矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:改元

昨年の年末から今年に入ってやたらと聞く「平成最後」というフレーズ。
大晦日の夜7時,紅白歌合戦前のNHKニュースは特に酷かった。何回,15分のニュース時間の間に聞いたか。うっかりすると「平成最後」が「人生最後」に聞こえて,何か陰鬱な気持ちにさせられた。

まだ昨年末までなら「平成最後」のフレーズは許せたが,今年に入っての「平成最後」は,事実ではあるが違和感を感じる。
天皇陛下が「譲位」の考えを示してから2年間。もともとは2019年元旦から新元号となるはずだったのが,宮内庁と政府の,国民の利便性そっちのけの議論で,双方妥協案で5月1日改元という何とも中途半端な時期になってしまった。
日本国憲法の精神を尊重し,国民のことを第一に考えているであろう天皇陛下であれば,恐らく元旦からの譲位を考えていたに違いないし,あるいは年度替わりのタイミングが次善案と考えていただろう。が,宮内庁の怠慢と,統一地方選の時期を外したい現政権の思惑で,上記の日程になってしまった。しかも,10連休という大型連休にしてしまって,この間金融市場は閉鎖し,医療機関その他も大混乱状態になることが見込まれている。

このことに抗議し,今年以降は「平成最後」という単語は私は絶対に使用しない。「2010年代最後」に言い換えたい。
・・・と考えている,「平成最後」=「自分自身の四十代最後」という事実に気づき呆然自失になっている私であった。

2017年も残り1ヶ月を早くも切ってしまった。
今月1日は,来年以降に影響を及ぼす二つのことが決まった。

天皇の譲位日が2019年4月30日,改元日が翌5月1日。
暦年や年度の変わり目でもなく,5月というなんとも中途半端な時期に元号が変わるのはどうしても腑に落ちない。
いろいろ思うことは前回に述べたので,ここでは繰り返すのは避けるが・・・。
後はいつ新元号が決まるか,そのプロセスがどのようなものか,そして新元号が何になるのかが問題だ。
新元号は,カレンダー業界も望んでいるとおり,可能な限り早く決めるべきだろう。そして,その前にプロセスもなるべくオープンにすべきだと思う。
出来れば,政府の方で3〜5案を提示し,国民投票にかけて最終決定するのが良いと思われる。国民の意思の関与具合が高い程,新元号が国民に好意的に使用されるはずだ。が,現実問題,時間や経費の都合でそうもいかないだろうが。少なくとも,事前説明なくいきなり1案だけ出され,それも変ちくりんな元号が提示されるのだけはやめて欲しいものだ(といっても現実そうなるだろうが)。

W杯ロシア大会の抽選会が行われ,グループリーグ組み合わせも決まった。
日本はH組で,対戦相手はコロンビア,セネガル,ポーランド。
過去の実績だけで見れば,他のグループよりは日本は総じて恵まれたように思われる。連続出場回数だけで見れば日本が一番だ(コロンビア2大会連続,セネガル,ポーランドは数大会ぶり,日本は6大会連続)。
が,現実のチーム力で考えると,4チームの中では日本がいちばん劣るように見えてしまう。
実際,直近の親善試合の結果を見た限り,そして新戦力の台頭の兆しも見えない現状では,どうしても悲観的にならざるを得ない。
何とか決勝トーナメントには進出して欲しいものではあるが・・・初戦のコロンビア戦が山か。

他のグループリーグを見ると,今回はいわゆる「死のグループ」と見られるグループは特には見当たらないように思われる。決勝トーナメント進出チームが割と簡単に予想できるところばかりだ。
とはいっても,実際にはやって見ないと分からないが。

W杯ロシア大会については,来年,機会を見つけて改めて述べたい。その前に,このブログがどうなるかもわからないが。

天皇陛下の譲位による改元日の候補が色々報道されている。
(そもそも,当初は9月から10月に決まるとかいう話だったはずが,なぜここまで遅くずれ込んだのか。そのことについても思うところは多々あるが,ここではとりあえず置いておく。)
候補は,今まで出されたものをすべて書き出す。
2018年12月31日譲位 2019年1月1日改元
2019年3月31日譲位  2019年4月1日改元
2019年4月30日譲位 2019年5月1日改元
当初は,△噺世錣譴討い燭里,,蝋勅執垰の日程の都合上困難で,△賄一地方選挙の事情で困難との話で,になりそうという情勢とか。
国民生活のことを本当に考えているのであれば,^奮阿冒択肢はないと思う。だいたい,同一年に複数の表記を許すということ自体,意味がないし,不便極まりない。そのような無意味さ,不便さを強いるのは果たしてどうなのか。譲位・即位の行事を簡素化するなり,あるいは諸行事を別の日にずらして譲位・即位の日はあくまでも年末・年始に行うということで十分ではないか。戦前も,大正天皇の誕生日祝いを当初の8月31日から10月31日にずらしたという前例もある。
百歩譲って△覆蕕泙世靴癲きはまったくの意味不明だ。選挙の都合というが,それは政治家の都合であって,政治家以外の国民にとっては意味がない。政治家の都合で年月表記が左右されるのは不愉快だし,更なる不便を呼び起こし,国民の元号離れをますます加速させ,最終的に皇室離れ,天皇・皇室制度の崩壊へとつながるだろう。
天皇のご不幸ではなく,前々から計画的に改元日を定められるこの機会の意味を改めて考えたい。
 き◆き0奮阿任△譴仍笋覆蕕海琉討鮟个靴燭ぁ
2018年12月23日譲位 2019年1月1日改元
2018年2月22日譲位 2019年2月23日改元
いずれも,天皇陛下あるいは皇太子殿下の誕生日に合わせた日程である。誕生日と譲位・即位の行事をまとめてすればよいのでは。そもそも天皇陛下のお仕事が多すぎることも課題になっているのであり,宮内庁が信念を持って真剣に行事の再構築をしていないことが問題であろう。
・・・「昭和」「平成」と,必要に応じ元号を用いてきた私であるが,今回の改元日の決めかたや決まった内容次第では,「平成」の次の元号使用を今後一切拒否しようかと考えているこの頃である。


このページのトップヘ