矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:決勝

現地時間の今夕から、準々決勝。
ベスト8のチームの、頂点への戦いがいよいよ始まる。
準々決勝以降の展開を予想してみる。

準々決勝

ウルグアイ対フランス
戦力は五分五分も、戦い方の華やかさではフランスが上。安定度や守備力はウルグアイが優位かとも思うが、順当ならフランスが勝ち上がるはず。

ブラジル対ベルギー
ここも総合的な戦力は五分五分と思うが、過去の実績や、直近の試合運びの安定度から見るとブラジルが優位。攻撃力はほぼ互角か、あるいはベルギーが上回るかとも思うが、守備力は今大会のブラジルの安定度はピカ一。ベルギーには、日本の分まで頑張って勝ち上がってほしいものだが…


スウェーデン対イングランド
開幕前の下馬評ではイングランド圧倒的優位と思うが、今大会入り後の試合ぶりを見ると、そこまでの差はない。スウェーデンの守備力はブラジルと双璧。イングランドの攻撃力がスウェーデンにどこまで通じるか。イングランド優位と見るが、時に不安定さも見せるイングランド、スウェーデンにもチャンスは十二分にある。

ロシア対クロアチア

地元の利でここまで勝ち上がったロシアだが、果たして。戦力の比較だけならクロアチアの優位は堅い。クロアチアは、グループリーグで見せた高い攻撃力が、ここに来てやや下降傾向なのが気になる。もつれると波乱も。だが、恐らくクロアチアが勝ち進むと思う。

準決勝

フランス対ブラジル(予)

総合的戦力ならブラジルだが、チームの相性を考えると、フランスが圧倒的優位。フランスが勝ち上がると思う。

クロアチア対イングランド(予)

安定度ならクロアチアだが、過去決勝進出できたチームは12国のみで、新参者が入るために超える壁は果てしなく高い。イングランドが52年ぶりに決勝に進むと予想。

三位決定戦

ブラジル対クロアチア(予)

果たして両チームがどれだけのモチベーションを持ってこの試合に臨むのかわからないが、クロアチアの方がより高い気持ちでこの試合に入るように思うので、クロアチア三位、ブラジル四位と予想。

決勝
フランス対イングランド(予)

「ドーバー海峡決戦」などとマスコミでは報道されるかも。それぞれ2度目、かつ、自国開催以外での大会初制覇を賭けての対戦は、フランス優位と見る。イングランドは若さと、そこから来る不安定さが気がかり。

かくして、フランスが20年ぶり2度目の優勝を飾ると予想する。




ブログネタ
サッカーW杯、あなたの注目ポイントは? に参加中!
準決勝は既に終わり,決勝はドイツとアルゼンチンのカードに。
私にとってこの決勝の組み合わせは,非常に懐かしさを覚える。1986年と1990年と同じカードだ。
あのときはマラドーナの全盛期。あれから四半世紀前後が経過しているとは。光陰矢の如しだ。

さて,前回のブログで書いた予想を検証してみよう。

ブラジル − ドイツ 
 ブラジル若干有利と書いていたが,まさかのボロ負け。
 日本人の私が観ても痛々しかった。ましてやブラジルの人にとっては,”惨劇”,戦争に負けたような感情だったと想像する。
 心身のコンディションからはドイツの方が上回るとは思っていたが,もはや団結力でどうなるレベルでもなかったのだろう。あまりにも私がブラジルをここにきて過大評価してしまったようだ。

アルゼンチン − オランダ
 地の利でアルゼンチン有利と書いていたが,PK戦決着となった。
接戦になるとは思ったが。

予想としては一勝一敗。ドイツの勝利も容易に予想できていただけに,ブラジルの見えないオーラに錯覚させられてしまったのが痛かった。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

三位決定戦の結果も既に出た。オランダがはじめての3位、ブラジルはドイツ戦に続く惨敗で失意の4位になった。
さて、三位決定戦の意義がいろいろ言われているが、私はあった方がよいと思う。
世界のベスト4に残ったというのはそれだけでも快挙であるし,オリンピックでいえば銅メダルマッチだ。
優勝を決める試合でないために確かにその価値に疑問を抱く向きは理解するが,サッカーという球技を純粋に楽しめるいい機会だと思う。
今回は決勝進出経験豊富なチーム同士だから,三位決定戦へのモチベーションという点では低くなるのは,当事者にとっては否めない部分はあるだろうが,初の準決勝進出チームにとってはもう一つの晴れ舞台といってもよいだろう。
それに,この三位決定戦は結構点がたくさん入って面白いゲームになることが多い。
最初にアルゼンチンとドイツが決勝を戦った1986年から,以降の三位決定戦のカードをスコアを見てみよう。

