今日、私の住む町の図書館に行くと、こども向けの本棚に、この「日本の歴史」平成の30年という漫画本があった。
私が成人してからの時代は、まさに平成時代と重なる。こどものため、というよりも、自分自身の興味先行の形で、思わず借りて、早速読む。

日本では「平成時代」ではあるが、世界全体でみれば、「ポスト冷戦時代」。また、ほぼ1990年代、2000年代、2010年代と重なる。
この30年間、果たして日本にとってどのような時代だったのか、世界にとってどのような時代だったのか。

いろいろ辛く苦しいことはあったものの、こうして明日の生命の危険を感じずに生きていけるのは幸せと感じるべきだと思う反面、何かと急かされ、焦らされ、心休まること少なく常に苛立たされ、未来への希望を持ちにくい現況にもどかしく思う部分も大きい。

そんなこんなで、平成時代も残り最長80日ちょい。それにしても、次の元号は何なんだ。DSC_0354