矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:西日本豪雨

今日,今年の漢字が発表になった。
2004年以来14年ぶり2度目の「災」。

まぁ,ある程度は予想できた。西日本豪雨に北海道胆振東部地震,大阪北部地震に台風その他,いくつ自然災害に日本は見舞われたか。日本のみならず,世界各地であった。もっとも,自然災害は毎年どこでもあるものだが,例年以上に大規模なものが多かったように思う。
これは地球規模の気候変動によるものなのか。

しかし,2018年の漢字が「災」になったというのは,この年の個性を考える上では最適解ではないように思う。二位が「平」,三位が「終」とあるが,一年を通して(と今日時点で想定されている)
平成最後の年という意味では,二位,三位の漢字の方が,この年をより特徴付けるものに思う。
「平」は「平成最後」,「平昌冬季五輪」,南北首脳会談,米朝首脳会談開催で何とか「平和」を維持しようという動き,フィギュアスケートでは新星「紀平」選手が躍動。
「終」は,一時代の終わりを告げるかのように,西城秀樹が亡くなり,安室奈美恵が歌手引退。貴乃花親方もまさかの日本相撲協会から引退,角界から完全に去ってしまった。日産のゴーンCEO逮捕も一時代の終焉を感じる。

そもそも、今年の漢字を「一文字だけ」で表すこと自体、無理があろう。その一年を通じて人々が感じたことは個人によって違うし、また、1人の中でもその時点時点で思うこともそれぞれだ。今年は自然災害が多かったのは事実だが、それだけではない。中には今年恵まれた一年、幸せな一年だった人もそれなりにいるはずだ。なのに、今年の漢字が「災」では、そのような人々を冒涜することにならないかとふと思うものである。

※ 

このブログも今後のことを考えると,このまま継続してもいいものかどうかなかなか悩ましいところである。どうもこのところ書こうというエネルギーがなかなか持てなくなってきている。

当初は、FIFAワールドカップロシア大会の準決勝を終えた時点での、三位決定戦と決勝の展望を書こうと思ったが、それどころではない。

先週末の、西日本一帯を襲った豪雨は凄まじかった。水害と地震津波の違い、死亡者の数の規模の差はあるが、東日本大震災に匹敵する自然災害だ。
その中で、豪雨の被害が予想されているにも関わらず、自民党が酒宴を開いていたことが批判されている。
まあ、タイミングが悪かったといえばそれまでなのだが、それにしても、水害から逃れようと必死な国民がいる中、能天気に飲み会の写真をSNSに投稿する神経が理解できない。
もっとも、自民党のみならず、野党の中には同じタイミングでパーティーをしていたところもあるようだ。そのことに対しても批判の声もある。
しかし、自民党の酒宴には、災害時に陣頭指揮を取るべき首相や担当大臣が、本来優先すべき仕事をせずに参加している。このことがいちばんの問題ではないか。「被災者のことを考えて酒宴やパーティーは自粛しろ」と私は言っているのではない。そのようなことをしていたら、毎日世界のどこかで不幸が出来事があり、酒宴やパーティーはずっと行えない。
やるべきことをせずに、飲み会にうつつを抜かすな、といいたいだけだ。
「国民の命と財産を守る」という首相の言葉はウソなのか。
本当に今の内閣、首相の姿勢、態度にはイライラさせられる。誠実さがまったく感じられない。

西日本豪雨で、JRの在来線がかなり壊れてしまったようだ。復旧まで数ヶ月単位かかるらしい。今夏の「青春18きっぷ」は、かなり使い道が限られてしまう。加えて、とみに最近は人身事故や車両故障などで、列車がなかなか時間どおり運行されない。「青春18きっぷ」を使っての遠出はだんだんリスクが高まってきているように感じる。この調子では、電車よりバスや飛行機を選択する流れが更に加速するように感じる。

最後に、やはりFIFAワールドカップロシア大会の予想。
優勝 フランス
二位 クロアチア
三位 ベルギー


このページのトップヘ