矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:稀勢の里

横綱稀勢の里が引退してしまった。
横綱昇進後,最初の場所で二連覇を達成して以降,その場所での無理がたたり,あとは,休場を繰り返して,横綱としての力強い相撲を披露することができず,現在に至ってしまった。
横綱としての連敗記録や,直近の連続休場を見て批判する人もいるが,本人を責めるのはちょっとかわいそうだろう。
そもそも,横綱昇進時の経緯も,今思えばやや強引だったかもしれない。そして,久々の日本出身横綱として,本人に過剰な期待とプレッシャーをかけた周囲や一般ファンの姿勢も問われるべきかもしれない。偏狭なナショナリズムや外国人への差別意識の裏返しによる,日本出身力士に対する過剰なひいきの感情が,稀勢の里を追い詰め,力士生命を縮めてしまったような気がしてならない。それが私は非常に悔しく哀しい。
残る2横綱も,鶴竜は今場所再び休場してしまい,白鵬も全盛期に比べるとかなり力が落ちてきた。今年中に彼らも,少なくとも一人は引退してしまうような気がしてならない。そうしたら,その後を継ぐ看板力士はいったい誰になるのか。
長く隆盛を誇ったモンゴル出身力士だが,一時期に比べると勢いがなくなってきている。そもそも,外国から幕内力士を目指して入門する力士も減ってきているように思う。有力な外国出身力士の減少で,相撲の質が低下し,相撲そのものが日本から消えてしまう事態が現実味を帯びる日が近々来てしまうかもしれない。
何だか,今の相撲界を見ていると,日本社会の縮図を見ているような気がしてならない。日本を支えているのは日本人だけではなく,外国の人々のおかげでもあることを自覚し,彼らにもっと感謝すべきなのだ。

IMG_20170127_154832昨今は何事も効率が求められる。最小のコストで最大のパフォーマンスを得ることがもてはやされる時代だ。
仕事でも教育でも,あらゆる方面で,少しでも無理・無駄・ムラがあると,いろいろ批判・非難されてしまう。
無理・無駄・ムラを生じる最大の敵は失敗である。だから,失敗を避けるために,人々は安全志向を高め,少しでも実績のある,リスクの少ない選択肢を選ぼうとする。

しかし,効率ばかりを求める社会が果たして本当に幸福なのかどうかは議論の余地があるように思う。
何でもかんでも,ちょっとした利益を確保するために,失敗を恐れて窮屈な生き方をしていても,楽しいとは感じられない。
人生の目的は何か。うまく生きることなのか。投資効果を最大化することが最も価値あることなのだろうか。

大きな果実を得るためには,一時期は無駄に見られること,思い切り非効率なことをしないといけない時もあるのではないか。
医者や弁護士になるためには,やはりそれなりの勉強を時間をかけてしないと高度な知識を得ることは出来ない。一流のスポーツ選手や音楽家になるためには,普通の人の何倍もの時間と労力をかけて練習・稽古に励む必要はある。もちろん,勉強法・練習方法の中には,より効率的に行う方法論はあることはあるだろうが,本物の人物,本物の仕事をするためには,一定以上のコストはかけなければいけないはず。そもそも,勉強や練習・稽古自体の中に好きなことを見つけて,進んで努力する気持ちを持てる人だけが,そのような道を歩んでいけるものなのではないか。

どのような人にも,自分の好きなこと,夢中になれるものはある。そのために,他のことは効率的に済ませ,好きなことのために効率を度外視して集中することこそが,人生をより良く生きる秘訣なのかもしれない。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

なぜこのようなことを書いたかというと,今年最初の四半期のスポーツシーンを見てそのことをまざまざと感じたからだ。大相撲の稀勢の里,WBCの日本代表,そして選抜高校野球。
今年の選抜高校野球大会で,八強に残ったのは,複数チームが出場している府県のチームばかりである。そして,まさかの延長再試合が二試合連続で発生している。
巧くやろうという気持ちよりも,とにかく全身全霊を懸けて勝つためにひたすら頑張ろうという姿勢が,結果的に実を結ぶことが多いようだ。

かくして,2016年度は幕を閉じていく。来る素数年度,2017年度は果たしてどんな年度になるだろうか。

このページのトップヘ