矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:横綱

横綱稀勢の里が引退してしまった。
横綱昇進後,最初の場所で二連覇を達成して以降,その場所での無理がたたり,あとは,休場を繰り返して,横綱としての力強い相撲を披露することができず,現在に至ってしまった。
横綱としての連敗記録や,直近の連続休場を見て批判する人もいるが,本人を責めるのはちょっとかわいそうだろう。
そもそも,横綱昇進時の経緯も,今思えばやや強引だったかもしれない。そして,久々の日本出身横綱として,本人に過剰な期待とプレッシャーをかけた周囲や一般ファンの姿勢も問われるべきかもしれない。偏狭なナショナリズムや外国人への差別意識の裏返しによる,日本出身力士に対する過剰なひいきの感情が,稀勢の里を追い詰め,力士生命を縮めてしまったような気がしてならない。それが私は非常に悔しく哀しい。
残る2横綱も,鶴竜は今場所再び休場してしまい,白鵬も全盛期に比べるとかなり力が落ちてきた。今年中に彼らも,少なくとも一人は引退してしまうような気がしてならない。そうしたら,その後を継ぐ看板力士はいったい誰になるのか。
長く隆盛を誇ったモンゴル出身力士だが,一時期に比べると勢いがなくなってきている。そもそも,外国から幕内力士を目指して入門する力士も減ってきているように思う。有力な外国出身力士の減少で,相撲の質が低下し,相撲そのものが日本から消えてしまう事態が現実味を帯びる日が近々来てしまうかもしれない。
何だか,今の相撲界を見ていると,日本社会の縮図を見ているような気がしてならない。日本を支えているのは日本人だけではなく,外国の人々のおかげでもあることを自覚し,彼らにもっと感謝すべきなのだ。

大関稀勢の里がやっと初めての幕内優勝を飾った。
ここのところの安定した成績に加え、千秋楽に横綱白鵬を破ったことで、横綱になるのは間違いないだろう。今場所に限ってはライバル力士の休場やケガによる不調という幸運があったものの、私も横綱昇進については問題ないと思う。昨年に続き、日本出身の優勝力士が誕生し、年初の私の予想が当たり嬉しい。 

20年前に比べると本当に相撲の世界はグローバル化が進んだ。外国人力士、外国出身力士の割合が増えた。10年間は外国人力士、外国出身力士が優勝し続け、日本出身の横綱も10年以上不在だった。外国人力士、外国出身力士の活躍は色彩豊かで見ていて楽しい反面、自国出身力士の目覚ましい活躍が長い間あまり見られなかったのは寂しい気持ちもあった。

今後は、せめて横綱・大関陣の一角はimage
日本出身力士が占め、常に外国出身力士と日本出身力士が激しい優勝争いを繰り広げていって欲しいものだ。そのことにより、相撲界が国内外から更に注目や関心を集めていってほしい。それが,相撲を通じての日本のソフトパワーの貴重でかつ力強い発信になると思うからだ。

このページのトップヘ