1986年 フランス 4−2 ベルギー
1990年 イタリア 2−1 イングランド
1994年 スウェーデン 4−0 ブルガリア
1998年 クロアチア 2−1 オランダ
2002年 トルコ 3−2 韓国
2006年 ドイツ 3−1 ポルトガル
2010年 ドイツ 3−2 ウルグアイ
2014年 オランダ 3−0 ブラジル

スコアレスドローの試合は一試合もない。”優勝”につながらないし試合で双方勝負に淡泊になり,守備が綻ぶ傾向にあるからだろうか。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

さて,後八時間余りで,決勝も始まる。実はドイツとアルゼンチン,前ローマ教皇と現ローマ教皇の出身国同士だということに気づいた。ベネディクト16世がドイツ出身,フランシスコがアルゼンチン出身だ。まさに”神の奇跡”としかいいようがない。
決勝の結果の予想は今回はあえてしない。結果は神の意志に委ねよう。

次回は,FIFAワールドカップ ブラジル大会の総括を記す予定である。




image

ブログネタ
サッカーW杯、あなたの注目ポイントは? に参加中!
準々決勝がすべて終了し,4強が出そろった。
さて,前回のブログで書いた予想がどれだけ当たったか検証してみよう。

ブラジル − コロンビア 勝利予想 コロンビア×
 地元が強かった。過去の対戦成績もブラジルが圧倒していたというデータをもう少し重視すべきだった。
 地元開催という精神的重圧と,主力の調子からコロンビアの方が有利と思っていたが。
 なかなかワールドカップは,新参者にたやすく準決勝以降への道を開いてくれないようだ。

フランス − ドイツ 勝利予想 フランス×
 これも,過去の対戦成績はドイツの方が勝ち越ししていたというデータと,ワールドカップとの相性という点をもっと重視すべきだった。1998年以降,一大会おきに好不調を繰り返すフランスだったが,今年は8強止まりだった。
 
オランダ − コスタリカ 勝利予想 オランダ○
 勝ち上がり結果だけを見れば順当だが,オランダがもっと圧勝するかと思っていただけに,PK戦までもつれたのは意外であった。これはコスタリカの健闘を讃えるべきだろう。
 
アルゼンチン − ベルギー 勝利予想 アルゼンチン○
 これは準々決勝の中ではいちばん順当な結果だったといえる。しかし,アルゼンチンの強いのか強くないのか分からない戦いぶりはどう表現すればいいのか・・・。

 結局,準決勝に勝ち上がったのは,ブラジル,オランダ,アルゼンチン,ドイツの,過去に三回以上決勝に進出した経験のあるチームばかり(しかもオランダ以外の三チームは優勝経験のある(それも複数回)チームばかり)の,よく言えばおなじみ,悪く言えば変わり映えのしない顔ぞろえとなった。

----------------------------------------------------------------------------------------

さて,現地時間では今日から二日かけて準決勝の二試合が行われる。ここまで来たら,決勝まで合わせて予想してみたい。

ブラジル − ドイツ 
 難しい。地力や過去の対戦成績を考えれば,ブラジルがやや優勢なのだろうが,ネイマール選手の負傷欠場など,心身のコンディションは明らかにブラジルの方が厳しく,ドイツの方に余裕を感じる。接戦になればドイツが勝ちそうな雰囲気を感じるが,一方のドイツも,4大会連続4強以上の安定した成績を残している一方で,準決勝以上では今ひとつのところで勝ち切れない勝負弱さも感じる。
 かえってネイマール負傷欠場で,ブラジルの選手の団結力が強まるということもあるかもしれないことを考え,52対48でブラジル優位と思う。

アルゼンチン − オランダ
 これも難しい。地の利を考えればアルゼンチン優位だが,ここまでの戦いぶりを見ると,よくぞ準決勝まで勝ち残れたものだという思いが強い。準決勝までたどり着けた最大の要因は,くじ運といってもいいかもしれない。強敵オランダに今までの戦いぶりが通じるかどうか。とはいいつつ,オランダも明らかにここにきて若干調子を落としつつあるようだ。スペイン,チリとの同じ組の厳しい組み合わせだったグループリーグを逆転勝ちなどで勝ち抜き,トーナメント一回戦も残り数分でうっちゃり,準々決勝もやっとこさPK戦で抜け,疲労がたまっているだろう。
 ここは,54対46でアルゼンチン優位か。

もしもこのとおりであれば,決勝はブラジル対アルゼンチンの南米対決,三位決定戦はドイツ対オランダの欧州対決になる。三位はドイツ,決勝はアルゼンチン勝利というのが私の現段階での予想である。

----------------------------------------------------------------------------------------

