矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:旅行

先日,アジアカップサッカーUAE大会が閉幕。決勝まで進出した日本,2大会ぶり5回目の優勝を狙うもカタールに予想外の完敗,準優勝に終わってしまった。
・・・が,30年ぐらい前は,日本がアジアの中で上位進出が当たり前となるくらいにサッカーが強くなるとは想像することができなかった。ましてやワールドカップに出たり,決勝トーナメントに進出するなどは夢のまた夢の世界である。

思えば,この「平成」という時代は,日本の社会におけるサッカーのプレゼンスが飛躍的に向上した時代であったといっても良い。スポーツといえば野球と相撲ぐらいで,他の競技は新聞の片隅に結果が簡単に載るくらい。4年に一度のオリンピックのときだけ大騒ぎするという繰り返しであった。それが,いまやサッカーを筆頭に,あらゆる競技が割と事細かに報道されるようになった。隔世の感だ。

とともに,日本の社会において「アジア」の占めるプレゼンスも急激に拡大してきた。これは,中国を筆頭にしたアジア各国の経済力の増大が一番の要因だろう。昭和の時代は,アジアでは日本一強だったのが,いまやGDPは中国が世界2位かつアジア1位,日本が相対的な地位を落とす反面,韓国,シンガポール,そしてインドネシア,ベトナム,タイなどの最近の経済成長力は著しい。
かつては日本から海外へ大挙して旅行者が出かけて行ったものだが,昨今は逆に,アジアの各国が日本に大挙して旅行に来る時代になっている。

そういえば,明日は春節,旧正月。中華圏では1月1日以上に大切に祝われる祝日で,この時期に日本にも大勢の中華系の人々が訪れる。
ぜひ,日本で過ごす時間を楽しんでほしいものである。あ

今週末からは今年のゴールデンウィーク,大型連休が始まる。
この休みを利用して国内外に旅行に出かける人も多い。
しかし,ゴールデンウィーク,夏季休暇,年末年始休暇は出かける人が集中する。数に限りのある切符を巡って沢山の人が前々から予約をする。数か月から1年前から予約する人も多い。

しかし,旅行直前に,本人や同行者が病気に倒れたり,身内に不幸があったり,地震などの天災で家等を失ってとても旅行どころではなくなったり,あるいは旅行先が天災や戦争で行ける状況でなくなってしまうこともある。もしもそうなった場合,前々から立てた計画・準備はすべておじゃんとなる。かけた労力は無駄となり,せっかく盛り上がった気持ちの行き場がなくなってしまう。

果たして,数か月先の旅行計画がダメになる確率というのはどれくらいのものなのだろうか。
その確率がどれくらいかが分かれば,もう少し強気でいろいろな旅行計画が立てられ,日々の人生ももっと前向きに生きられるのだが。いつ来るかもわからない地震,近年過激になっている台風・豪雨,そして最近では隣国の状勢もなんだかきな臭い。とても落ち着いて先々の旅行計画を立てようという気にならない。だから景気の割に社会全体の精神状態が鬱々としており,こどもの数が増えず,若者の自殺が減らないのだろうか。

どうも前々から計画を立てるとなると,いい計画であってもいやな計画であっても,未来が縛られるような窮屈な感じがする。もちろん,前々から計画を立てないと大きな仕事,大きな楽しみ,大きな喜びが得られないのは分かっている。でも,計画どおりに行かず,計画立案に要した労力が無駄になる可能性を考えると,どうも計画を立てることに前向きになれない気分にもなる。

などといっている間に,時間は過ぎていく。次回のブログ更新はしばらく間を置く予定。



image
image
image
娘が小学校入学して1ヶ月。幸い,今日は娘の通う小学校は開校記念日でお休み。
1泊2日で,娘の入学祝と妻の就職祝いを兼ねて,箱根に旅行に行ってきた。

今日はこのときの写真でブログを濁す。いろいろ書きたいネタはあるけれど,どうも最近落ち着いて文章を練る精神的ゆとりがない。
妻も娘も生活パターンが激変し,それぞれにストレスがあるようで,それも私の健康に少なからず影響を与えているようで,私も心身疲労気味。

箱根で過ごした時間が少しでも心身のリフレッシュになればいいが。
・・・・そうこうしているうちに,2010年代後半最初の年である今年も早三分の一が過ぎ去ろうとしている。

