矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:野球

今年もすでに今日で十日が経とうとしている。果たして今年はどのような年になるのか。いろいろな分野について考えて予想してみたい。
1.日本政治
今年は統一地方選挙と参議院選挙がある。統一地方選挙だが,与党の苦戦は必至だろう。一方,参議院選挙も,与党は苦戦が続くとは思うが,統一地方選挙程ではないか。ただ,苦戦具合によっては,安倍首相の退陣もあるかもしれない。
野党同士でしっかり連携を組んで選挙を戦えば互角以上の結果は得られるはずなのだが,野党間の調整がうまくいかないと,何ともさえない結果が続いてしまう気がするが・・・
2.日経平均株価
厳しい声が多いが,意外と堅調かもしれない。乱高下はするだろうが,振り返ればレンジ内の取引に終始した形になるだろう。18000円から23000円の間のレンジと予想。
3.為替相場
円高予想が巷では多いが,果たしてどうか。一つだけ言えるのは,ここ2年間よりは変動率は高くなるだろうということ。それが円高方向か円安方向かはわからない。
4.仮想通貨その他
ビットコインの爆下げが昨年話題だったが,今年も低迷は続くと思う。再度の爆上げは来年か再来年まで待つ必要があるか。
5.アジア情勢
予想外に平和の方向に動いた昨年の朝鮮半島情勢だが,ここにきて膠着状態。でも,基本的には平和の方向に動くのではないか。戦争状態になっても誰も得はしない。
6.芸能関係
大物歌手の死去・引退が相次いだ昨年。今年は一転静かな一年になるか。・・・いや,引退はともかく,死去のニュースは高齢の方が増えている以上,昨年以上に増えそうだが。
7.皇室
最大の関心事は元号が何になるか。予測しても時間と労力の無駄なので,静かに発表を待つだけだ。それより,眞子さまの婚約問題はどうなるか・・・このままずるずる時間だけ経過して今年は終わりそうだ。意外に,佳子さまの婚約が発表となったりするかもしれない。
8.気象・地象
 起こってほしくはないが,今年も日本のどこかで水害は発生するのだろう。地震も,今年も昨年に引き続きそれなりの規模の地震が,日本のどこかで起こってしまう気がする。場所はわからないが。願わくは,最大震度は6弱以下で,被害が最小限におさまるものであってほしいものだが・・・
9.ノーベル賞
 昨年は本庶氏の受賞に沸いた。今年はどうか。・・・ない可能性が高いように思えるが。
10.大相撲
 初場所の3横綱のうち,2横綱は今年で引退必至。新横綱か新大関のいずれかは1,2名合計で誕生しそうではあるが。・・・それ以上に,日本相撲協会の存続が更に危なっかしいが。
11.ラグビーワールドカップ
 日本代表がどれだけ勝てるか。ベスト8にギリギリ進めそうか。優勝はニュージーランドかオーストラリアかのいずれかだろう。
12.プロ野球
 パ・リーグは福岡ソフトバンクホークスが,2年ぶりの制覇濃厚。昨年制覇の埼玉西武ライオンズは戦力低下が著しく,連覇は非常に厳しいか。日本ハムと楽天が代わりに健闘すると思うが,優勝はやや厳しいか。
 セ・リーグは予想が難しい。3連覇中の広島カープだが,戦力ダウンで4連覇は黄信号。戦力では巨人が圧倒的だが,果たして。ヤクルト,横浜,阪神がどこまで食い込めるかが鍵。中日は苦しい。
 日本シリーズは,恐らく福岡ソフトバンクホークスが制する。少なくともパ・リーグの代表チームが制する。セ・リーグはどこのチームが出てきても厳しい。シリーズで1勝がせいぜい。2勝できれば御の字。
 昨年ドラフトで騒がれた高校生の新戦力は,いきなり今年1軍での活躍は厳しいか。二度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭出身ルーキーのうち2人はそこそこ活躍するかもしれないが。 
13.高校野球
 昨年は区切りの大会となり大盛り上がりとなった甲子園だが,今年はそこまではいかないだろう。 春のセンバツ,大阪桐蔭がそもそも出場できるかどうか怪しいが,出場となったら3連覇・・・はさすがに今回は厳しいだろう。優勝確率39%といったところか。順調にいけばベスト8ぐらいは行けるだろうが,準決勝以上への勝ち上がりは厳しい。かといって,他チームで群を抜く実力のチームも見当たらず混戦状態。
 101回目となる夏の選手権だが,なおさら読めない。
ただ,気候にもよるが,今年は全般的に寒冷地のチームが相対的に強そうな印象がある。東北,北信越から,県勢初優勝のチームが出てくる可能性がそれなりに高いように思う。
14.その他
 ・・・そもそも,このブログがいつまで続くか。それはもう,神のみぞ知る。

