せめて3月中には周知すべきだろう。明治以来の前例に不要に拘って,国民に無駄な不便さを強制するのは,皇室の方々の本位ではないだろう。この調子では元号離れ,皇室離れを加速してしまうということを,今の政府関係者は理解しているのだろうか。

このページのトップヘ