矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:日本国憲法

今日11月3日は,文化の日。もともとは明治天皇の誕生日であったが,太平洋戦争敗戦後は,「文化の日」に名を変えた。そして,11月3日は現行の日本国憲法が公布された日でもある。
今年は公布から71年。(そういえば,71も11も3もすべて素数だ。今年は2017年,平成29年。2017,29も素数である。)
それはさておき・・・

先月下旬に行われた衆議院選挙は,野党の分裂により,漁夫の利を得た与党が勝利。とはいっても,公明党は議席を減らし,自民党は現状維持。野党の中では,立憲民主党のみが議席数を伸ばした。
その結果,いわゆる改憲勢力は3分の2以上の議席を衆議院で獲得し,憲法改定の発議をできる状況を維持することとなった。もっとも,改憲勢力といっても,自民党と公明党の憲法改定への意思はずれがあり,野党の中の改憲勢力も温度差がある。このままおいそれと憲法改定に一直線になるとは思えない。

憲法改定となると,どうしても憲法9条が議論の中心になってしまう。「他国が日本を攻めてきた」ときを考えると,「戦力を保持しない」と謳っている9条に文面通り固執すると,自衛すらできず不安に思う気持ちは率直に言ってある。が,他国を武力で攻撃するということの現代社会における意味を考えると,果たしてどうであろう。戦争を遂行するには莫大なお金が必要である。そして,莫大なお金を使うだけの効果・見返りが得られる場合に限り,戦争は発生する。昔は領土や資源の確保で,戦争はそれなりにペイするものであったが,現在は投資効果はほとんどないに等しく,そのため世界中を巻き込む戦争は発生していない。起こるとしても,国家対国家ではなく,テロか小規模紛争ぐらいであろう。となると,9条を改定してまで,対国家の戦争のための戦力を持つ必要は本当にあるのかとも思うのだが・・・。

戦争を起こしたくて戦争をする国家は,21世紀の現代にはないと思う。むしろ,やむを得ず,自衛のために戦争をしてしまうケースばかりなのではないかと思う。であれば,戦争が発生するメカニズムを研究・分析して,戦争を予防するような行動を国の枠を超えて全世界で協力していけば,戦争は起こらず,そして戦力を持つ必要はなく,軍事に費やしていたお金を教育・医療など,建設的で平和構築に有効な分野に投資していくことで,全世界は幸福に近づくのではないかと思うのだが。そして,そのような方向に世界を導く資格と能力は,我が日本には十分あると思うのだが。憲法9条改定に拘泥する代わりに,こちらの方に力を注いだ方が国内外の評判を得ると思うのだが。

なお,憲法を変えることを「憲法改正」と巷では表現されているが,「改正」とは,誤っているものを正すときに表現するものである。現在の憲法が誤っているかどうかは誰が判断しているのだろうか。一方で,「憲法改悪」という表現も一部ではされている。
憲法を変えることで良くなるか悪くなるかは,一方的には言えないと思うので,中立的な立場でいうならば,「憲法改定」が正しい表現だと思うのだが。

リオデジャネイロオリンピック真っ最中,夏の甲子園も始まり,アメリカ合衆国はイチロー選手がメジャーリーグ通算3000本安打を達成とスポーツで賑やかな昨今。その中,昨日の天皇陛下のビデオメッセージは,いろいろ考えさせられた。

日中は仕事のため,録画機をセットし,帰宅後改めて見た。
平成の時代の「玉音放送」,いや「玉画放送」というべきか,あるいは「人間宣言」というべきか。
昭和末期の社会の混乱,自粛の連続や,元号や葬儀などのあり方が密室で決められる非民主性を記憶する世代にとって,「生前退位」というのは現代に即した合理的である意味親切な方法だと感じる。
いきなり天皇が崩御してしまった時の混乱を避けるために,前もっていろいろ計画的に物事を,オープンな形で進めるべきだ。

確かにいろいろ新たな法整備が必要だったり,諸々の条件を考慮して慎重に決断しなければならないことはあるだろう。が,無駄な時間をかけているヒマはない。
「象徴天皇制」の役目を,現行の日本国憲法やその精神と照らし合わせつつ検証し直し,改革すべきところは改革し,守るべきところは守って,速やかに今上天皇の「生前退位」が可能となる環境を作っていかねればならない。
時間を浪費していると「生前退位」も出来ず,後に「国賊」内閣と言われる可能性があることを,現内閣には肝に銘じてほしいものだ。