因みに、今回は、彫刻の森美術館クーポンを購入。このチケットで、現地までの往復運賃(特急券は除く)と、美術館入場料込みで新宿から大人3800円。後戻りさえしなければ途中下車可能で、結構お得だ。これに、ユネッサンパックで小涌園ホテルに宿泊。アートと温泉を楽しみながらのんびり箱根で過ごすにはもってこいだと思う。

image

今日を以て2014年度は終わる。そして,それは私にとっては,娘が未就学児である時代の終焉を意味する。
もう,明日以降は娘の電車代やバス代は都度かかることになる。それ以外にも,小学生料金が適用されることになり,お出かけや旅行も費用がかかるようになる。
小学校に入れば,平日においそれと子供連れで遠出することも難しくなる。それを見越して,今まで国内外あちこち良く出かけた。
2010年秋の沖縄,2011年大型連休の北海道,2012年秋のハワイ,2013年秋の済州島,2014年大型連休の福島,同年秋の豪州,2015年冬の新潟スキー,・・・
娘にどれだけ記憶が残っているかはわからないが,少なくとも親は娘が楽しんで過ごしている様子を脳裏に焼き付けることができたのはこの上ない幸いであった。

さよなら,未就学児時代の娘よ,小学生時代を十分楽しんで,強く優しく美しく成長して欲しい。

父より。

今月17日から22日まで,家族他合計5人で,豪州ケアンズに旅行に行っていた。
私自身はオーストラリア大陸は初めて。今回の旅行で,私は南極を除く五大陸にすべて到達したことになった。

南半球はこれからが春から夏。ケアンズは晴天続きで,連日最高気温が30度を超えていた。
雨季入り直前で,湿っぽいながらも,日本の梅雨時のような不快な感じではない。
鳥の大合唱と,独特のジャングルっぽい空気の香りが心地よい。

ケアンズは,老若男女を問わず,誰でも滞在を楽しめる街だと思う。
珍しい動植物が豊富で,動物の好きなこどもにとっても,草花・植物が好きな高齢者にとっても魅力的な場所だ。
世界各地から人が集まってきており,世界各地の料理も楽しめる。世界を代表する農業国で素が美味なオーストラリア産の食材は,どのような料理にもマッチしている。
人種も,白人が半分強で,後はアボリジニ系統の人が2割弱,あとは東アジア系と南アジア系が半分ずつ程度か。
ほどよい混在ぶりは,ハワイやニューヨークを思わせる解放感を感じさせてくれる。
治安の良さや人口バランス,そして年間を通じての温暖な気候を考えると,もしかしたら世界でいちばん暮らしやすい街といっても間違いではないかもしれない。

実際に現地入りしたのは18日。その日は午後からグリーン島に出かけ,人生初のシュノーケリングを体験。
珊瑚の間から垣間見られる色彩豊かな熱帯魚をたくさん見ることが出来た。優雅に泳ぐウミガメも見られた。

19日はブーメラン投げを体験したり,カンガルーが住みついているゴルフ場(!)を見たり,ワラビ—に餌をあげたり。アカアリ,カンガルー肉やワニ肉も食べた。先入観を省いて食べてみると,普通に美味であった。

20日は終日フリータイム。ケアンズ市内にある屋外無料プールで泳いだり,図書館で本を探したり。

21日はキュランダへ。行きはロープウェイ,帰りは列車で。途中の熱帯雨林の山々,滝や川の絶景に心奪われる。

そして,22日は一日かけて帰国。

様々な体験が出来,非常に楽しい日々だった。特に印象的だったのは空。
南半球の夜空にあったオリオン座は、北半球と上下逆さまだった。
昼の空では太陽は北に輝き、影は南に伸びていた。

オーストラリアでは「熱帯の北国(tropical north)」という表現をする。

物事は、視点が変わると別の形に見え、考え方も変わる。
このことを忘れずに,今後の人生を生きていきたいものである。1558623_730652743680387_237215100_n10819051_731662080246120_1142207945_n10799432_731640196914975_1409172789_n961376_732233103522351_186915672_n

5
連続11日間の今年の夏休みも今日が最終日。
例年の夏休みに比べ、今年は特に思い出深いものであった。ひとつひとつのイベントについて深く細かく書きたいが、それをすると超長文になる上、まだそれをする頭たなってないので、今回は日々の簡単なイベントを見出しのみ記して終わりとする。
11日 プール
12日 休養
13日 義妹一家訪問
14日 9年ぶりに新しい冷蔵庫設置
15日〜17日 蔵王温泉他旅行
(47都道府県踏破達成)
18日 腰痛ダウン、弟一家来訪
19日〜21日 軽井沢の妻の友人別邸訪問

機会があれば、別途当ブログに写真付きで掲載したい。


このページのトップヘ