さて,今大会はもう一つ,”日本対戦国の呪い”が若干解けた大会といってもいいかもしれない。

以前ブログで,「日本と本大会で対戦した国は,次の大会以降不振に陥いり,日本と対戦した時の成績を上回れない」
と記した。
この縛りが,以下三チームに関しては解けたのだ。

ベルギー (’02年対戦 2−2 日本)
   ’02 十六強 以降 本大会出場なかったが ’14年久々の本大会出場
   ⇒ 今大会 八強。日本と対戦した’02年時の成績を上回る。
ブラジル (’06年対戦 4−1日本)
   ’06 八強 ’10も八強止まり 
   ⇒ 今大会 四強以上決定。 日本と対戦した’06年時の成績を上回る。
アルゼンチン(’98年対戦  1−0 日本)
   ’98 八強 以降,八強が最高成績
   ⇒ 今大会 四強以上決定。 日本と対戦した’98年時の成績を上回る。

今回四強に勝ち残ったチームは,ドイツを除き,本大会で日本と対戦したことのあるチームばかりである。
今大会は,もしかしたら日本と本大会で対戦したことのあるチームから、日本対戦後はじめて優勝するチームが出る大会となるかもしれない。
   image

ブログネタ
高校野球 に参加中!
私の夏休みは一昨日で終わり、昨日から職場復帰している。通勤電車は,まだ心なしかいつもよりもすいているような気がする。
私の夏休みとともに開幕した今年の夏の甲子園大会も,今日で準々決勝が終了し,四強が出揃った。
今年は例年にもまして劇的展開が多いような気がする。満塁本塁打あり,土壇場の逆転劇あり,延長戦あり。ここ数年の大会の中では,5年前の2006年、早稲田実業と駒大苫小牧の決勝引き分け再試合のあった大会に匹敵する面白さだと感じている。
勝ち上がったチームの面々を見ると,今年は関東勢が強いようだ。ここ数年強かった九州勢やかつての野球王国四国勢が早々と姿を消し,地元近畿勢も今一つ振るわない。私のこども時代や若かりし頃は,まず寒冷地のチームが早々と姿を消し,最後に残るのは決まって近畿勢や四国勢で,なんとか関東勢が四強の一角を占めるかという展開が多かったのと比べると,隔世の感がある。既に北海道は2回,沖縄も昨年深紅の優勝旗を手にしているし,もはや地域格差はほとんどないと考えていいだろう。
地域格差に代わって,今は公私格差の方が大きくなっているといった方がよいかもしれない。今年に限っていえば,結構公立勢は健闘したといえるが,それでも準々決勝進出8チームのうち公立チームは1チーム。平成以降で
優勝した公立チームは22チーム中3チーム,ここ5年は八強のうち公立チームは1チームあるかないかという状態だ。特に首都圏や近畿圏など,都市圏ではなかなか公立チームが甲子園に出場すること自体非常に難しい状態が続いている。このような事実が何を意味しているか,そして今後高校野球がどのようになっていくのか,いろいろ考えるところはあるが,それは次回更新時に記そうと思う。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

残り二日。関東の強豪・古豪の久々の優勝か,あるいは岡山の夏初優勝か,それとも東日本大震災に苦しむ東北勢に夏春通じての初大旗か,結果は順調ならば明後日。

ブログネタ
高校野球 に参加中!
決勝戦は歴史的な大差がつき,一方的な展開になってしまった。
今冷静に考えると,準決勝までの両方のチームの戦い方を見れば,投手のコンディションの違いは明らかだった。
大阪代表が,しかも同じチームが17年ぶりの優勝を17点差で決めたというのは,単なる偶然だろうが,数字としては美しい。それにしても,強豪といわれた大阪代表が17年間も夏優勝していなかったのは不思議だった。私が子供時代は,3,4年に一度のペースで必ず優勝していた。大阪代表が優勝から離れていた17年の間に,弱小といわれた佐賀代表が2回も優勝したり,北海道代表が三連覇しかけたりしていたのを目の当たりにして,時代は変わるものなのだなあというのを実感した。

----------------------------------------------------------------------

今回で90回を迎えた選手権大会だが,ここ数年見る限り,野球の質も選手,監督,学校の質も,そして諸環境も明らかに変わってきている。少子化,地球温暖化による夏の酷暑化といった傾向を見据え,選手保護の観点から過密スケジュールの見直し,ルールの変更などに手をつける時期に来ているのではないか。野球が日本のもっとも人気あるスポーツであるのは高校野球に拠るところが大きいと思うが,下手をすると,高校野球ゆえに野球人気が下がることもありえる危険も秘めている。

北京五輪と同時進行で進んだ甲子園の大会も今日閉幕し,いろいろ思ったことを記してみた。

このページのトップヘ