矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:過去

今日で東日本大震災から8年。
この8年が長いか短いかは,その人の年齢や,8年前のあの時,どのような体験をしたかで人によって異なってくる。
現在の年齢が30代半ば以上の人で,あの時大きな揺れに見舞われた人にとっては,ついこの間の出来事のようで,まだその記憶が鮮明に残っているはずだ。ましてや,実際に津波や建物崩壊の被害にあったり,原発事故の影響をもろに受けた人にとっては,これから何年経とうが決して忘れることのできない深い深い傷跡として心の中に残り続ける。
しかし,そうでない場合,特に今日現在で中学生以下のこどもの場合,あまりに当時小さすぎて記憶は不確かであったり,あるいはもっと小さなこどもであれば,そもそもその時まだ生まれてなかったりで,既に単なる歴史の一ページとしてしか感じられなくなっている。
東日本大震災以降も,日本各地で大地震が頻発している。九州では熊本地震,北海道では胆振東部地震が起こり,東日本大震災の記憶が上書きされている人もいる。
ある意味,過去の記憶が薄れていくのは人間の性でやむを得ない。むしろ,そのお陰で忌まわしい,つらく苦しい記憶を失うことで精神の健康が保たれる部分もある。が,将来,同じような苦しく辛い経験を無駄に繰り返さないために,しっかりと伝えるべき記憶は伝えていく努力は必要であろう。どうもその,過去の記憶の継承について,日本は弱い部分があるように感じられる。

日本代表,先日のギリシャ代表との試合で1点も取れずスコアレスドローに終わってしまった。
勝点1は確保したものの,決勝トーナメントへの道のりは非常に厳しくなってしまった。
果たして現時点での確率はどれくらいあるのか。

現時点での日本の属するグループCの現状を整理する。

コロンビア    勝点6 得失点差+4 得点5
コートジボワール 勝点3 得失点差 0 得点3
日本        勝点1 得失点差−1 得点1
ギリシャ      勝点1 得失点差−3 得点0

各チームの力関係は考えず,勝ち,負け,引き分けの確率がすべて3分の1ずつで等しいと考える。
日本が決勝トーナメントに進むためには以下の2つが必要条件だ。
1.日本がコロンビアに勝つこと。
2.ギリシャがコートジボワールに勝つか引き分けること。
この2つの条件だけであれば,1/3×2/3=2/9 ,22.2%である。しかし,これは得失点差も絡んでくるため,
十分条件ではないことが更に苦しいところである。
ギリシャとコートジボワールが引き分けた場合は,日本はコロンビアに2点差以上を付けて勝たないといけない。
仮に1点差の場合は,コートジボワールの今大会の得点数を上回る得点を,日本が得点しなければいけない。
ギリシャがコートジボワールに勝った場合は,まだ幾分条件が和らぐ。ギリシャはコートジボワールに対し,日本がコロンビアに対してつけた点差以上に点差をつけて勝たなければならないからだ。
・・・・しかし,これらの確率がどれくらいか,は,労力をかけて計算する価値はなさそうだ。
そもそも,攻撃が好調なコロンビアに対し,それを上回る形で日本が2点以上の点差をつけて勝つイメージがわきにくい。また,今大会無得点のギリシャが,攻撃力のあるコートジボワールに対して引き分け以上に果たして持ち込めるのかどうか・・・・
既にグループCを1位勝ち抜けを決めているコロンビアが,先を見越して戦力を温存するために,やや格の落ちるメンバーを先発に起用するようであれば,日本のチャンスもやや広がるかもしれない。が,現時点では決勝トーナメント進出の可能性は1〜2%残っているかどうかというのが正直なところであろう。

----------------------------------------------------------------------------------------

視点を変えて,過去本大会で日本代表と対戦したチームを見てみる。
そのチームを見ると,意外な法則があった。
1.日本代表と対戦して勝利したチームは,勢いに乗って結構上位まで進出する。
2.しかし,その次の大会以降の成績は総じて不振。予選敗退も多く,日本代表と対戦した大会が最高成績だったケースが多い。

