矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:日本

日本併合下の朝鮮半島で「三・一独立運動」が行われたのがちょうど100年前。韓国では祝日。
…昨今いろいろあって、日本と韓国の関係がねじれてしまっているのが残念だ。歴史を冷静に直視し、互いを理解し合い、歪んだ感情を乗り越えて真の友好関係を築きたいものだ。それがなかなかできないのはなぜか。
…そして、北朝鮮。昨日までの二回目の米朝首脳会談、どうもよく分からない結果に終わってしまった。表面上は失敗のようだが、本当は…やっぱり失敗か?お互いの準備不足が原因か?なら、なぜこのタイミングで首脳会談を行ったのか??

先日,アジアカップサッカーUAE大会が閉幕。決勝まで進出した日本,2大会ぶり5回目の優勝を狙うもカタールに予想外の完敗,準優勝に終わってしまった。
・・・が,30年ぐらい前は,日本がアジアの中で上位進出が当たり前となるくらいにサッカーが強くなるとは想像することができなかった。ましてやワールドカップに出たり,決勝トーナメントに進出するなどは夢のまた夢の世界である。

思えば,この「平成」という時代は,日本の社会におけるサッカーのプレゼンスが飛躍的に向上した時代であったといっても良い。スポーツといえば野球と相撲ぐらいで,他の競技は新聞の片隅に結果が簡単に載るくらい。4年に一度のオリンピックのときだけ大騒ぎするという繰り返しであった。それが,いまやサッカーを筆頭に,あらゆる競技が割と事細かに報道されるようになった。隔世の感だ。

とともに,日本の社会において「アジア」の占めるプレゼンスも急激に拡大してきた。これは,中国を筆頭にしたアジア各国の経済力の増大が一番の要因だろう。昭和の時代は,アジアでは日本一強だったのが,いまやGDPは中国が世界2位かつアジア1位,日本が相対的な地位を落とす反面,韓国,シンガポール,そしてインドネシア,ベトナム,タイなどの最近の経済成長力は著しい。
かつては日本から海外へ大挙して旅行者が出かけて行ったものだが,昨今は逆に,アジアの各国が日本に大挙して旅行に来る時代になっている。

そういえば,明日は春節,旧正月。中華圏では1月1日以上に大切に祝われる祝日で,この時期に日本にも大勢の中華系の人々が訪れる。
ぜひ,日本で過ごす時間を楽しんでほしいものである。あ

女子テニスの大坂なおみ選手が,昨年の全米オープンに続いて全豪オープンも制した。そしてとうとう世界ランキング1位に輝いた。
日本人選手としては初の快挙で,連日メディアも大騒ぎ。
私も決勝の試合をTV生中継で見た。この試合がまた,白熱した好試合で,ラリーが長く続いたり,ブレークの応酬があったりと見応え十分で,テニスというスポーツを観戦する面白さを再認識したものだった。

ただ,一部報道には,彼女が果たして日本人選手なのか?という論調もあったりする。もともとはハイチ系米国人の父と,日本人の母の間のこどもであり,血筋だけで言えば100%の日本人ではないかもしれない。現在は日本国籍と米国の国籍の両方を持つ二重国籍者ということになる。

しかし,日本人を母親に持つ,日本人の血を引いていることは紛れもない事実であり,彼女自身も日本国籍を持っていることにプライドを持っているように感じられる。もっとも将来,もしも国籍を選択する場面に直面した場合,果たして彼女がどちらを選ぶのかは分からないが。

ただ,どちらを選ぶにしても,彼女の意思を尊重し,テニスに集中してもらいたいと思う。そして,「日本人だから応援する」とか「日本人しか応援しない」などという了見の狭いことをいわず,純粋に,一人の有能で魅力的なテニスプレーヤーを応援するという姿勢を持ちたいものである。
彼女は日本にルーツを持つだけでなく,ハイチにもルーツを持っている。彼女を通じて日本とハイチが一つになって彼女を応援するというのも美しい姿であろう。

また,彼女の存在がこれからの新しい日本の一つの姿を現しているのかもしれない。多様性を重んじる国に日本がこれから変わっていくのであれば,もしかしたら今までにないような時代が日本にやってくるかもしれない。それを楽しめるか,怖がるかは今の日本に生きる我々一人一人にかかっている。

そうこう言う間に,2010年代最後の1月も終わりを迎えようとしている。

昨日,ハロウィン当日の夜,帰路途中で寄った西友。
既にハロウィン売り場を片付けていて,クリスマス商品の陳列を始めていた。

・・・確かに,クリスマス商品をなるべく早くから,たくさん売りたいという気持ちは理解するが,まだハロウィン当日の,しかも夕方,まさに一番盛り上がるタイミングで,もうハロウィン商品を片付ける,このあまりの手際の良さに感心・・というよりも先に,何とも言えない哀しさを感じた。

この後,クリスマスイブが終われば,クリスマス当日に片づけて今度は年末・正月用商品を並べるのだろう。そして,正月が終われば,次はバレンタイン,次は・・・・ととめどもなく次から次へと年間行事に合わせて売り場の雰囲気を変えていくのだろう。

が,そもそも,それぞれのイベント・年間行事にはそれ本来の意味・目的があり,それらをじっくり祝い味わう時間も必要なのではないか。その余韻を待たずに,次から次へと,消化しきれないご馳走をとめどもなく流し込むようにイベント・年間行事を押し付けていくような風潮に猛烈な違和感を感じる。
単なる商売道具としてのイベント・年間行事でいいのか。魂が抜け落ち,単なるお金を使ったバカ騒ぎと化したイベント・年間行事に振り回される我々を見て,我々の祖先や先輩方は果たしてどう思うのだろうか。

