ブログネタ
イチロー に参加中!
イチロー選手が三千本安打を達成したことがメディア上を賑わしている。
悲しい事件やイライラする政治,経済状況が続く日本において,数少ない誰もが共感できる明るい話題として重宝されるニュースであるのは理解できる。
私も,彼の活躍には喝采を送る日本人の野球ファンの一人である。

しかし,一方でこの三千本安打というのは,あくまで日米通算で三千本安打ということに注意したい。
米国ではイチローのこの記録がどれだけ賞賛されているのかは,日本に住んでいる限りよく分からない。もしかしたら日本のスポーツメディアだけが騒いでいるのかもしれない。
逆に,もしも台湾や韓国などの国・地域のプロ野球選手が,祖国での大記録を引っさげて日本の球界にやってきて,継続して好成績を積み重ねて,通算での大記録を打ち立てた場合,日本のメディアはどれだけの扱いで取り上げるだろうか。また,彼らの祖国がその選手の記録で大騒ぎしている風景を見て,日本の人たちはどのような感想を持つだろうか。

確かにイチローが安打を打ち続けることは素晴らしいことだし,その活躍をニュースで知るのは楽しい。でも,メディアのイチロー選手報道には,やや違和感を感じるところもあるのが私の正直な感想でもある。

それにしても,イチロー選手が今まで打ち立てた記録の数があまりに多く,一つ一つの記録の重みがさっぱり分からなくなってきている。それだけの記録を作り続けるイチロー選手が並外れた才能の選手であることだけは確かなことだが。