一昨日から今年のプロ野球日本シリーズが始まるも、いきなり延長12回の引き分けスタート。一体いつ終わるのかと思うような試合展開。幸い、12回打ち切りの制度があったから良かったものの、海の向こう、米国のメジャーリーグ、ワールドシリーズだったら、決着が着くまで延々と行われるところだった。

野球というのは、アウトカウントが進まないと試合が終わりに近づかない。実際の時間からは自由な競技である。他にも、バレーボールやテニスなども同じ部類に入る。一方で、サッカーやラグビー、バスケットボールなどは、限られた時間の中で決着をつける競技だ。
物理的な時間から自由な競技は、たとえどんなに大差がついていても、理論的には逆転が可能である。野球で九回二死ランナーなしでたとえ5,6点差をつけられていても、突如投手が崩れて同点・逆転というのは、確率としては低いながらもありうる。これがサッカーだったら、残り5分で3点4点差があったら、現実的に形勢逆転はまず不可能だ。

野球が盛んで多くの人に好まれている日本。この競技の特性が、日本人の国民性に影響を与えているようにも思う。どんなに形勢不利でも、時間をかけて粘り強く頑張れば何とかなるという姿勢が、戦後の奇跡的な経済復興に大きく寄与したことは評価すべきことかもしれない。が、一方で、時間管理のずさんさをも招き、そのことが他国に比べ低い労働生産性を生み出している原因ともいえるかもしれない。

特に、日本人は、物事の始まりの時間は守る反面、終わりの時間を守らない傾向が強い。仕事にしても、会議にしても、何にしてもそうだ。ついつい時間そっちのけで、夢中になったり、議論が白熱したりすることはあろう。時にはそれも必要なこともあるが、だからといって、時間管理を疎かにしては、自分も周囲も疲弊し、他に別の約束がある他者に対して迷惑をかけることにもなる。

時間ばかりに縛られるのは人生窮屈だ。だからこそ、時間管理をしっかり行い、お互いの人生の貴重な時間を大切にしあいたいものである。


今年もすでに今日で十日が経とうとしている。果たして今年はどのような年になるのか。いろいろな分野について考えて予想してみたい。
1.解散総選挙
 衆議院選挙は,昨年終わったばかりなので,さすがに今年はないだろう。
2.自民党総裁選
 安倍首相の再選確率は38%。これだけいろいろ不祥事が頻発して,また国民の間にも現政権に対する飽きが来ている状態で,再選はないだろう。といっても,他の候補にめぼしい人もいないが・・・。かといって,野党がバラバラの現状では・・・
3.野党再編
旧民進党は,些細な相違点は置いておいて,早く一致・団結・連帯してほしいものだ。自民党が国民の方を見ず,好き勝手な政治をすることのないよう,力をもってほしい。本当の敵が誰なのかを見失わないでほしい。これはほとんど願望だが。
4.日経平均株価
 ここのところ6年連続で年終値は上がっているが,果たして今年はどうだろうか。年内,少なくとも前半は上がるだろうが,後半に入ると失速し,結局今年とほとんど変わらない値段に落ち着くことになるか。
5.為替相場
 世界における日本円の役割が変わる年になるか。安全資産としての円から,リスク資産としての円に変わるかもしれない。そうなると,有事の時は円が売られてしまう。じりじりと円安が進むのではないかと予想する。
6.仮想通貨
 ビットコインの爆騰が昨年話題になったが,さすがに今年も連続して爆騰することはないだろう。むしろ昨年末がピークで,一気に価格が爆下げとなる公算大。
7.米国中間選挙
 共和党は負ける。トランプが今年中に何らかの事情で大統領を辞任する可能性もある。
8.アジア情勢
 いろいろきな臭い北朝鮮情勢ではあるが,危機感が高いまま,結局硬直してこのままだらだらといくような気がする。核実験は(してほしくはないが)あと1回はするかもしれないが。
9.芸能関係
 相変わらず不倫騒動は報道をにぎわすかもしれないが,一昨年・昨年よりはその報道は減るだろう。視聴者も飽き飽きしている。それ以上に,テレビ報道や番組への過剰な批判などが相次ぎ,ますます番組制作現場の萎縮が続き,無難な内容ばかりの番組となり,ますますテレビ離れが進む。

