矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:沖縄県

今日,沖縄県で県民投票が行われる。辺野古埋め立ての是非を問うものだ。
冷静に考えれば,どう見ても「反対」が強いのが目に見えているが,それでもあえてやる理由は何なのか。
もっとも,投票方法などを見ると,どうしても「賛成」を増やしたい,「反対」を少しでも少なく見せたいような姑息で卑怯な細工がいろいろされているのが何とも不快ではあるが・・・

東アジアの平和を守るため,軍事バランスをとるために沖縄の基地を維持したいという考えがあり,そのためにどうしても沖縄から基地を動かす選択肢は取れないらしいが,そもそも,その発想ではどうやっても基地問題は未来永劫解決できないだろう。
戦争の勝利が国益につながっていた前世紀の考えからはいい加減卒業すべきだろう。現に,今の先進国で表立って戦争をしている国は一つもない。戦争をすることがハイリスクであり,そのリスクに見合うリターンは得られないことが分かっているからだ。
そして,平和を維持するための軍事費も,果たして本当に意味あるコストなのか吟味する必要がある。
莫大な軍事費を費やすよりも,未来の人材を育てる教育費に回し,その人材から得られる納税費を期待した方がよっぽど国益につながると思う。また,敵対する国・勢力のために軍事費をつかうくらいであれば,その国を理解し,友好的な関係を構築できるような人材を育成した方が,よっぽど生産的だろうし,どちらの方がコストが安上がりか,正常な頭脳と精神を持っている人であれば自ずと正解はわかるだろう。
それが分からない人ばかりがなぜ組織の指導者としてのさばっているのかが,本当に理解不能・意味不明なのだが・・・

日本と時差のない韓国で,日本と違うタイムゾーンにし,時差を設けようという意見があるらしい。
日本の標準時の基準となっている東経135度は,韓国領土を通っておらず,現状は日本に押し付けられたタイムゾーンとなっている,韓国本土を通っている東経127.5度を基準にし,今より韓国標準時を30分遅らせようというものらしい。
果たしてこの意見が,韓国内で支持を受けるのかどうかは分からない。私の予想では,経済界から反対を受けて頓挫するとは思うが。

世界を見ると,おおよそ一つの国では一つの時差となっているところが多いようだ。あの広大な中国でさえタイムゾーンは一つのみ。複数のタイムゾーンを持っているのは,ロシア,カナダ,米国,ブラジル,オーストラリア等10か国以下。日本も一つのみである。
が,日本も実は世界地図で見るとそこそこ東西に長い国でもある。複数のタイムゾーンを持ってもいいかもしれない。
地方分権,経済特区設定による活性化を狙うなら,複数のタイムゾーンを設けるというのも一つの仕組みとしてありかもしれない。

私なら,こうしたい。
経度が15度で1時間,5度で20分の時差が発生することを考え
なるべく連続した陸地では一つのタイムゾーンとすることを念頭に置くと,
北海道・・・+30分
本州東部(新潟・長野・静岡以東)・・・+20分
本州西部(富山・岐阜・愛知以西)および四国・・・変わらず
九州本土および薩南諸島以北・・・・・−20分
沖縄県(先島諸島除く)・・−30分
先島諸島(宮古島・石垣島地方)・・・−40分

こんな感じか。
生活実感としてはこれが適当なところだろう。これなら太陽が真南に来たときに
ちょうど正午になる。
国内でも時差があれば,ちょっとした異国気分・旅行気分も味わえるというものである。
(その反面,不便さも増すだろうが)

・・・まぁ,実際このような案が採用されることはまずないだろうが。




このページのトップヘ