アルゼンチン(’98年対戦  1−0 日本)
   ’98 八強 以降,八強が最高成績
クロアチア(’98年対戦 1−0 日本,’06年対戦 0−0日本)
   ’98 三位(同国最高) 以降 決勝トーナメント進出なし。ヨーロッパ予選敗退もあり。
ジャマイカ(’98年対戦 2−1 日本)
   ’98 グループリーグ敗退 以降 本大会出場なし
ベルギー(’02年対戦 2−2 日本)
   ’02 十六強 以降 出場なく ’14年久々の本大会出場
ロシア(’02年対戦 0−1 日本)
   ’02 グループリーグ敗退 以降 出場なく ’14年久々の本大会出場
チュニジア(’02年対戦 0−2 日本)
   ’02 グループリーグ敗退 ’06出場(グループリーグ敗退)を最後に本大会出場なし
トルコ(’02年対戦 1−0日本)
   ’02 三位(同国最高) 以降 本大会出場なし
オーストラリア(’06年対戦 3−1日本)
   ’06 十六強(同国最高) 以降 グループリーグ突破なし
ブラジル(’06年対戦 4−1日本)
   ’06 八強 ’10も八強止まり 
カメルーン(’10年対戦 0−1日本)
   ’10 グループリーグ敗退 ’14もグループリーグ敗退
オランダ(’10年対戦 1−0日本)
   ’10 準優勝 (同国最高タイ)
デンマーク(’10年対戦 1−3日本)
   ’10 グループリーグ敗退 ’14はヨーロッパ予選で敗退
パラグアイ(’10年対戦 0−0 PK勝 日本)
   ’10 自国最高の八強入りも ’14は南米予選で敗退

他国にとって,日本との対戦はその大会では幸運をもたらすも,その後は不運を招くことになっているのかもしれない。

果たして,コートジボワール,ギリシャ,コロンビアの今大会の活躍ぶり,そして
ロシア大会以降の成績はどうなっていくのだろうか。




image

10156993_617538324991830_1107833628_n気づけば,ソチ冬季オリンピックが終わって2か月弱。その後,いろいろな話題の影に隠れて,すっかりオリンピックの話は過去の話になってしまった。とはいっても,メダルを獲得した選手たちの記憶は,輝かしい記録としていつまでも残りつづける。
一方で,メダルを獲得できなった選手たちの記憶は,メダリストのそれと比べてあまりに薄くなってしまう。その中でも,三位と四位の差は大きい。
特に冬季オリンピックの日本代表においては,惜しくも四位に終わった選手が多いような気がする。
試しに,21世紀に開催された冬季オリンピックについて調べてみた。結果は以下のとおり。(以下敬称略)

2002年ソルトレイク大会(3) [参考:メダル 金0銀1銅1]
    白幡圭史(スピードスケート男子10,000m)
    本田武史(フィギュアスケート男子シングル)
    田中千景/神野由佳/高田貴子/勅使川原郁恵/山田乃玞子(Sトラック女子3000mリレー)
2006年トリノ大会(5)[参考:メダル 金1銀0銅0]
    及川 佑(スピードスケート男子500m)
岡崎朋美(スピードスケート女子500m)
田畑真紀/石野枝里子/大津広美/根本奈美/妹尾栄里子(スケート女子チームパシュート)
村主 章枝(フィギュアスケート 女子シングル)
皆川 賢太郎(スキー・アルペン男子回転)
2010年バンクーバー大会(1)[参考:メダル 金0銀3銅2]
上村愛子(スキー女子モーグル)
2014年ソチ大会(3)[参考:メダル 金1銀4銅3]
上村愛子(スキー女子モーグル)
高梨沙羅(スキージャンプ女子)
田畑真紀/菊池彩花/押切美沙紀/睫攤敍(スケート女子チームパシュート)

結構な数がいたし,メンバの顔ぶれを見ると,結構豪華である。別のオリンピック大会でメダリストになっているメンバも散見される。
また,内容を見ると,メダル確実と言われていたものの残念な結果になったケース,ぎりぎり届くかどうかと言われていたものの,惜しくも逃したケース,期待は薄かったものの大健闘で四位まで食い込んだケースなど,さまざまである。
これらを分析し,また綿密な取材をして報告文書,あるいはストーリーを丁寧に追ったドキュメンタリーにすれば,そこそこ良質な書籍やテレビ番組にできそうな気もするが。

彼らはメダルの有無という点では敗者に属するのだろうが,そこまでの過程は他者が学ぶべきもの,人生上の参考にすべきものが多々あると思う。むしろ,多くの人々にとって参考となる人生上のヒントや材料は,実力と運に恵まれてメダリストとなった人々よりも彼らの方が多く持っているかもしれない。

世界四位,表彰台の上る栄誉と輝かしい金属の勲章を手に入れられなかった彼らに光を当ててみたいものだ。

※ なぜ,今日という日付でこのようなことを考えたのかは内緒。


このページのトップヘ