矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:猛暑

まだ関東地方は梅雨明けの話を聞かない。にも拘わらず,7月に入ってから雨がまともに降った日がここのところ一日もない。
果たして梅雨前線はどこへいってしまったのか,中休みというにはあまりに長すぎる。どっかにとんずらしてしまったのか。

15日から昨日までの3連休は東京近辺も33〜35度という猛暑に見舞われ,屋外に出るのも億劫であった。ここまでくると,晴天が「天気がいい」という気にもなれない。刺すような日差しは,目に見えないとがった針の様にも思えてくる。本当に「天気がいい」といえるのは,実は曇りの日だけなのかもしれない。

梅雨の間の雨の降り方も,明らかに昔と比べると変ってきたように感じる。かつては,雨がしとしとと静かに,しかし長く降ることが多かった。今は,短時間で猛烈に降る,まさにゲリラ豪雨という感じの降り方が増えたような気がする。これも,地球温暖化の影響なのか。日本列島は,今世紀に入ってから,温帯から亜熱帯〜熱帯気候に入ってしまったような感じさえ受ける。

そして,梅雨の間の雨の振り方に呼応するかのように,最近の世相も何だか荒れ気味である。やたらと苛々している人間が多いような感じを受けるのは気のせいか。わざと怒りを買うような挑発的な言動,行動を取る人がマスコミなどの報道を賑わし,それに触れる人の心をささくれ立たせる。こんなよどんだピリピリした空気のところには,誰好んで住みたい,生きたいとは思わないだろう。少子化がますます進む訳だ。もう少し,余計な物事から自由になり,心を落ち着かせ,本当に向き合うべき物事に集中したいものである。そして,自分の物欲からも解放され,隣人・社会が必要としていること,喜ぶことはなにかを考え,それに対して自分が貢献できることは何かを考えたいものだ。

先週末に早くも梅雨明けし,その後連日の猛暑,いや厳暑,激暑,烈暑,酷暑,絶暑とでもいうほどの暑さが続いている。

梅雨明け十日は暑さが厳しいのは覚悟はするが,七月に入ってまもなくの不意打ちのような梅雨明けで,この暑さでは本当に参ってしまう。

この暑さと,大して降らなかった雨とで,電力不足と水不足が心配だが,今年は昨夏までほどの厳しい節電要請は聞いていないし,水不足の話も余り聞かない。この点は本当に幸運である。

ただ,この暑さがあと2,3か月もダラダラ続くようだと,本当に体力が心配だし,過去20年ぐらいの”大地震の法則”が心配される。夏だから暑いのは受容するが,せめてもう少し穏やかな暑さを期待したいものである。

こうも暑いと、じっくりかんがえることが難しい。参議院議員選挙も何だか面倒臭くなってしまう。いけないことだが…

2
それにしても、暑い日が連日続く。ここ数日は雨も降り多少過ごしやすくなったとはいえ、35度前後まで日中は気温が上がり、夜は暑さが残って寝苦しい日が続く。
職場では2010年度下半期の予算・実行計画策定のため連日関連部署との調整や細かい数値合わせの厳しい日々。心身に疲労がたまりつつある。娘はここのところ急激に言葉の量が増えてきた。言葉によることばのコミュニケーションがより円滑になり楽しい。ただ、その分娘の自己主張も激しくなり、振り回されて大変ではあるが。
…しかしこう暑くては頭が働かない。もっと別のことを書こうとしていたが、次回以降に延期。
こうしてまたひとつの月が終わり、明日から新たに月が始まろうとしている。

ブログネタ
日記・ひとりごと に参加中!
昨日から暑さが急に厳しくなっている。
まだ関東地方は梅雨明けしていないはず。梅雨前線はどこへいったのだろう。
梅雨入り後は比較的よく雨が降っていたはずだが,6月下旬以降,まともに雨が降った記憶がない。中休みの割りにはずいぶんお休みが長い気がするが。もう長期休暇から今年は退職してしまったのだろうか。

それにしても,私が成年前には35度などという気温はまず聞いたことがなかった。33度という言葉を聞いてものすごい暑いなぁという感覚だったが,今では33度では「まだそれほど暑くはなってないなぁ」という感覚になってしまった。人間の慣れとは恐ろしい。

日本の夏が明らかにおかしくなったのは,1994年以降だった。1993年は梅雨明けがなかったといわれるほどの冷夏で,国中米不足,タイから輸入した米がまずいだのという傲慢な声が町中であふれていた。その翌年が猛烈に暑く,自分の体温を超えるか超えないかという温度をテレビの気象情報で頻繁に聞くようになった。あれから年によって程度の差はあるものの,1993年以前とは比較にならないほど夏が暑くなってしまった感じがする。特に梅雨明けの暑さが酷くなったようだ。

梅雨にしても,雨がしとしと降るというよりも,集中豪雨という感じの降り方が増えたような気がする。よく言えばメリハリが利いていると表現できるが,夏休みの遣り残した宿題を最終日に一気に片付けるような感じでもある。もっと計画的に,我々の日常生活に悪影響を与えないように降って欲しいものだが,これは人間の勝手なわがままだろうか。

このページのトップヘ