今日7月14日は,フランス革命記念日。226年前の今日,バズティーユ監獄が打ち破られた日。
そして,太陽系のはるか彼方においては,米国の打ち上げた宇宙探査機が史上初めて,冥王星に最接近する。冥王星が惑星の座を降りて早9年近く。未知の”準”惑星の真の姿がどのようなものか,待ち遠しい。
さりげなく日々も,こうしてまた,歴史の中の貴重な一ページとなり重なり続けていく。

さて,戦後七十年の今年,今,日本は安保法案で揺れている。
日本国憲法に合致するかどうかは,専門家の意見を見る限り,明らかに答えが出ている。
それにも関わらず,欠陥だらけの法案を今国会で通すのは,誰がどう見ても明らかに変だろう。
これがまかり通るようであれば,無法国家とそしりを受けても反論できない。
そもそも,今の法律の体系でその職位についている者たちが,その法律の体系を無視するというのは自己矛盾ではないだろうか。
彼らは頭がおかしいのか,心がおかしいのか,あるいは両方なのか。
その人たちを支えている人たちもまた,頭がおかしいのか,心がおかしいのか,あるいは両方なのか。

その人たちがもともと,頭がおかしかったのか,心がおかしかったのか,あるいは両方だったのかは分からない。
いや,むしろそうではなかったと思いたい。
しかし,現実そうなってしまっているのはなぜか,何か彼らをそうさせているのか。

本当に個々人の人生にとって,国家にとって,世界全体にとって大事なことは何なのか,
心に手を当てて考えて欲しいものだ。
あるいは,自分の心の中にいる,幼き日々の自分に語り掛けてみるべきだ。
「自分の今の姿は,君にとって誇らしいものか?」と。

何時間審議時間を重ねても,議論が深まり,その結果より相応しい法案にならなければ
審議時間の数字の意味はない。
ゼロにゼロを何回加えてもゼロであり,ゼロに何らかの数字を何回掛け合わせてもゼロだ。
審議時間を重ねるにしたがって,いかに今の法案がずさんで穴だらけのものかが明らかに
なってきているだけだ。
普通に考えれば,いったん現在の法案を取り下げるべきだろう。
さもなければ,なぜこの法案成立を急いでいるのか,国民に納得できる説明をするべきだろう。
今の時点では特に緊急に法案を整備する必要性を,少なくとも私は感じない。それよりも,もっと優先すべき事項が山のようにあるはずだ,それを放置してこの法案にこだわる理由がさっぱり分からない。











昨日は終戦の日。昭和天皇の玉音放送が流れて68年が過ぎた。
あれから68年,幸いにも,日本は他国と戦火を交えることなく,現在まで至る。
68年,細かいことを言えばいろいろあったにせよ,少なくとも戦争に直接加担していない,という点では「平和」な時代を過ごしてこれたことは感謝したいものである。

が,最近は隣国との領土問題などでややきな臭い動きも感じる。現政権の,日本国憲法改正に関しての動きも気になるところである。

現日本国憲法の第9条に関して,これをあくまでも守ろうとする動きに対して,それに反対する勢力から「平和ボケ」という侮蔑の意がこもった言葉が浴びせられる。また,軽薄に感じられる世相に対しても「平和ボケ」という表現が使われることがある。

しかし,「平和ボケ」というのはそんなに悪いことなのだろうか。また,そもそも「平和」というのは何の努力もせずに得られているものだろうか。ボケているヒマがあるほど本当に今の日本は「平和」なのだろうか。

今の日本の「平和」が保たれているのは,多くの国民の不断の働き,努力のお蔭であることを忘れてはいけない。国民各自が,立場の違いこそあれ,ある程度の犠牲・苦行を受け入れた上で,各自がなすべきことをして,国の平和のために奉仕してきていたために,「平和」が実現できているのだ。国民の努力なしに「平和」が保たれている,などというのは大きな見当違いのように思える。国民が「ボケて」いては平和は保てない。「平和ボケ」という人本人こそがいちばん「平和ボケ」なのではないかと思う。

