矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:西暦

あけましておめでとうございます。
今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて,今年,2017年は素数の年。
素数は,1とその数自身では割り切ることができない数。
数学の世界での素数は,いわば化学でいう原子のような存在といえる。
素数は2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31,・・・・と延々と不規則に現れる。
2017は,306番目の素数である。

素数の年となるのは2011年以来,6年ぶり。
21世紀に入ってからは3回目となる(2003,2011,2017)。

また,今年は平成29年でもある。そして,29も素数となる。
西暦,和暦とも素数となるのも,2011年(平成23年)以来,6年ぶり。
平成に入ってから,西暦,和暦とも素数となるのは4回目である。
(1993(平成5),1999(平成11),2011(平成23),2017(平成29))。
※ 西暦と和暦がともに素数となる年は,日本にとっては大きな出来事が起こりやすい年になっているのが若干気になるが。
1993年 非自民政権発足
1999年 東海村臨界事故
2011年 東日本大震災・福島第一原発事故

素数の年の干支は必ず,ウシ,ウサギ,ヒツジ,トリのいずれかである。
2の倍数か3の倍数となる他の干支では,素数となることはあり得ないからだ。
だから,素数の年生まれなのにネズミ年生まれとか,イヌ年生まれと言っている人は,嘘つきかアホかと考えて間違いない。
(ただし,ウシ,ウサギ,ヒツジ,トリ年生まれだからといって,素数の年の生まれとは限らないことは留意したい。)

そして,実は私もトリ年生まれの年男。そのことに気づき,複雑な気持ちで正月三が日を過ごしている真っ最中の一オジサンなのであった・・・・。

image

2016年はうるう年である。
うるう年といえば,夏季オリンピックの開催年であり,アメリカ合衆国の大統領選挙が行われる年である。
さて,近年のうるう年を,1984年以降順に並べてみると,
1984
1988
1992
1996
2000
2004
2008
2012
2016
2020
2024
2028
2032
2036

・・・西暦の各桁がすべて異なる数字となるうるう年は,前後約半世紀の内,今年のみである。
前は1984年,次は2036年まで待たないと来ない。今年は近年においては珍しいうるう年なのである。

また,以前にも記したが,今年は三角数の年。1から連続する自然数(整数)を足した数になる年。
これ自体が63年ぶりの珍しい年であるが,”三角数”かつ”うるう年”となると,もっと珍しくなる。
前回は1596年(1+2+・・・+56),実に420年ぶりである。
次回は2080年(1+2+・・・+64),64年後には巡ってくるので,比較的すぐやってくるが・・・,少なくともその時は私は,医学の驚異的な進歩と,幸運がない限り生きていないだろうが。

ちなみに,今年は金曜で始まったうるう年で,このような年は平成時代初めてである。今年で平成時代は,あらゆるカレンダー(すべての曜日で始まる平年,うるう年)を網羅したことになる。


image

1622634_932925140119812_3789361104878403990_n2016年に入って早18日。
さて,2016年は平成28年でもある。
そして,2016は28で割り切れる。
2016÷28=72 余り0
西暦が平成の年数で割り切れるのはどういうケースがあるのか,過去に遡ってみると,
2002÷14=143 余り0
1995÷ 7=285 余り0
1992÷ 4=498 余り0
1990÷ 2=995 余り0
この4年のみである(なお,平成元年(1年)は除く。1で割り切れるのは当たり前であるから。)
28年のうちの4年。7年に1度のこと。そんなに頻繁に起こる事象ではない。
今年の後,いつこのような事象が起きるかは,実は定かではない。
(驚異的な医学の発展と今上天皇の長寿が実現されれば,2059年,平成71年なのではあるが・・・)

なお,これを昭和時代に広げてみると,
1980÷55=36
1960÷35=56
1950÷25=78
1932÷ 7=276
1930÷ 5=386
この5年が該当する。昭和元年も,平成元年と同じく除く。
64年のうちの5年。12〜13年に1度のみ。
(ちなみに,1960年(昭和35年)生まれは今年56歳,1980年(昭和55年)生まれは今年36歳となる。
なんたる偶然!)

更に,大正時代に広げると,
1924÷13=148
1918÷ 7=274
1914÷ 3=638
この3年が該当。大正元年も昭和,平成の元年と同様,除く。
15年のうち,3年。5年に1度のみ。

ちなみに,明治時代にはこのような事象はない。

明治以来の149年のうち,13年。10年に一度以下の頻度。
その意味でも,今年は珍しい年なのである。




今年初めてのブログ投稿。少々遅くなりましたが,あけましておめでとうございます。

さて,今年は2016年。この”2016”は,実は,1から連続する自然数を63まで足した数に等しい。
このように1から連続する自然数を足した数は,三角形を形成することから三角数と呼ばれている。
このような数の年になるのは,1953年以来63年ぶりのこと。

更に,日本にとっては,今年は平成28年でもある。この28も三角数で,
1から連続する自然数を7まで足した数に等しい。

更に更に,今年は昭和では91年,大正では105年となる。
実は91も三角数で,1から連続する自然数を13まで足した数に等しい。
加えて,105もまた三角数で,1から連続する自然数を14まで足した数に等しい。
この大正,昭和,平成の三重で三角数という偶然は奇跡中の奇跡!!

またまた,前回の三角数年であった1953年は昭和28年でもあった。
前回の三角数年は,西暦でも和暦でも三角数年であったのだ!!

さて,今日は1月6日,この1,6とも三角数である。
今日は今年三回目の年,月,日がすべて三角数の日。
1年に月,日が三角数となるのは,
月が1,3,6,10の4回。
日が1,3,6,10,15,21,28の7回。
4×7=28日。

そして,28は三角数。

今年は三角数にこだわって生活していきたいものだ。だから,今年は6日毎にブログを更新していきたい。252203_932937190118607_1371560754544267676_n156571_932925726786420_2009628804332820705_n10366290_932925796786413_1191984962016482429_n10422922_932925873453072_8651290561840689063_n1936315_932925910119735_6852059044358344577_n

今日は2011年11月11日。西暦年を下二桁で表すと11年11月11日。年月日をすべて同じ数で表せる。
このような日付は今世紀は来年の12月12日を残すのみであり、それを過ぎると88年余りやってこない。
100年間、36524日の間でこのような日付は12日しかない。貴重な日付なのだ。・・・・って我ながらどこかで聞いたようなフレーズだ。

今日は、あの震災から35週間(かつ8ヶ月)。私の両足の黒い爪は・・・・ってこれも我ながらどこかで使ったようなフレーズ。

明日からプロ野球日本シリーズも始まる。カードは福岡SBホークスと中日ドラゴンズ。
1999年以来12年ぶり2回目の日本シリーズでの対決カードだ。
1999年といえば・・・東海村の臨界・放射能漏れ事故があった年、今年は福島第一原発事故が発生。

しかも、西暦・和暦とも年が素数という年。
何というめぐり合わせなのだ。

しかし、偶然による巡り合わせはいろいろあれど、一日として同じ日はないし、それぞれが異なる一瞬一瞬。たまたまある側面を切り取ると、共通部分があって、それを発見した人はとかく一般化して表現したがるものなのだ。

そういう今年も残り50日。
日々大切に生きていきたい・・・というフレーズも我ながらよく使うなぁ。

このページのトップヘ