矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:終了

ここまで,続けてきたこのブログ。続けるのもこのところいろいろあり,終わりにしようか・・・
と実は前々から考えていて,正直,今日をもって少なくとも一時停止としようと思ってた。












が,気を取り直して,もう少し続けてみることに。



少なくとも,平成時代が終わるまでは続けよう。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
明日からの2,3年は,少なくとも日本にとっては今までにない非常に激動の年が続くと感じている。

何せ,2019年,2020年のカレンダーが異常である。毎年祝日が滅茶苦茶変わる。
そして,2019年中には元号が変わる。
更に,2019年にはラグビーW杯,そして2020年には二度目の東京オリンピックが開催される。
更に更に,今年は参議院選挙があり,更に衆議院選挙もこの三年内には必ずある。日本国憲法の改定の動きもあるかもしれない。

思えば,昭和最末期の1988年から2012年までは,平成の最初の大半だが,自民党一党独裁の政治が崩れ,連立与党で揺れ動く時代であった。そして,その四半世紀間,西暦年で見ると,必ず4桁の数字のうち,少なくとも1つは同じ数字が含まれていた。
2013年から2019年までは,安倍首相の二度目の首相時代。株価は一気に高騰し,見た目は景気が良くなった。しかし,政治の反動化が進み,世相もぎすぎすし,どうも息苦しい世相が続くようになってきた。この7年弱の間は,西暦年で見ると,4桁とも互いに異なる数字であった。

2020年からは再び,2030年までの11年間は,4桁の数字のうち,少なくとも1つは同じ数字となる時代に突入する。この新たな元号の時代が始まる年から,何か日本が新ステージに立つような時代になるような気がする。それが明るい時代なのか,更なる暗黒時代に突っ込むのかはわからないが・・・

今日を以て,当ブログを終了することとした。

4年数か月の間,ご愛読くださった方,本当にありがとうございました。



テレビのアナログ放送が終了した。

もう手元のラジオでテレビの音声を聴くことはできない。
いろいろな事情でテレビの画面が見られないとき、ラジオの音声から画面を想像する楽しみを味わうことはできない。
(もっとも、今はインターネットがあるが。)

もうアナログ放送用のチャンネルでは画面の上下の黒帯や
アナログ放送終了まであと何日という煩わしい表示に悩まされることはない。
(もっとも、これからは砂嵐の画面を見ることしかできないが。)

さよなら アナログ放送
そして
お疲れさま ありがとう アナログ放送

このページのトップヘ