10.皇室
 平成三十年が滞りなく迎えられたのはとりあえずは安心。次の元号も今年中に発表されるらしいが,それがいつになるのか。また,元号は何になるのかは予測不能。確実なのは,仝宜罎牢岨二文字元号の最初の発音がカ行,サ行,タ行,ハ行はないF麒源の総画数は三十画以内。の3点のみ。平成三十一年の元旦も,現時点で見る限り九割以上の確率で迎えられそうだ。
11.気象・地象
 起こってほしくはないが,今年も日本のどこかで水害は発生するのだろう。地震も,幸い昨年は大きなのはなかったが,だからこそ今年はそれなりの規模の地震が,日本のどこかで起こる気がする。願わくは,最大震度は6弱以下で,被害が最小限におさまるものであってほしいものだが・・・
12.ノーベル賞
 日本人の受賞は今年は昨年に続いてないと思われる。ここ数年が偶然にもあまりに多すぎた。
13.大相撲
 初場所の3横綱は,いずれも年内に引退してしまうのでは。といっても,次の横綱が誰かは不明だが。少なくとも,2横綱は引退必至だろう。それが誰かは,あえて述べない。
 ・・・それ以上に,日本相撲協会の存続も危なっかしいが。
14.平昌冬季五輪
 開催も危なっかしいような噂が絶えなかったが,大会そのものは無事行われると思う。日本選手団は,そこそこの活躍をし,それなりの成績を収めるのではと思う。長野大会以外では初の,複数の金メダルを獲得する可能性は51%とみる。どの種目で誰か,ということは今は述べない。
15.サッカーワールドカップロシア大会
 平昌冬季オリンピックよりは,開催の危機度合は低い。そこそこ盛り上がるだろうが,・・・日本代表については,過去のジンクス通りであれば,想定外に良い成績を収めそうなのだが,直近のチーム状況などを見ると見通しはかなり暗そう。1勝すれば御の字で,三連敗が濃厚な感じがする。結晶トーナメント進出確率は,ジンクス・願望込みで高めに言っても,38%か。
 優勝候補はドイツ,ブラジル,フランス,スペインあたりか。個人的には,どこの国でも良いので初優勝を見たいものだが。それが日本だったらなおのこと嬉しいものだが,その確率は天文学的に低そうだ。
16.プロ野球
 パ・リーグは福岡ソフトバンクホークスが相変わらず強い。パ・リーグ2連覇,日本一2連覇の可能性は高い。対抗は埼玉西武ライオンズか。ただ,昨年よりは混戦度合は強まると思う。
 セ・リーグは昨年のAクラス,Bクラスはそのままで,上位同士,下位同士の中での順位変動にとどまるような気がする。広島の3連覇は可能とは思うが,確実・濃厚とまでは言えない。むしろ横浜,阪神の方に勢いを感じる。
 早稲田実から直接プロ入りした清宮選手だが,プロの壁にぶつかり,今年は期待されるほどの成績は残せないと思う。とはいっても,ホームランは1本は1軍で打つのでは。年間で1〜4本と予想。
17.高校野球
 今年で春のセンバツ90回,夏の選手権は100回大会を迎える。大阪桐蔭のセンバツ連覇・春夏連覇が期待されているが,春のセンバツ連覇は可能性は十分あると思う。確率62〜86%といったところか。ただし,夏は,そもそも大阪大会を勝ち抜けるかどうかが不透明。勝ち抜けば,夏の大会の優勝確率は82%前後か。春夏連覇の確率は単純計算で,現時点では三割強といったところだが,もしも春優勝すれば,春夏連覇の確率は74%ぐらいに上がると思う。
18.このブログ
 今年も何とか平均して5日に1回の頻度で更新したいと考えてはいるが,途中で挫折するかもしれない。今年末まで継続して更新していける確率は46%といったところか。

プロ野球選手の野球賭博のみならず,バドミントンの有望選手ま闇カジノに手を出していて,日本代表の座をふいにしてしまった。
一連の賭博事件が,スポーツの世界に暗い影を落としている。

スポーツの世界は,勝利と敗退で天と地ほどの違いがある厳しい世界。
そのような世界では,まさに仕事そのものが賭けのようなものである。
賭博に現を抜かす心身の余裕はないと思うのだが。
それとも,そのような厳しい世界に身を置きつづけると,逆に感覚がマヒしてしまうのだろうか。

あるいは,金が絡まない勝負事だと,刺激がなく退屈なのだろうか。
自分の本来のグラウンドでの勝ち負けには,心が入らなくなってしまうのだろうか。

自分が得意とするスポーツを始めたばかりのこどものころを,彼らには思い出してほしいものだ。
自分の参加したスポーツで勝利を収めたときの嬉しさ,負けたときのくやしさ。
そのときの心の純粋な動きを忘れないでいれば,自分の心身を滅ぼすような違法賭博に染まることは
ないはずだと思うが。