昔の日本は,年間行事といえばお盆と正月ぐらいなもの。だからこそ,この二つは今よりもっと大事に過ごされていたように思うし,家族・親族が集まってのんびりとした濃密で有意義な時間を持てたものだと思う。今の,特に新しいイベント・年間行事は,家族・親族を強めるよりも,お金を無駄に使わせたり,家族・親族の絆を弱めるものばかりになっているようだ。

一つ一つのイベント・年間行事を,その由来・起源を知り,大事に過ごしていきたいものである。



米朝首脳会談などに気を取られ、気付けばFIFAワールドカップロシア大会が開幕していた。既に開幕ゲームは終わってしまったが、今回もグループリーグの予想の詳細を書いておこう。

グループA(ロシア,サウジアラビア,ウルグアイ, エジプト)
混戦も、ウルグアイは実績、戦力ともやや他チームよりは優位か。エジプトと地元ロシアが二位争い。サウジアラビアは苦しいか。

グループB(スペイン,ポルトガル,モロッコ,イラン)
スペインとポルトガルが他の2チームより数段上か。どちらかというとポルトガルの方が安定感がありそう。モロッコとイランは、近年の実績からいうとイランが上かとも思うが、この組み合わせを勝ち抜くのは厳しい。くじ運か悪かった。

グループC(フランス,ペルー,デンマーク,オーストラリア)
フランスが優位。他の三チームが二位争いにしのぎを削る展開だが、二位にどこが来るか、非常に予想が難しい。もしかしたら、グループリーグ白星ゼロでも勝ち抜けてしまうかも。

グループD(アルゼンチン,クロアチア,アイスランド,ナイジェリア)
実績、戦力からすればアルゼンチン優位も、最近は不安定。意外に足をすくわれる可能性も。ナイジェリアも力はあるが、ここも不安定。クロアチアは爆発力はないが、しぶとい。初出場のアイスランドだが、意外と活躍するかも。アイスランドが勝ち抜ける可能性も十分ある。

グループE(ブラジル,スイス,コスタリカ,セルビア)
グループCと同じような展開か。ブラジルの優位は動かない。二位の座を残りの三チームで争う構図。強いて言えばスイスがほんのわずかに優位か。でもコスタリカ、セルビアにもチャンスは十二分にある。

グループF(ドイツ,メキシコ,スウェーデン,韓国)
ここに来てやや精彩を欠くドイツだが、実績・安定度は抜群。グループリーグ敗退は考えにくい。残りの座をメキシコとスウェーデンで争う形か。安定度、しぶとさでほんのわずかにメキシコ優位と見る。韓国は厳しい。

グループG(ベルギー,イングランド,チュニジア,パナマ)
グループBと似た構図。ベルギーとイングランドが優位。久々のチュニジア、初出場のパナマが波乱を起こすのは想像しにくいが、スキがあるとすればイングランドか。

グループH(ポーランド,セネガル,コロンビア,日本)
名前だけで見ると、直近で四強以上の顕著な実績を残したチームはなく、ある意味最激戦のリーグ。だが、正直日本は厳しいだろう。コロンビアが若干優位。二位をポーランドとセネガルが争うか。

決勝トーナメントの予想は後日する予定。

今の日本にいちばん欠けているもの。それはモチベーション。
何をやっても報われない。
ごく一部の恵まれた境遇の人だけがいい思いをし,
他の人は我慢を強いられている。
資質に恵まれた人が,相応しいポジションを与えられず,
資質に欠けた人が,たまたま特定の家系の生まれだから,たまたま特定の人と親しいから,たまたま特定の人と考えが同じだから,たまたまお金持ちだから,と,本質とは関係ない条件で分不相応な地位に抜擢され,人の感情を逆なでするような発言を繰り返し,質問には真面目に回答せず,聞くに堪えない言葉を発し,見るに堪えないふざけた態度で,他人を愚弄・罵倒する非常に傲慢不遜なふるまいをする。
勇気をもって本当のことを言っても,身に覚えのないことや関係ないことで不当に悪く言われたり,
悪いことをしても,たまたま有力者の側にいるだけで,正当な裁きをされずぬくぬくと生きている。
こんなことが続いていては,マジメに生きるのがばからしくなる。
これで,「共謀罪法案」が成立したらどうなるか。
そのような国では活力も生まれず,新しい産業も生まれず,楽しい娯楽,面白い芸術も生まれない。
・・・何が「美しい国」だ。そんな国は「死んだ国」「つまらない国」だ。

私は,そんな「美しい国」よりも「楽しい国」「面白い国」「優しい国」に住みたい。
そのためには,どのような人でも前向きに生きることのできるモチベーションが必要だ。
正当な,公平な,誰にでも平等にチャンスが与えられる社会。持っているお金の多寡にかかわらず,どのような境遇であってもその人なりに楽しく生きていける国。

「他国から攻撃を受けたらどうなる」と考える人もいるが,攻撃を受けるに値しない国になれば,どこも攻撃などしない。
世界に貢献する国,世界中から好かれる国になれば,他国からの侵略は受けない。
侵略を受けたら,他国は黙ってないだろう。侵略を受けたら,他国は困るからだ。
日本は,そのような国を目指していたのではなかったか。

このページのトップヘ