矢口十思夫の平成後期徒然よろずほぼ半旬記

身の周りの出来事から日本・世界のニュースまで、感じたこと、考えたことを自分の思ったまま率直に記すエッセイ/コラム。 2018年の更新頻度は不規則も,平均では5日に一度の頻度を維持予定。

タグ:11年

今日で,米国同時多発テロ発生からちょうど11年。
そして,東日本大震災発生からちょうど1年半。

あの瞬間は,世界が,日本がどうなるのかと思った。
しかし,今,いろいろ不安等は覚えつつも,とりあえずは平和な日々を過ごしている。

蛇口をひねればきれいな水が出て,スイッチを入れれば電気がつく。
命の危険を覚えながら乗り物に乗ることもない。
いろいろな人が,様々な思いを胸に抱きつつも,与えられし務めを粛々と果たし,
そのお陰で平穏な日々を過ごしている。
この何気ない日々こそ,本当はとても価値があることなのだ。
その価値に気付かず,些細なことで不平不満を必要以上に感じたりして,
いらないストレスをためたりしている。

今日で,米国同時多発テロ発生からちょうど11年。
そして,東日本大震災発生からちょうど1年半。

改めて覚えたい。平和な日々のかけがえのない価値を。


昨日までのクリスマスモードの街の装いが,今日になると年末年始モードに一新。
一日違いでこうも変わるものだろうか。
同じ土地にいながら欧米から日本へ瞬間移動したような錯覚さえ覚える。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今週が終わればいよいよ今年も終わり。新年が明ける。
今年は世界も日本も本当に色々なことがあった。
今年の初め,「今年は全世界的・全国的大イベントというのが数少ない」などと言っていたが,とんでもない戯言であった。予定されていたイベントは確かに少なかったが,想定していない出来事が頻発した。
その一つ一つについては既に当ブログでその都度述べてきたので,ここでは敢えて述べない。
今年が終わったとしても,今年の出来事は来年以降へ大きく影響する物事ばかりである。
今年の重大ニュースのうち,今年の出来事として片づけられるものがほとんどない。
(地震・津波・原発事故・他天災・中東情勢・経済危機・朝鮮半島情勢・国政・・・・)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

11,23,この数字の含まれる年(和暦あるいは西暦)は,
地震と原発関連に関する何かが起きる年なのであろうか。

1923年   関東大震災
昭和23年  福井地震
平成11年  東海村JCO臨界事故

そして今年,2011年 平成23年 東日本大震災 福島第一原発事故

サンプルがあまりに少なく,これを持って一般化して厄年扱いするのはおかしいし,
単なる偶然であるとは思うが。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

年末年始休暇まで残り数日。今年はよくぞここまで,五日に一回のペースを守って
ブログの記事を書き続けてこられた。自分で自分を褒めたい。

それにしても,三連休中に階段で転倒して強打した右膝下が痛い・・・(T T)



 

このページのトップヘ