もっと,純粋に自分のスポーツを愛し,楽しみ,人々を導き,社会に才能を還元して欲しいと彼らには願うものである。

一昨日から,第三回ワールドベースボールクラシック(WBC)が始まった。
過去二大会は。戦前の予想に反し日本が連覇したが,果たして今回はどうなるか。

昨日までは何とか二連勝のスタートだが、ずばり,優勝は厳しいと思う。
まず,監督が決定したのが,他の有力国に比べてかなり遅れたこと。
また,メジャーリーガーが今回は一人も参加しないこと。
更に,ここ数日漏れ聞く情報では,選手のコンディションが心身とも今一つであること。
日本国民としては,優勝は厳しくとも,せめて四強の一角には入って欲しいと思うが,
どうだろうか。

また,WBCの今後を考えると,同一国ばかりが優勝しすぎるのもどうかと思う。
ごく限られた国しか勝てないとなると,その競技自体への世界的関心が薄まり,WBCの大会自体の権威が疑われてしまう。最悪,WBCの大会そのものが消滅してしまい,日本の大会二連覇の偉業も歴史の水雲としてうずもれてしまう悲しい事態となってしまう可能性もある。まるで,オリンピック競技から除外危機にあるレスリングのように。

とはいっても,選手には優勝目指して全力を尽くして欲しいし,その結果が優勝であればやはりうれしい。ただ,仮に優勝がかなわなくても,監督・選手はともかく,一般のファンは落ち込むことはまったくないと思う。さすがに最初のラウンドで敗退してしまうとがっかりだが,上位四チームの中に入れば御の字,十分喜んでいいことだと思う。

今度の優勝は、中南米の国だと思う。ドミニカ共和国か、ベネズエラか、キューバあたりだろう。

ブログネタ
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック) に参加中!
引越し後の生活も落ち着いてきたし,久々に世の中のことを書こう。しかも軽めの話題で・・・

ということで,第二回ワールドベースボールクラシック(WBC)。WBCと書くと,ボクシングの協会の名前と混同してしまう。何でもアルファベット数文字で表されると,日本人にとってはぱっと見何が何だか分からない。メディアはただ米国での通称略称を横流しで伝えるのではなく,日本人が意味を咀嚼できるように適切な日本語を考え作って伝えてほしいものだ。世界野球本大会,などという表現でいいと思うのだが。

数日後に米国サンディエゴで第二ラウンドが始まる。日本,韓国,キューバ,メキシコで準決勝進出の二チームの枠を争うのだが,果たしてどうなるだろうか。
私見では,どうしても日本が準決勝に進めるようなイメージが湧かない。メキシコはともかく,韓国,キューバの二チームに対し2勝以上あげる(あるいは2敗しない)ことは,非常に困難な感じが否めない。メディアでは準決勝進出がノルマみたいな言い方をしているが,それは希望的・楽観的すぎると思う。世界最強の潜在力のキューバと,北京五輪優勝の韓国を相手に勝ち抜くには,投手・守備はともかく,攻撃の非力さが気になる。優勝した前回でさえ第二ラウンドで2敗している。(前回はルールに救われぎりぎりで奇跡的に準決勝に進出できたことは忘れてはいけない。)もっとも,必ずしもチーム力の強弱がそのまま勝敗につながらないのも野球であり,勝てないと言い切ることもできないが,日本が第二ラウンドを勝ち抜く確率は50%未満と私は思う。

それにしても,野球というのは変わったスポーツだと思う。サッカーやラグビーなどは,決められた時間内に相手の陣地に攻め込んで得点を競い合うスポーツであり,試合中の時間は実生活と等しく経過していく。野球は陣地へ攻め込むのではなく,攻守の機会が平等に与えられ,しかも試合の中ではアウトカウント・イニングによる独自の時間が進行していく。残り時間が3分であれば,たとえばサッカーで三点差つけられていたら逆転はほぼ絶望的であるが,野球では三点差つけられたとしても九回二死からでも,物理的には逆転は十分可能性がある。投手が突然乱調になったり,急に打線がつながり出して四点入ることはありえない話ではない。だから面白いといえば面白いのだが,実時間とは違うペースで試合が進行するため,終了時間が読めないのは仕事などのスケジュールが立て込んでいる野球ファンにはつらいところである。

もう一つ感じていることだが,野球はもともとは都市対抗,おらが町代表同士の競い合いが似合うスポーツであり,国対国の争いには不向きなのではないかとも思う。それは敵地に攻め込むという類のスポーツではないというのがそう感じる原因かもしれない。考えてみれば,米国のメジャーリーグは都市対抗であるし,日本の野球も,プロ野球,高校野球にしてもおらが町,県,地方のチームとして応援されている。国対国の争いに合わないという点では,ある意味平和なスポーツといういい方もできる。実際,私は野球によって国同士が競うのは本来の野球の姿ではないと思っている。別に世界一を決める道具に野球をしなくてもいいし,国内のチーム同士,あるいはクラブチーム同士が国境を越えて競え合えばそれで十分なのではと思うのだが。

このページのトップヘ