そして,「平和」を乱すものは何か,その「平和」を乱す根本原因を突き止め,「平和」が壊れる前に未然に防ぐことが今もっとも求められていることではないか。機会の不平等,絶望的な貧富の格差,過剰な欲望,教育不十分による偏見と差別,将来への不安と現状への強い不満・・・・これらが「平和」を壊す元凶であることは,誰もがある程度容易に想像できることであるが,それを解決するためにどうすればよいか,考え,出来るところから早く実践しなければならない。

このことに手を着けず,ひたすら「平和」を攻撃している人は,「戦争中毒」という重病にかかっているのだろう。「戦争中毒」患者には,その病気を治さない限り,未来はない。核兵器数発で,人類は全滅してしまう事実を知って,「平和」を攻撃する人は,正常な精神の持ち主とは言えない。

終戦の日の翌日に考えたことを記してみた。


今日5月3日は憲法記念日。1947年の今日,現在の日本国憲法が施行されて66年が経つ。
大日本帝国憲法が施行し,失効するまでが約57年半だったことを考えると,既に日本国憲法の方が有効期間が10年近く長くなっている。

ここにきて,憲法を変えようという動きが目立つ。憲法が時代に合わなくなってきているとか,日本を取り巻く現実に対応しきれないとか,今の日本の”体たらく”をもたらしたのは今の憲法だとか,”改憲派”勢力の意見は勇ましく,力強く聞こえる。一方で,”護憲派”の意見は,なかなか聞こえづらい。

しかし,果たして今の日本が本当に”体たらく”状態なのか,そもそもその”体たらく”は何を,いつの何と比較してなのかはきちんと定義してほしいものである。(決して現状が完璧で素晴らしい,とは思わないけれど。)
一部の特殊事情をあたかも普遍的事実と偽って,世論をミスリードするのはやめてほしいものである。

そもそも,憲法を変えて何をしたいのか,それが本当に,日本にとって中長期的に利益をもたらすものなのか。それをするには憲法を変えないとどうしてもかなわないものなのか。それを曖昧にしたままで,中途半端に仮に憲法を変えてしまっても,本当に実現したいことはできず,かえって今の憲法で守られていたことが守れなくなり,日本にとって害悪をもたらすことになるかもしれない。

憲法を考える際はどうしても反射的に9条を頭に思い浮かべるが,今の戦争の形は日本国憲法が成立したときとかなり変わってきていることも考えたい。(戦争の是非の判断は置いておいて。)
9条を変え,徴兵制を復活させようなどという人がいることも覚えるが,少子化が問題となっている今,ただでさえ貴重な若年層を,軍事に割くことは賢明な指導者の考えることではないと思うが。
そもそも,戦争は国際紛争を解決する手段としては現在まったく機能していない。戦争に負ければ当然,勝ったにしても,戦争にかけた労力に見合う利益を得ることは不可能であろう。だから,国の利益という観点で考えれば,戦争よりは,経済施策や,教育・環境保護などにかける方がよっぽど効率的であろう。

個人的には,今の日本国憲法で十分問題ないとは思うが,足りない部分や修正すべき部分があれば改憲すべきとも思う。ただ,今主に「改憲改憲!」と騒いでいる人たちには,賛同することはどうしてもできない。

大型連休も半ば。連休となると、祝祭日の本来の意味がどこかにすっ飛んで、ただひたすら与えられた貴重なオフの時間を、レジャーや休養に充てることに汲々としている雰囲気を世間から感じるが、果たしてこのような過ごし方でいいのかどうか、議論は別れるところである。
明日は憲法記念日。今から63年前、昭和22年の今日、明治22年施行の大日本帝国憲法に替わり、現在の日本国憲法が施行されている。
そして今年は平成22年。憲法を変えようという具体的動きは今は聞かない。自衛隊のあり方、米軍基地の存在、教育のあり方、国のかたち、憲法にまつわる議論は数々あれど、これも憲法の保証する言論の自由があればこそである。昨今の国内外の混迷に対応するためには、今一度、日本国憲法に立ち返り、この憲法の成立した歴史・経緯に思いを馳せ、国民ひとりひとりがまじめに国の将来を考え、行動する必要があると思う。今後もこころおきなく、大型連休を自由に自律して楽しみ続けるためにも。

このページのトップヘ